ここからサイトの主なメニューです
ここからページの本文です

市長定例記者会見(平成25年10月)

2013年10月17日掲載

市長定例記者会見(平成25年10月)について掲載しています。


日時 平成25年10月8日 午前10時~
場所 第2委員会室

榮州市訪問について

10月3日から10月6日の4日間の日程で、韓国栄州市を訪問してまいりましたので、その報告と感想を述べさせていただきます。
昨年11月5日に、栄州市と友好交流都市提携を結びましたが、提携1周年を記念し、市長の私、市議会議長、富士宮市国際交流協会会長をはじめ、多くの市民を含め、総勢33名で栄州市を訪れました。
今回の訪問団は、第1回目の市民派遣であり、富士宮市にとって、歴史的な第一歩の事業であります。
現地では、金 宙栄(キム ジュヨン)栄州市長をはじめとし、栄州市民の大歓迎を受けました。
訪問団の皆さんも、栄州市の素晴らしさを感じることができたと思いますし、新たな交流が生まれたことでしょう。
ちょうど豊基(プンギ)人参祭りが行われており、多くの市民や観光客が会場を訪れており、ものすごい盛り上がりでした。我がまち 富士宮市にとっても、どのようにお客様をもてなすか、参考になることも、多々ありました。
また、世界遺産のまち、富士宮市を多いにアピールしてきましたので、栄州市からも富士宮市を訪れてくれる人が増えるのではないかと思います。
10月24日からは、教育交流として、栄州市の中学生16人・引率者4人が富士宮市を訪問し、当市の中学生と交流することになっています。 市民交流、中学生教育交流、スポーツ交流など様々な交流が、これからも末永く続くことを望みます。

富士山世界遺産登録記念「東儀秀樹・世界遺産コンサート」の開催について

本年6月の富士山の世界遺産登録を記念して、来る平成26年1月18日(土)に、富士宮市民文化会館において、「東儀秀樹・世界遺産コンサート」を開催いたします。
東儀氏は、日本を代表する雅楽師であり、これまでも平泉をはじめ、国内外で世界遺産コンサートを実施しており、富士山の世界遺産登録を富士宮市から世界に向けて情報発信することについて、最もふさわしい方だと考え、このコンサートを企画いたしました。
市民はもちろん、市内外の多くの皆様に参加していただき、素晴らしい音楽とともに、改めて世界遺産登録の感動を共有したいと思います。

障害者雇用環境整備事業「障害者雇用施策3本の矢(3つの未来)」について 

「企業に義務付けられる障害者の雇用率(法定雇用率)が、平成25年4月から2.0%に引き上げられ、大企業に比べ取組が遅れがちな中小企業も対応を迫られる状況となっております。
 また、特別支援学校等の卒業生のうち、一般就労に至らなかった生徒の約8割は福祉施設に入っていますが、福祉施設から企業への就労が進んでいない状況にあり、来春初の卒業生を出す静岡県立富士特別支援学校富士宮分校においても、生徒の就労による自立は重要なことであります。
 障害者雇用環境整備事業では、静岡県立富士特別支援学校富士宮分校をモデル校とし、企業に「障害者は働ける」を知っていただき、「障害者の働きやすい環境づくり」について、企業における就労ニーズや課題を明らかにし、障害者雇用の推進に役立て、企業の採用活動の効率化につなげるとともに、生徒の自立を目指すために、地域で育てる富士宮モデル障害者雇用施策3本の矢(3つの未来)、「1 先進的な職業観・キャリア教育」「2 機動的な交通環境整備」「3 民間投資を喚起する働きやすい環境整備」を実施いたします。

質疑応答の要旨

記者
新しい取り組みとなる本事業に対する市長の意気込みや思いについて

市長
社会全体が協力し合い、健常者が障害者の労働に対する認識を高めることが必要である。また、障害者自身が教育の場において就労に関する必要なスキルを身につけられるような支援、また障害者が快適に通勤できるよう宮タク、宮バスなどの交通機関の活用や民間企業の設備投資により障害者が働きやすい環境の整備が促進されるよう、市として支援に力を入れていきたい。

記者
富士宮モデルと言われているが、自信とか期待はどうか

市長
他の模範になるようしっかりとやっていく。

富士山世界遺産登録記念 高校生ご当地弁当コンテストの二次審査について

富士山世界文化遺産登録によって、今後国内外からの観光客の増加が予想される中、富士宮の食を味わい楽しんでいただくため、外国人を含む旅行者向けのお弁当及び富士登山者やハイキング向けのお弁当について、お弁当箱の包装のデザインを含めて募集したところ、計33点の応募がありました。
9月25日に一次審査(書類審査)を行い、各5点(計10点)が10月14日(月・祝)に、富士宮市役所において行われる二次審査に進みます。 二次審査は、5分間で商品のコンセプトなどをプレゼンテーションした後、実際に調理したお弁当を試食した上で、大賞を選定します。 なお、大賞受賞弁当は、事業者による監修を経て商品化、販売されます。

富士山世界遺産登録記念2013富士宮市肉食系優良食飲アワード(大賞)について

富士山の世界文化遺産登録を機に、富士山の恵みである水と大地に育まれた富士宮市の特産品である肉食系の逸品(畜産品・魚類を使用)を一堂に会し、多くの人に富士山麓の「優良食・飲」を堪能していただくとともにアワードを選ぶことで、当地域の魅力をアピールします。
開催は、11月16日(土)、17日(日)の2日間で、JA富士宮富士山駅 ファーマーズマーケット「う宮~な」で行います。 来場者は4枚つづり1,000円で投票券1枚付のチケットを購入し、各店舗自慢の逸品を飲食します。飲食後にアワードを選出する投票をしていただき、上位3位までを表彰します。
なお、開催に伴い出店者の募集も行っています。

発表案件以外の質疑応答の要旨

白糸の滝工事関係

記者
今年度中の工期の予定である白糸の滝が過日の台風により工事の足場が崩れるなどの被害があったが、現在の工事の状況について

世界遺産室長
台風により足場が流され、川に残留物があったが、すでに片付けが終わっている。建設中の橋には影響はなく、工事は予定どおり12月末の完成予定である。
また移転した2軒の売店跡地は展望場としての利用を考えており、今後階段の手すりなどの整備も進め、12月末には完了予定である。

記者
他の売店についてはどうか?

世界遺産室長
以前に実施したアンケート調査の意見を分析し、近々地元の売店関係者の方々に個別の聴き取り調査及び用地の取得に向けた話し合いに入っていきたいと思っている。

市長
まず売店を集積させる用地の確保を進めている。次にそこへ入る人の調整などを考えていく。手順を一つ一つ進め順調に進んでいる。

お問い合わせ

企画部 秘書課 秘書係

〒418-8601 静岡県富士宮市弓沢町150番地(市役所3階)

電話番号: 0544-22-1112

ファックス番号: 0544-22-1206

メール:hisho@city.fujinomiya.lg.jp

表示 : モバイル | パソコン

ページの先頭へ戻る