ここからサイトの主なメニューです
ここからページの本文です

市長定例記者会見(平成26年9月)

2014年09月09日掲載

市長定例記者会見(平成26年9月)について掲載しています。

市長定例記者会見

日時:平成26年9月8日(月) 10:00~
場所:市議会第二委員会室

内容

  1. 市議会9月定例会議案について
  2. 「広島市8・20(ハチ テン ニ ゼロ)豪雨災害」に対する市職員の義援金について
  3. さくやちゃん、再登場!?富士宮市キャラクター「さくやちゃん」の新・着ぐるみ完成及び、ゆるキャラグランプリ2014(ニ ゼロ イチ ヨン)へのエントリーとPR用Twitter(ツイッター)開設について
  4. 全日本大学女子選抜駅伝競走 「富士山女子駅伝」 について

市議会9月定例会議案について

去る9月5日、市議会9月定例会の議案を議会に送付いたしました。

今回の議案送付件数は、24件です。
内訳は、報告案件4件、決算認定3件、条例6件、補正予算7件、一般議案4件です。
今回の議案の主なものを説明します。

まず、はじめに議第49号から議第51号までの「富士宮市特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業の運営に関する基準を定める条例制定について」、「富士宮市家庭的保育事業等の設備及び運営に関する基準を定める条例制定について」、及び「富士宮市放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準を定める条例制定について」は、いわゆる「子ども・子育て3法」の制定に伴い、幼児期の学校教育や保育、地域の子育て支援の量の拡充と質の向上を図るために、国が定めた基準に従い、事業者が遵守すべき一般原則などを規定するため、条例を制定しようとするものであります。

次に、今回の補正予算は、今後増大していくことが予想される少子高齢化対策等に係る社会保障関係経費、公共施設の長寿命化対策、防災・減災対策、学校給食センター建替えなどの財政需要に対応するため、財政の健全性維持と財政基盤の強化を図るとともに、インフラの維持補修等喫緊の課題に対応する補正予算として編成しました。

歳入では、法人市民税の増収に伴う追加、普通交付税の決定に伴う追加、前年度決算剰余金の確定に伴う繰越金の追加、寄附金の追加、国・県補助事業の内示・決定に伴う特定財源の補正などにより、財源を措置しました。

歳出では、基金に10億円(財政調整基金7億円・学校給食センター建設基金2億円・職員退職手当基金1億円)を積立てるとともに、土地開発公社の経営健全化による市の将来負担の軽減を図るため、保有土地4億6,432万9千円の買戻しを行い、また、道路河川等の生活基盤整備費や、学校等公共施設設備の整備費、国・県補助事業の内示・決定に伴い措置する経費などを追加しました。

また、当初予算において附帯決議のあった、「子どもにやさしいまちづくり事業の昭和のこどもたちのブロンズ像製作委託料」、「(仮称)歴史館整備事業の基本構想策定委託料」については、本年度予算は、執行しないこととしたため、減額の措置をしました。

なお、庁舎玄関前池改修に係る修繕料については、庁舎施設設備の老朽化等修繕費用として活用するため、「節」としての需用費修繕料の減額は行いません。

「広島市8・20(ハチ テン ニ ゼロ)豪雨災害」に対する市職員の義援金について

まずもって、このたびの広島市における豪雨災害において亡くなられた方々のご冥福を衷心(ちゅうしん)よりお祈り申し上げます。
  
また、被害にあわれた方々には心よりお見舞い申し上げます。地震をはじめとする災害への対応に積極的に取り組んでいるまちの市長として、被災地及び関係の皆様の一日も早い復興を祈念して止みません。

こうした広島市の状況を受け、市では、すべての市職員に対し、先般発生した「広島市8・20(ハチ テン ニ ゼロ)豪雨災害」についての「義援金による支援」を呼び掛けたところ、多くの職員の協力が得られ、874,187円の募金が集まりました。私と副市長も協力させていただきました。集まりました義援金につきましては、9月5日に広島市へ送金させていただきました。

さくやちゃん、再登場!?富士宮市キャラクター「さくやちゃん」の新・着ぐるみ完成及び、ゆるキャラグランプリ2014(ニ ゼロ イチ ヨン)とPR用Twitter(ツイッター)開設について

市では、市内外からの興味関心を集め、市のイメージアップを図り、市内産業の振興や観光客誘致などにつなげるため、市キャラクター「さくやちゃん」を活用したシティプロモーションを行ってきました。

その結果、市内外から、「さくやちゃん」へのイベント出演等の要望が増えたことから、より多くのご要望に対応するため、新しい着ぐるみを作成しました。なおこれまで使用してきた着ぐるみについても、今までと同じように活用していきます。

新たな着ぐるみでは少し細めで、機動性の良い、スマートなさくやちゃんとなりました。早速、ご当地キャラクターの認知度を高め、全国的なPRを行うため「ゆるキャラグランプリ2014(ニ ゼロ イチ ヨン)」に、エントリーしています。

また、ゆるキャラグランプリ2014(ニ ゼロ イチ ヨン)への投票の呼びかけを行うため、期間限定でさくやちゃんのTwitter(ツイッター)を開設します。

質疑応答の要旨

記者
ゆるキャラグランプリへの意気込みについて

市長
ゆるキャラグランプリ日本一を目指したいと思っている。

さくやちゃん
スマートになった私を、全国の方に見ていただきたい。皆さんにチヤホヤされたいです。

市長
さくやちゃんを活用したいという方はぜひ連絡をしてください。

全日本大学女子選抜駅伝競走 「富士山女子駅伝」 について

昨年、富士山の麓にコースを移して4年ぶりに開催された富士山女子駅伝では、8万人を超える市民の皆さんに応援に駆けつけていただきました。また、2800人の地元ボランティアの皆さんの力により、感動ある素晴らしい大会にすることができました。

すでにご存じの方もおられると思いますが、今年もここ富士宮市で富士山女子駅伝が開催されることとなりました。開催日については平成26年12月23日に決定いたしましたのでご報告いたします。

ぜひ、昨年に引き続き、今大会も皆さんの温かい応援とご協力をお願いいたします。

なお、今後は交通規制に伴う迂回路対策や市民に向けての周知を行うと共に、企業や関係する団体等にも協力を要請し、万全な体制を整えてまいりますので、よろしくお願いいたします。

発表以外の質疑応答の要旨

記者
富士登山シーズンはまだ終了していないが、山に登る人が少なく、入山料も減少しているが、今年の富士山を振り返って、市長は何か思うことはあるか。

市長
今年は天候が悪い日が多かったため、登山者が少なく、そのため、入山料も減少していると思う。
来年は良くなってくれるのではないかと期待を持っている。なお入山料については引き続き継続してほしいと考えている。

記者
閉山後のスキー、スノボーなどの問題について市としてどう対応していこうと考えているか。

市長
新五合目より上は閉山をするわけであるので、閉山後の登山は登ってもらいたくない。危険である。
ただし、秋は新五合目までのスカイラインは通行できるので、紅葉など富士山の魅力を味わっていただきたい。
スノボー、スキーなどについては、富士山は非常に危険な山であることを認識してもらい、やってほしくないと思っている。富士山は神聖な山である、こうした危険行為などを繰り返すことは、神聖な富士を冒涜していると感じる。

お問い合わせ

企画部 情報発信課 広聴広報係

〒418-8601 静岡県富士宮市弓沢町150番地(市役所3階)

電話番号: 0544-22-1119

ファックス番号: 0544-22-1206

メール:koho@city.fujinomiya.lg.jp

表示 : モバイル | パソコン

ページの先頭へ戻る