ごみ・環境へ

市民の皆さんへ

家電リサイクル法対象品目の処分方法

2021年04月01日掲載

家電リサイクル法対象の家電4品目の処分方法をご案内します。

概要

家電リサイクル法により、資源の有効利用のため、テレビ(ブラウン管・プラズマ・液晶)、エアコン、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機は、指定引取場所へ引き渡し、リサイクル施設で処理をします。
そのため、これらの4品目はごみ集積所で収集しません。清掃センターへの持ち込みもできません。

対象品目

リサイクル方法(有料)

これから買い替えする場合

新しい商品を購入する店舗に引取義務があります。購入時に、店舗に処理を依頼してください。
処理費用=リサイクル料金+収集運搬料金(業者によって異なります)

処分のみをする場合 ※商品を購入した販売店が分かっている場合

その商品を販売した店舗に引取義務があります。商品を購入した店舗に依頼してください。
処理費用=リサイクル料金+収集運搬料金(業者によって異なります)

処分のみをする場合 ※商品を購入した店が不明または廃業の場合

[例]
・以前購入した店舗が廃業してしまった
・引越し等により購入した店舗が遠方にある
・どこで購入したか忘れてしまった
・懸賞で当たった、人から譲り受けたもの

下記のいずれかの方法で処分してください。

自分で指定引取場所へ運ぶ(リサイクル料金のみ支払う)

指定引取場所に電話し、家電リサイクル券の購入方法についてお問い合わせください。その後、郵便局で家電リサイクル券を購入し、下記の指定引取場所に運びます。
処理費用=リサイクル料金

収集運搬業者に依頼する

富士宮市の一般廃棄物収集運搬の許可を持った業者に、指定引取場所への持ち込みを依頼してください。
処理費用=リサイクル料金+収集運搬料金(業者によって異なります)

取扱一般廃棄物の欄の「家庭系」と「家電リサイクル品目」の両方に○がついている業者が該当します。

近隣の指定引取場所

株式会社篠原産業(富士市中里2608-43)
電話番号:0545-32-2160
※令和3年度から家電リサイクル券の発行ができなくなりました。事前の電話で確認し、家電リサイクル券を購入してから持ち込んでください。

注意事項

家電リサイクル対象品目は、適正な処理とリサイクルが求められ、法で定められたリサイクル料金を支払って処分しなければなりません。
富士宮市内には、不用品回収業者がいくつか存在していますが、適正な処理ルートでリサイクルされているか確認できていません。家電リサイクル対象品目は不用品回収業者に持ち込まない・引き取りをしてもらわないようにしてください。
環境省でも「いらなくなった家電製品は正しくリユース・リサイクル」を推奨しています。

表示 : モバイル | パソコン