ここからサイトの主なメニューです
ここからページの本文です

平成23年度第2回 富士山世界文化遺産登録について

2014年02月07日掲載

平成23年度第2回 富士山世界文化遺産登録について


実施日   平成23年8月1日~8月19日
回答率    98%(49人/50人中)
調査の趣旨
現在、静岡・山梨両県において富士山の世界文化遺産登録に向けた活動が推進されています。7月に国への推薦書原案が提出され、順調に進めば、登録の審議が成25年に行われることになり、 いよいよ富士山の世界文化遺産登録が仕上げの段階に入ることになります。
富士宮市には、富士山の世界文化遺産の構成資産が6件も存在するため、資産を後世に継承する重責を担うことになります。今後、資産の整備や受入体制の確立は、 急がなければならない重要な課題となってくることから、皆さんの意見・考えを伺い活動に生かしていこうとするものです。

※全員にお聞きします。

問1 富士宮市が、富士山の世界文化遺産登録を目指し、静岡・山梨両県及び関連市町村とともに登録推進活動を行っていることを知っていますか。(1つ選んでください)

  1. 知っている ………47人(95.9%)
  2. 知らない ………2人(4.1%)

問1について【富士山文化課】

回答者の95.9%が登録推進活動を知っているという回答でした。今後も引き続き100%の周知を目指し、登録活動の推進を図っていきます。

※全員にお聞きします。

富士山が世界文化遺産に登録されるために改善すべき点はどのようなものがあると思われますか。(1つ選んでください)

  1. 構成資産となっている文化財の整備 ………11人(22.4%)
  2. 駐車場やトイレの整備 ………13人(26.5%)
  3. 道路網や公共交通の整備 ………3人(6.1%)
  4. 富士山の景観保全 ………14人(28.6%)
  5. 登山者の増加 ………1人(2.0%)
  6. 登録活動のPR ………3人(6.1%)
  7. その他 ………4人(8.2%)
  • 登山者の入山規制(環境調査以外での入山禁止)、車での入山禁止(30代男性)
  • 周辺住民・市町村の意識向上(30代男性)
  • 不法投棄の撲滅(50代男性)
  • ゴミ問題の処理(50代男性)

問2について【富士山文化課】

登録されるための改善点として、富士山の景観保全が必要である、という回答が多く寄せられました。登録推進活動をきっかけとして、 景観保全活動も進める必要があると考えます。

※全員にお聞きします。

富士山の世界文化遺産登録活動をより広く知ってもらうために、今後どのような広報活動を行っていけば良いと思いますか。(2つ以内で選んでください)

  1. 富士山周辺の環境改善活動 ………30人(33.0%)
  2. 学習会等の子ども向けの周知活動 ………6人(6.6%)
  3. シンポジウム・講演会の開催 ………7人(7.7%)
  4. 富士山や登録活動の写真・パネル展 ………8人(8.8%)
  5. 出前講座の開催 ………3人(3.3%)
  6. 市民団体の育成 ………5人(5.5%)
  7. 広報ふじのみやでのPR ………7人(7.7%)
  8. 新聞・テレビ ………19人(20.9%)
  9. ラジオ ………2人(2.2%)
  10. ホームページでのPR ………
  11. その他 ………2人(2.2%)
  • 県外の友人は毎日のように富士山が見えるこの環境をとてもうらやましがります。年をとるにつれて、私も「富士山の写真を撮っている人たち」の撮りたいという気持ちがわかるようになってきました。富士山は本当に美しい。「富士は日本一の山」そう思います。ただ、ゴミが落ちていると耳にすることがあります。富士山は近くに来るとゴミの山だと。(30代女性)
  • 催し物をしたり、広告等の印刷物でお金を使うというよりは、学区等で清掃活動の回数を増やし町全体美しい富士山を意識してはどうか。(40代女性)

