市政の運営へ

富士宮市について

第6次富士宮市総合計画の策定

2024年07月02日掲載

第6次富士宮市総合計画の策定状況について掲載しています。


総合計画は、市のまちづくりの最も基本となる計画で、この計画に沿ってあらゆる施策が進められています。
本市では、第5次富士宮市総合計画(平成28年度~令和7年度)において、「富士山の恵みを活かした 元気に輝く国際文化都市」を将来都市像に掲げ、まちづくりを進めています。
こうした中、第5次富士宮市総合計画前期基本計画の計画期間が、令和7年度末に終了することから、令和5年度から3か年かけ、第6次富士宮市総合計画(令和8年度~令和17年度)の策定を進めていきます。
策定状況については、随時、お知らせしていきます。

第6次富士宮市総合計画

高校生会議の開催(令和6年6月22日終了)

市内各高校等から、24人の生徒が集まり、将来の富士宮市での暮らし方、富士宮市との関わり方についてグループワークを行いました。

中学生会議の開催(令和6年6月1日終了)

若者の意見を計画作りの参考とするため、市内各中学校から28人の生徒が集まり、将来の富士宮市や暮らし方についてグループワークを行いました。

市民アンケート

調査概要

目的:市民のまちづくりに対する意向や希望について把握する。
調査対象:市内在住の15歳以上の方のうち、無作為で抽出された3,000人
実施時期:令和6年2月1日から2月23日まで
回収数:1,745件(うちオンライン回答507件)
回収率:58.2%

公募型プロポーザルの審査結果(第6次富士宮市総合計画策定支援業務)

優先交渉権者・・・三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社名古屋(愛知県名古屋市中区錦3-21-24)

第6次富士宮市総合計画策定支援業務に係る公募型プロポーザルを実施します(受付終了しました)

令和8年度から令和17年度までの10年間を計画期間とする「第6次富士宮市総合計画」を策定するため、その業務を支援する事業者をプロポーザル方式により募集します。
参加される場合は、実施要領や仕様書等の内容をご確認の上、応募してください。

業務名:第6次富士宮市総合計画策定支援業務
業務内容:仕様書のとおり(下記参照)
業務期間:委託業務契約締結日から令和8年3月31日(火)まで
事業費上限額:34,000,000円(税込)
    内訳:令和5年度・11,000,000円
       令和6年度・12,000,000円
       令和7年度・11,000,000円
参加申込書受付期間:令和5年9月1日(金)から9月11日(月)まで
参加資格結果通知:令和5年9月15日(金)
企画提案書提出期限:令和5年9月26日(火)
審査会(プレゼンテーション):令和5年10月2日(月)、3日(火)(予備日)
審査結果通知:令和5年10月6日(金)
契約:令和5年10月中旬予定

関係書類

第6次富士宮市総合計画策定支援業務に関する質問及び回答

プロポーザル参加予定事業者から寄せられた質問及び回答を掲載します。

第6次富士宮市総合計画策定方針

第6次富士宮市総合計画の策定に当たり、市として策定の方針を定めました。

表示 : モバイル | パソコン