イベント・催しへ

観光

富士山御神火まつり

2022年08月08日掲載

毎年8月の第一土曜日に開催される富士宮の炎の祭典、富士山御神火まつりについて掲載しています。


市制施行80周年記念『第43回 富士山御神火まつり』は、8月6日(土)に開催いたします。

最新情報

市制施行80周年記念『第43回 富士山御神火まつり』は、8月6日(土)に開催されました。
ご来場ありがとうございました。






当日は交通規制が行われます。隣接する道路は混雑が予想されますので、迂回をお願いいたします。
ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解ご協力お願いいたします。
詳細は、交通規制情報をご確認ください。

例年では、富士山の山頂、富士山本宮浅間大社奥宮(おくみや)で採火された御神火を灯した8基の神輿が世界平和を願い、市街地を練り歩きます。
クライマックスでは神輿が神田川に入り水流を遡り、神田川沿いに設置された桟敷席(有料)では、神輿と一体となり迫力のある川昇りを楽しめます。
神輿以外にも、世界平和を願うパレード、御神火音頭をはじめとした民踊で大いに盛り上がります。
 今年のおまつりについては以下、開催情報をご覧ください。

開催情報

※『第43回 富士山御神火まつり』は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大予防につき、規模を縮小して開催いたします。例年8基の神輿を2基とし、ルートも縮小して神輿渡御(みこしとぎょ)を行います。世界平和を祈念したパレードやステージアトラクションなども実施いたします。今回は御神火神輿による神田川昇りは行わず、桟敷席も設置いたしません。

日時 令和4年8月6日(土)
場所 富士山本宮浅間大社及び市街地目抜き通り
問合せ先 観光課
電話番号:0544-22-1155

今年のプログラム

開始時間 イベント内容 場所
17時50分 式典開始 メインステージ
18時20分 パレード・御神火神輿練行出発 市街地目抜き通り
18時40分 踊り、ステージショー メインステージ前
19時55分 納火式 ステージ前

※注意※
祭典エリア内でのドローンをはじめとしたリモコン操作による無人飛行機の持ち込みや操縦、飛行、撮影は、航空法により禁止されています。ご注意ください。

まつりについて

昭和54年、富士宮青年会議所が、まちおこしの1つとして、富士山と湧水をテーマに、全国無二の祭りを創造し、富士山御神火まつりと名付けました。
当時は、富士山の恵みに感謝するとともに、富士山の偉大な力を鎮めるため、富士山頂から御神火をいただき、湧玉池の水で御神火を鎮火することや、世界平和の祈りを込めた市街地パレード、踊りが取り入れられました。
その踊りは富士山御神火音頭と名付けられ、富士宮市出身の里見浩太朗氏が歌っています。
昭和59年からは神輿に御神火を点火し、市内の商店街を練り廻し最後に神田川の水流を遡る、いわゆる神田川昇りを行うという現在の姿が完成しました。

神輿

現在は8基の神輿によって行われます。
この神輿の重さは、800キロから1トンほどあり、1基当たり60人から100人の担ぎ手が必要です。

御神火の由来

 御神火とは伊豆大島にある三原山火口から噴き出す炎のことを指し、富士山も三原山同様、太古より幾度となく噴火を繰り返してきました。
伊豆大島に住む人々が三原山に畏敬の念を抱くのと同じように、富士宮市にそびえ立つ富士山にいかる神様の姿を重ね「神が宿る山」として恐れていた時代がありました。
「どうにか噴火がおさまって欲しい」と願い、浅間大神をまつった神社を設け、その神社の奥宮が鎮座する富士山頂で採火された炎を「御神火」と呼び、この祭りを「富士山御神火まつり」と名づけました。

アクセス

JR富士宮駅から徒歩約10分。
お車でお越しの方は、まつり臨時駐車場や周辺有料駐車場をご利用ください。

表示 : モバイル | パソコン