問3について【富士山文化課】

登録推進活動を広く知ってもらうための広報活動として、富士山周辺の環境改善活動が効果的との回答でした。
問2の結果と合わせ、富士山の景観や環境改善活動も登録活動とともに行っていきます。

※全員にお聞きします。

問4 富士山の世界文化遺産としての価値を証明する構成資産が富士宮市内に6件存在します。訪れたことのある資産はありますか。(あてはまるものをすべて選んでください)
※構成資産…古来より数多くの信仰と芸術作品を生み出した富士山の価値を証明する文化財(原則国指定文化財)

  1. 富士山山体 ………34人(18.2%)
  2. 富士山本宮浅間大社 ………43人(23.0%)
  3. 山宮浅間神社 ………20人(10.7%)
  4. 村山浅間神社 ………24人(12.8%)
  5. 人穴富士講遺跡 ………17人(9.1%)
  6. 白糸の滝 ………49人(26.2%)

問4について【富士山文化課】

富士宮市内の6件の構成資産のうち、白糸の滝と富士山本宮浅間神社を訪れたことがある人が多いようです。 今後は他の構成資産も知っていただけるような広報活動を進めていきます。

※全員にお聞きします。

問5 構成資産を訪れる際にどのような交通手段での移動が良いと思いますか。(1つ選んでください)

  1. 電車・バス等の公共交通 ………10人(20.4%)
  2. シャトルバス ………21人(42.9%)
  3. 自家用車 ………15人(30.6%)
  4. 自転車(レンタサイクル) ………1人(2.0%)
  5. タクシー ………0人(0.0%)
  6. 徒歩 ………0人(0.0%)
  7. その他 ………2人(4.1%)
  • 電気自動車等の環境に配慮した車両(30代男性)
  • 構成資産巡回バス(70代男性)

問5について【富士山文化課】

シャトルバスが最も多く、次いで自家用車で訪れたいという結果になりました。 現在、市内の構成資産を訪れる手段が限られていることから、新たな交通網の整備を検討していきます。

※全員にお聞きします。

問6 今後、構成資産の整備を進めていく予定ですが、どのような部分が不足していると思いますか。(2つ以内で選んでください)

  1. トイレ・駐車場 ………39人(41.5%)
  2. 観光・施設案内所 ………17人(18.1%)
  3. 案内板・説明板等のサイン設備 ………14人(14.9%)
  4. 文化財の修復・公開のための設備 ………17人(18.1%)
  5. 世界遺産センター(ガイダンス施設の設置) ………7人(7.4%) (文化財の保存や活用、研究等の活動拠点となる施設)
  6. その他 ………0人(0.0%)

問6について【富士山文化課】

トイレ・駐車場等の施設が足りていないと感じている人が多いようです。 今後、多くの来訪者に対応できるよう、早急にトイレ、駐車場等の整備を進めていきます。

※全員にお聞きします。

問7 構成資産を訪れて資産(文化財)の歴史上の価値についての知識を得るためには、どのような手段が良いと思いますか。(あてはまるものをすべて選んでください)

  1. 人によるガイド ………38人(25.9%)
  2. テープ機器等を利用した音声ガイド ………15人(10.2%)
  3. QRコード等、携帯電話の機能利用したITガイド ………19人(12.9%)
  4. パンフレット・ガイドブック ………40人(27.2%)
  5. 説明板や案内板 ………34人(23.1%)
  6. その他 ………1人(0.7%)
  • 広報などのPR(70代男性)
  • 選択肢3の理由として、誰でも(老若男女関わらず外国人でも)アクセスでき、訪れた人々の欲望を聞いて、内容も常に更新できたらゴミもでない。(20代女性)

問7について【富士山文化課】

パンフレット・ガイドブックが1位となりましたが、人によるガイドや案内板・説明板による案内との回答も多いことから、複合的にガイドの準備を整え、 利用者に満足してもらえる体制の構築を図ります。

