入札・契約へ

事業者の皆さんへ

随意契約の公表

2022年05月09日掲載

富士宮市において契約締結することが見込まれる業務について紹介しています。


地方自治法施行令第167条の2第1項第3号及び第4号の規定による随意契約をするにあたり、 富士宮市契約規則第25条第2 項に基づき、富士宮市において契約締結することが見込まれる業務について、 業務の名称、目的(概要)、業務期間、契約者及び契約金額・契約年月などの随意契約に関する事項を公表しています。
※ここに公表する内容は、公表する時点における予定であるため、実際に発注する業務が公表内容と異なる場合、またはここに公表されていない業務が発注される場合があります。

令和4年度

公表する随意契約の種類

公表する随意契約の種類は、次のとおりです。

  1. 障がい者や高齢者等の福祉の増進のため、福祉関係施設等で制作された物品を買い入れる契約
  2. シルバー人材センターや福祉団体等から役務の提供を受ける契約
  3. 総務省令で定めるところにより普通地方公共団体の長の認定を受けた者が、新商品として 生産する物品を買い入れる契約
  4. 障がい者支援施設などからの役務の提供を受ける契約

表示 : モバイル | パソコン