都市整備へ

市民の皆さんへ

都市再生整備計画事業

2017年01月10日掲載

市で進めている、都市再生整備計画事業について掲載しています。

都市再生整備計画事業

都市再生整備計画事業は、地域の歴史・文化自然環境等の特性を活かした個性あふれるまちづくりを実現し、都市の再生を効率的に推進することにより住民の生活の質の向上と地域経済・社会の活性化を図ることを目的として平成16年度に「まちづくり交付金事業」として創設され、平成22年に現在の都市再生整備計画事業に名称が変更されました。

富士宮市では、富士宮駅周辺地区及び大富士中学校区周辺地区において都市再生整備計画事業を活用し、まちづくりを実施しました。

富士宮駅周辺地区(第1期)

目的

「市民と観光客が楽しみ、ふれあうことができる中心市街地の再生」

期間

平成16年度~平成20年度

計画書

富士宮駅週辺地区(第2期)

目的

「中心市街地に安全安心で回遊性のある歩行者空間を確保する」

期間

平成21年度~平成25年度

計画書

富士宮駅周辺地区(第3期)

目的

「世界遺産富士山の門前町の歴史と文化を活かした歩いて楽しいまちづくり」

期間

平成26年度~平成28年度

計画書

大富士中学校区周辺地区

目的

「活気にあふれ、災害に強い安心・安全に暮らせるまちづくり」

期間

平成26年度~平成30年度

計画書

都市再生整備計画事業事後評価

完了した都市再生整備計画事業の事後評価を公表しています。

表示 : モバイル | パソコン