※全員にお聞きします。

問8 日本各地の世界遺産・名所等では人によるガイドが数多く行われていますが、問7のようなガイドを利用したことがありますか。(1つ選んでください)

  1. ある ………26人(53.1%)
  2. ない ………23人(46.9%)

問8について【富士山文化課】

人によるガイドの利用の有無はおよそ半々という結果となりました。利用の如何を問わず、どちらのニーズにも対応できるよう、 ガイドの育成や案内板・説明板等の文化財の環境整備を合わせて進めていきます。

※全員にお聞きします。

問9 世界遺産・名所等のガイドを有料で行っている団体もありますが、有料であることをどのように思いますか。(1つ選んでください)

  1. 金額により理解できる (問11へ) ………4人(8.2%)
  2. 内容により理解できる (問10へ) ………8人(16.3%)
  3. 金額・内容のバランスにより理解できる(問10へ) ………28人(57.1%)
  4. 金額・内容に関係なく理解できる(問11へ) ………2人(4.1%))
  5. 金額・内容に関係なく理解できない(問11へ) ………7人(14.3%)

問9について【富士山文化課】

多くの人が金額・内容のバランスにより、有料でも理解を示すとの回答でした。その一方、金額・内容に関係なく理解出来ないとの回答も一定数有り、有料ガイドの難しさを浮き彫りにした結果といえます。 今後は利用者のニーズに対応できる、ガイド体制を整えていきます。

※問9で「2.内容により理解できる」「3.金額・内容のバランスにより理解できる」を選んだ人にお聞きします。

問10 どのようなガイド内容であれば有料でも良いと考えますか。(1つ選んでください)

  1. 文化財についての専門的知識を持つガイド ………10人(27.8%)
  2. 周辺地域の情報にも詳しいガイド ………12人(33.3%)
  3. ガイドブックに載っていない地元の民話や伝説にも詳しいガイド ………11人(30.6%)
  4. その他 ………3人(8.3%)
  • 1~3全ての知識をもつガイド。(20代女性)
  • 訪れる人が知りたいと思っている事は何なのでしょうか?それを知りつくし研究し、エンターテイナーのように伝えることのできる人ならば。(30代女性)
  • 払った金額以上のガイドを提供できる(知識・質問への対応・おもしろい・・・)(30 代男性)

