ここからサイトの主なメニューです
ここからページの本文です

公共建築物長寿命化計画 (平成28年3月策定)

2016年05月10日掲載

富士宮市公共建築物長寿命化計画を策定しました。

市で取り組んでいる、公共建築物の長寿命化について掲載しています。

社会的に循環型社会への移行が求められている中、高度成長期に建設された多くの施設が一斉に更新時期を迎えていますが、国および地方自治体の財政状況は厳しく、従来の建替による対応が財政的に困難な状況にあります。
市有建物の建設は昭和50年代に集中しており、これらの施設の多くは予防保全がなされておらず、老朽化が進展し建物や設備配管等の更新等が必要な時期となっています。
現在、公共施設の維持保全は、課ごとに計画し事後保全的手法により実施されていますが、この方法では、各課の施設管理担当者の考え方等により差がでるため適切な維持管理方法とは言えません。
そこで市では富士宮市公共建築物長寿命化計画を策定し、公共建築物の一元管理を行なっていきます。

お問い合わせ

財政部 資産活用課 長寿命化推進係

〒418-8601 静岡県富士宮市弓沢町150番地(市役所5階)

電話番号: 0544-22-1195

ファックス番号: 0544-22-1208

メール:shisan@city.fujinomiya.lg.jp

表示 : モバイル | パソコン

ページの先頭へ戻る