妊娠・子育て・出会い交流へ

市民の皆さんへ

人工授精治療費に対する助成金

2022年04月12日掲載

不育症治療による治療費に対する助成金についてご案内します。


不妊治療のうち、自費(保険対象外)で支払った人工授精治療費の10分の7の額を、2年間で63,000円を限度に(人工授精治療費9万円分まで)助成します。
条件に該当しない方は、通常の2分の1が助成されます。

※令和4年1月~3月までの治療に対してのみ上乗せとなります。

助成対象者

下記条件を全て満たすこと

  1. 助成にかかる治療期間の初日における妻の年齢が40歳未満。
  2. 夫及び妻の前年(R3年)の所得の合計額が730万円未満。(5月までに申請する場合はR2年の所得)

※その他、市不妊・不育症治療費助成制度の対象者に準ずる。

対象治療費

令和4年1月から3月までの以下1~7に該当する治療費で、自費(保険対象外)で支払ったもの。
※ただし、1月以降の転出または転入の場合、富士宮に住民登録がある期間の治療費

  1. 事前検査として実施する精子の細菌学検査費用及びHIVなどの感染症検査費用
  2. 採精(事前採取も含む。)費用
  3. 精子の事前採取から人工授精当日までの凍結保存料(通常、人工授精施行当日に採取するが、夫の都合により人工授精当日に来院できない場合に限る。)
  4. 精子の濃縮、精子の洗浄等に要する費用
  5. 排卵誘発のためのHCG注射
  6. 精子を子宮内に注射するために要する費用
  7. 人工授精後、感染予防のため、服用する抗生剤等

対象外の人工授精治療費

2分の1が助成されます

助成額

助成期間

助成を開始した診療日の属する月から継続する2年間

申請時期

令和5年1月31日が、申請期限です。
申請書類は、遅くても11月までに健康増進課の窓口まで取りに来てください。

間違い電話が多発しています。

間違い電話は相手の方に多大なご迷惑がかかってしまいます。
電話をかける際には電話番号をよくお確かめください。
万一かけ間違いをしてしまった時は、相手の方に十分なご配慮をお願いします。

表示 : モバイル | パソコン