都市整備へ

市民の皆さんへ

地籍調査事業

2020年02月06日掲載

地籍調査事業について説明します。

地籍調査に関すること

地籍調査とは

国土調査のうちの一つで、土地一筆ごとの所有者、地番、地目、境界を確認するとともに、境界の測量、面積の測定を行い、地図(地籍図)と簿冊(地籍簿)を作成して土地を明確化するための調査です。

地籍調査はこんなことに役立ちます

地籍調査の結果、土地の境界が明確になることで

  1. 公共事業の円滑化
  2. 災害復旧の円滑化
  3. 土地取引の円滑化
  4. まちづくりの基礎資料
  5. 土地にかかるトラブルの未然防止
  6. 課税の適正化

など、土地に関することに役立ちます。

土地の境界標識を大切に

地籍調査で設置した標識(杭や金属鋲)は、土地の境界を示す大切なものです。理由なく抜いたり移動しないようにご協力ください。

地籍調査成果閲覧

調査済地区の成果(筆界点、図根点座標値等)を閲覧できます。

S38~S55 ※交付不可

旧富士宮市 旧芝川町 筆界点座標値の内容
麓・根原・杉田・人穴・上井出・猪之頭の一部 該当なし 図上座標法(原図ごとの任意座標)

S56~S61

旧富士宮市 旧芝川町 筆界点座標値の内容
猪之頭・外神・宮原・淀師・淀平町・上井出の一部 該当なし 図上座標法(日本測地系)

S62~H13

旧富士宮市 旧芝川町 筆界点座標値の内容
万野原新田・宮原・粟倉・村山・山宮の一部 長貫・大久保・西山・上稲子・羽鮒の一部 現地座標法(日本測地系)

H14~

旧富士宮市 旧芝川町 筆界点座標値の内容
山宮・大岩・小泉の一部 羽鮒・西山の一部 現地座標法(世界測地系)

上記の地籍調査事業の調査済み地区

S38~S55の地籍調査の資料は交付できません。S56~の地籍調査成果の閲覧及び交付請求(有料)ができます。地籍調査成果閲覧及び交付等の申請手続きは、富士宮市5階管理課 国土調査係へ申請書を提出してください。

表示 : モバイル | パソコン