問10について【富士山文化課】

選択項目1~3にほぼ均等に回答が集まりました。今後のガイド育成の参考とし、利用者に満足していただけるガイドの育成に取り組んでいきます。

ご意見・ご要望などございましたら自由にご記入ください。

  • とにかく、きれいではない所が多い気がする。その場所だけがきれいなだけでは、よくないと思うので、周辺もきれいに保つようにしなければいけないと思う。 それができてから、トイレなどいろいろな施設もできれば必要だと思う。富士山周辺をきれいにする活動をもっと増やしてもいいと思う。なかなか自分一人ではやりたくても手が出せないが、協力したい人はたくさんいると思う。(20代女性)
  • 富士山の世界文化遺産登録は静岡にとってそして日本にとっても喜ばしい事だと思うので、それに恥じないような素敵な富士山を目指していきたいです。(20代女性)
  • 富士山までの道の清掃、駐車場やトイレの整備。登山家だけではなく、誰もが気軽に行けるように自然を生かした公園等を作ると地元の市民も富士山を意識すると思う。 実際地元市民は富士山をあまり意識していない。まずは市民へ意識させるべきでは。(20代女性)
  • 世界文化遺産になることでどんなメリットがあるのかよくわかりません。地元の人にもっといい点や良くない点をわかりやすく、説明してほしいです。(20代女性)
  • 富士山が世界文化遺産の登録ができなかった理由がゴミの問題が大きいと聞きます。富士山のゴミ問題はイタチごっこになっているとの情報もテレビで見ました。 富士山への道路を有料化するなど、ある程度の規制をするしかないと思います。防犯カメラを設置する・増やすなどしたらどうでしょうか。ゴミを捨てにくい環境を作るしかないと思います。(20代女性)
  • 空き缶、ゴミの不法投棄の問題がある。厳しい罰則で取り締まるべきだと思う。登山者は携帯トイレを持参する。一人一人がモラルを持ち、自然保全に協力しないと実現しないので、みんなで協力しよう!(20代女性)
  • 私は五合目までしか行った事がないので、真実は不明ですが、人々の富士山を大切に思う心(信仰?)が富士山を世界遺産に育てるのでは、と思います。 富士山を思う心を育むにはどうしたらいいのでしょうか。子どもたちの勉強会?例えば、「富士山VS阿蘇山」小学生対抗ディスカッション?アピール大会?をユーチューブなどで放映しては。(30代女性)
  • なぜ世界文化遺産に登録をしなければならないのか?その必要性が全く解らない。富士の麓では地下水汚染につながる産業廃棄物不法埋め立て、粗大ごみなどの不法投棄の現状、世界に向かって文化遺産にしようなど考えるだけでも恥だと思う。 また富士山スバルライン沿道の樹木の立ち枯れや山地崩壊は目に余るものがあり、この点だけでも環境保全からほど遠い。 昨今の登山ブームによるモラルの低い登山者のごみ問題。いくら大金をかけてバイオマストイレ等ハード面の整備をしても自然浄化以上の人的汚染が先行し過ぎている。まずは入山規制など問題点解決の糸口、対策、改善結果もないまま世界に発信するべきではないと思う。 環境を保全しようとする意識、知恵を備えた人間創りのソフト面の強化をし、富士山の環境を正常化した後で世界遺産でもなんでも申請すればよい。 このままではいつまでたっても世界遺産など登録されるわけはない。(30代男性)
  • 先日、テレビでこのような取り組みを行っていることを知り、富士宮市民なのに知らなかった自分が何だか恥ずかしくなりました。 ここ近年富士山の登山客が増えているので、登録されたらきっと観光客が増えて富士宮がにぎやかになり、経済もよくなるんじゃないかと思います。 それと同時にゴミや宿泊施設などの問題も出てくると思うのでその辺りの解決案はどういうものが上がっているのか知りたいです。(30代女性)
  • 毎年、富士登山に行っているが、山にゴミが多すぎる。近年、登山ブーム・パワースポットブームなど様々な要因により、登山客が増加しているのも一つの原因と思われる。 文化遺産に相応しい富士山の為にも、登山客へのマナーの徹底や、清掃活動をもっと積極的に行う必要があると思われる。(30代男性)
  • 富士宮市民でも構成資産が市内に6件存在することを知らない方も多いと思うので、これを機会にまず市民に関心を持ってもらい、文化遺産登録に向けて富士宮市全体で活動していきたいと思います。ガイドを養成していくためには、 勉強会を通じて市民のボランティアガイドも必要かもしれません。推進活動をよろしくお願いします。(30代女性)
