ここからサイトの主なメニューです
ここからページの本文です

友好交流関係都市 台湾 台南市

2021年07月28日掲載


歴史的な街並み(中西区 神農街)

地図

人口188万6千人(2017年現在)。面積2192平方キロメートル。台湾海峡に面する台湾南西部に位置する都市。台北から新幹線で2時間程。地勢は平坦であり、市全域で海抜10m~30mの間、最高でも40mで丘陵地が殆ど無い。熱帯気候に属し、6月~8月は特に雨の多い時期であり、この時期は高温で湿度も高い。
台南市は、台湾で最も早く開けた地区の1つであり、台湾発祥の地とされている。
歴史も古く多くの旧跡が保存されていることから、台湾の京都と呼ばれている。一方で現代的な都市景観も併存しており、歴史と現代文化の入り混じった観光都市である。

提携年月日

2017年(平成29年)6月24日

交流予定事業

観光交流、文化交流事業、スポーツ交流事業、など

提携のいきさつ

台南市との交流は、2004年5月に富士宮ライオンズクラブと台南市の中にある佳里区の佳里ライオンズクラブが国際姉妹会提携をしたことをきっかけに、両市の民間交流が深まりました。その後、2011年3月の地震災害時には佳里ライオンズクラブから義援金をいただき、2016年2月の台湾南部地震時には富士宮ライオンズクラブから義援金を送る等、両会・両市民間ではお互いを思いやり友情を育んできました。
2016年5月には、富士宮市長を団長とする訪問団を派遣し台南市や佳里区の視察・調査を行い、その後、6月には台南国際マンゴー祭りに出席し、12月には両市長による会談が行われました。この12月の訪台時に、かねてより富士宮市から申し入れをしていた友好提携に対し、台南市長(頼清徳市長)から賛同する旨の発言があり、2017年(平成29年)6月に台南市にて友好交流関係都市提携の調印を行いました。

目で見る台南市

八田与一像 八田与一像

赤嵌楼(プロヴィンティア) 赤嵌楼(プロヴィンティア)

左鎮区二寮からの日の出

夜の台南運河

白河区の田園風景

台南市のキングサリ(別名ゴールデン・チェーン)

台南市との交流事業

起き上がりこぼし 富士宮展の開催

 「起き上がりこぼしプロジェクト」とは、2011年3月に発生した東日本大震災からの復興を祈念し、転んでも起き上がる福島の郷土玩具「起き上がりこぼし」をモチーフに、フランス・パリにて故高田賢三さんらが立ち上げたプロジェクトです。富士宮市出身で、現在は市内に在住している渡邊実さんがこのプロジェクトに携わっており、富士宮市での開催が実現しました。同プロジェクトは、公益財団法人日本漫画家協会にもご協力いただいており、この度、第50回日本漫画家協会賞 文部科学大臣賞を受賞しました。
 富士宮市で展示会が開催される前、同展示会が台南市で開催されました。友好都市での開催ということもあり、須藤市長をはじめ、さくやちゃんの作者や富士宮東高校芸術コースの学生の作品を計10点を台南展に出展しました。
 この度の富士宮展では、台南市長や台南市芸術大学の学生の作品等、計20体を含む約400体を展示されました。お互いの市でお互いの作品を展示しあうことで、物品を通した交流となりました。
 また、展示会開催に伴い、台南市とのオンライン交流会を実施しました。交流会及び展示会の詳細は以下のとおりです。

●オンライン交流会
展示会開催に伴い。台南市と富士宮市が友好交流関係都市提携を締結した6月24日にオンラインにて交流会を実施しました。
下記リンクより、交流会の様子をご覧いただけます。
日時:2021年6月24日(木)
場所:富士宮市富士山環境交流プラザ

●展示会
下記リンクより、展示会の様子をご覧いただけます。
日時:2021年6月26日(土)、27日(日)
場所:富士宮市富士山環境交流プラザ

台南市佳里(チャリ)区ライオンズクラブ訪問団受入

富士宮市と台南市が友好提携を結ぶきっかけとなった、佳里(チャリ)区ライオンズクラブの皆様が、富士宮ライオンズクラブとの交流のため富士宮市を訪れました。市内観光や昼食歓迎会を行い、親睦を深めました。

総勢23人をお迎えしました

富士山世界遺産センターw見学

台南市富玉文化風景写真展への訪問団派遣(2018.12.6~9)

台南市で開催された写真展表彰式に参加し、富士宮市長賞の表彰など行いました。両市にとって初めての文化交流事業でした。

受賞者の皆様と

富士宮市長賞受賞者

台南市内の小学校を視察。12月でも汗ばむ温暖な気候でした

富玉文化風景写真展開催(2018.10.7~10)

富士宮市は現在、アメリカのサンタモニカ市・中国の紹興(ショウコウ)市・
韓国の栄州(ヨンジュ)市、そして台湾の台南(タイナン)市と交流しています。
中でも最も最近協定を結んだ(2017年6月24日提携)のが、台湾にある台南市です。
台南市は、人口が約190万人を抱える大都市であるとともに、台湾発祥の地とされており、
「台湾の京都」とも称されています。
そんな風情ある台南市と富士宮市の交流として、今年度写真展を開催しました。
展示会は、富士宮市と台南市の両方で行いました。
富士宮では、市役所1階ロビーと市内にある環境交流プラザにて、10月7日から行い、台南市では、12月7日から23日に開催されました。
詳細は下のチラシをご確認ください。
展示内容は、互いのまちの風景写真を手漉き和紙にインクジェット印刷した作品です。
手漉き和紙の独特の質感と味わいある両市の風景写真を通して、文化理解や両市民交流を行うものです。
今後も機会があればぜひお越しください。

台南市友好交流協定締結訪問団(2017.6.23~25)

調印 須藤富士宮市長と頼台南市長が提携協定書に署名しました(台南市にて)

調印 調印式典記念撮影

記念植樹 マンゴーの木の記念植樹(台南市にある走馬瀬農場内)

マンゴー祭り 台南国際マンゴー祭り開幕式の様子

お問い合わせ

市民部 市民交流課 市民交流係(国際交流担当)

〒418-8601 静岡県富士宮市弓沢町150番地(市役所5階)

電話番号: 0544-22-1486

ファクス: 0544-22-1284

メール : koryu@city.fujinomiya.lg.jp

表示 : モバイル | パソコン

ページの先頭へ戻る