教育・文化・スポーツへ

市民の皆さんへ

第11番 来迎寺

2011年10月04日掲載


御詠歌
「山人の 斧の響きと 迎え来る 雲路に澄める 糸竹の声」

所在地 富士宮市村山438
浄土宗・平等寺末

 
来迎寺は、大正年間に建物がなくなったと伝えられているが、宗教法人格と土地は残され、本寺である平等寺が所管している。檀家や墓も平等寺に引継がれ、寺の再興を期している。寺の跡は今も参道と基壇がはっきりと分かり、隣接して僧侶の墓と思われる無縫塔が並んでいる。
来迎寺の本尊、聖観音像は平等寺に祀られている。

来迎寺跡来迎寺跡

来迎寺聖観音(平等寺)来迎寺聖観音(平等寺)

表示 : モバイル | パソコン