  • ゴミのポイ捨てなど、だいぶよくなってきているがまだ多いと思う。モラルの問題ではあるが、更なる意識の改善が必要なはず。富士山の現状など、ショッピングモールなどの施設で行うとより多くの人の目に留まると思う。特別な施設や、市役所などでは若い人はなかなか行く機会がないため目に付かない。(30代女性)
  • 富士登山をしたい人、興味を持っている人は、日本全国にたくさんいると思うので(私の知り合いでも登りたいという静岡県外の人が多くいます。)富士登山を全国にもっとアピールして、登山者が増えれば登録へ向けてもっと盛り上がると思います。私達が思っている以上に県外の人は富士登山にあこがれと興味を持っていますよ!!(30代女性)
  • 住んでいる県民が、もっと富士山の事を知ったほうがいい。不法投棄の取り締まり、ごみ拾いをして、きれいな富士山にした方がいいとおもいます。(30代女性)
  • 市町村は登録に伴う弊害も十分考慮して観光客、住民双方にトラブルを起こさない施策を行わなければならない。住民は意識を観光客にはマナーを守らせることも重要。(30代男性)
  • 粗大ゴミなどの不法投棄が問題になっていますね。このことについては、地元自治体だけでは対応に限界があると思います。詳しいことはわかりませんが、国は何か支援をしてくれるのでしょうか。(30代男性)
  • 富士山5合目のトイレは古くて汚い感じがしました。価値を証明するための文化遺産、白糸の滝ですが、今年初めて行きましたが、こちらも老朽化がかなり進んでいる印象を受けました。風が強かったのでトタン屋根が飛んできそうな部分もありました。施設の設備も課題なのではと思いました。(30代女性)
  • 前にニュースで富士山のゴミを拾うバスツアーなるものを見たことがあります。私自身、富士山に登ることが無いのでよく分かりませんが、西高のワンダーフォーゲル部の生徒が夏の終わりにゴミを拾いに行くそうです。ゴミ問題から取り組まなければいけないんじゃないかと思います。(40代女性)
  • 世界文化遺産登録がもたらす、経済波及効果については大いに期待するところですが、それに伴う弊害で日常の市民生活に影響が出ないような行政の配慮も希望します。(40代男性)
  • 各地区子供会で、もっと富士山を意識し愛する子どもたちを育て、清掃活動を親子で楽しむなどを企画するようにしてはどうか。市民の一部ではあろうが「富士山はあってあたりまえ的」意識があると聞く。他府県の観光地ともなっている文化財をまわってみると、市民が誇りを持ち愛し保存している姿が目に付く。 富士宮市民もわが家の周辺からすこしずつ富士山へと美しいまちづくりを意識してはどうかと思う。いろいろな催しものもあっていいかもしれない。パンフレット、ガイドブックもありかもしれないが、慎重に行わないと特定の人のみの参加や紙くずにしかなりえない場合もある。主催者側の自己満足で終わらせてしまうと、市民の意識への働きかけ、他府県(世界)へのアピールには程遠いものになるかもしれない。 いろいろな考えで、まちおこしや文化財保存を試みているまちがあるので、成功したところ、成果が出ていないところをしっかり見極めて参考にし、ぜひわが富士宮を多くの人の心によき町並みとしてアピールできればと願い、自分のできることを考えている。(40代女性)
  • 借りた土地でありながら世界遺産に指定された場合が商売の邪魔になるという山梨側と歩調をとる必要があり、難航を極めるとは思いますが、関係各位のご尽力を応援し、力になりたいと思います。(40代男性)
  • 富士山世界文化遺産登録について、もっと感心もってもらえるようにアピールしてほしいです。(40代男性)
  • インターネットやTVのCMなどで「世界文化遺産登録を目指して頑張りましょう」というアピールを日本(世界!?)の人々に発信していくのはどうでしょうか?皆さんの力が必要ですと日頃からアピールする。地味ですが、効果があると思います。(40代男性)
  • 富士山は美しい、日本一の山なので、文化遺産になってほしいと思いますが、自然を壊すことは辞めてほしいと思います。人のマナーが必要だと思います。車の乗り入れは禁止でもいいと思います。(40代女性)
  • 日常市内を歩いていると、いたる所でとても多くのゴミが目につきます。こんなに恵まれた環境のこのまちにこのゴミの数・・・。自慢の美しさ・気持ちよさが半減してしまいます。「もったいない」という思いと、これから世界文化遺産としての富士山を持とうとする私たちにとって、とても恥ずかしいことのようにも感じます。 自分の住んでいるまちに~旅先で訪れたまちに~ゴミがひとつもない、気持ちが良いものです。富士山、構成資産の整備・美化を進めていくとともに、自分たちの手で自分たちの町を美しくしていけるように、個々はもちろんのこと、各団体や組織、町内会などで環境美化や清掃活動を推進していくことも大切なことのような気がします。できるだけ多くの人が関わって「世界文化遺産に相応しい富士山」を作っていけたら良いと思います。(40代女性)
  • 富士山の世界文化遺産登録についての運動ですが、行政が中心となり行っていると思いますが、一般市民の関心は薄いと思います。市民がこの活動にどのように関わるのか、関わるべきかが全く示されていません。又、富士山が世界文化遺産に登録されるという行政が名誉を欲しいだけと思われています。世界文化遺産に登録された場合に市民の生活に何か変化があるのかないのかが明確化(具体的に)して下さい。 特に富士山への不法投棄について徹底した取り組みをお願いします。(50代男性)
  • 富士山の世界文化遺産登録に向けて取り組んでいるのをTVで知っている位で生活の中でその取り組みとどのように行っているのか全くわからないので、たくさんの情報があれば共有できると思います。(50代女性)
  • まだ富士宮市民の中には文化遺産登録を知らない人がいます。市民全員が意識するような広報活動を行い、一人一人の意識の高揚を図る。富士山がゴミが多いとされている。市民全員が富士宮市からきれいにする活動が必要と思われる。 登録の審議がある平成25年まで両県と富士山をきれいにする必要あり。そのためには市民のボランティア集団を作り、各グループごとに計画推進を行い、登録に向けてまいしんする。富士山の周辺をきれいにする。(50代男性)
  • テレビで富士宮市役所職員の方が、構成資産を回って活動している様子をみて、文化財の修復公開のための整備が必要だと思いました。富士山の景観保全のためのゴミ問題も解決しなければならないと思う。(50代女性)
  • 文化遺産に登録になったとしても、我々の日常生活に何ら変化が生じるとは思われない。関心が薄いという事である。(60代男性)
  • 2月23日富士山の日が制定されてより多くの県民が富士山についての知識を持ち、世界に誇れる富士山にしていくことがこれからの課題である。 そのために色々な勉強(本・資料・セミナーに参加等)をし視野を広めていこうと思う。実践できるよう・・・来る2月23日まで6ヶ月間努力していくのみ。 知識を豊富にしてもらうことは人の心を豊かにし、富士登山をする人の印象をよくすることと思う。富士山の世界文化遺産登に向けて考えることは、富士山周辺の環境改善に重点をおいてください。特にトイレの整備です。過日県外のとあるインフォメーション「道の駅」に立ち寄った時、店内は観光客でにぎわいレジも列を作っていたのですが、 トイレの汚れ悪臭に不快感が募りもう二度とあのインフォメーション「道の駅」には行きたくない程です。富士山にまた登りたいという人は富士山の恵・湧水・里山・草原に魅せられる人が多いと思う。そして人が生きていくための大きな課題がトイレの整備。お金はかかるでしょうが、世界に誇れる富士山の印象をよくするためにもトイレ、次に駐車所の完備が大切だと思います。(60代女性)
  • とにかく富士山をきれいにしないと始まらないのでは。以前よりは良くなったような気がする。問4にある価値を証明する構成資産が6件存在するという事を知らなかった。このことをもっと知らせる活動をしたらどうか。各場所で大きなイベントを行うなど。(60代女性)
  • 施設の拝観、利用について必要に応じ有料にすることは理解できるが、ガイドは無料とすべきである。 そもそも世界文化遺産に登録するということは、そこに住む人もその遺産にふさわしい気質と行動力を備えていることが必要で、無料ボランティアで対応すべきと考える。人類共通の貴重な遺産として多くの人々がその場所を気軽に訪れ、心ゆくまで楽しみ、心に刻み、また訪れたい、そして他の人達に広めてもらいたいと願う。 そのためにはそこに住む人達が精一杯これら訪問者を温かく迎え気持ちよく過ごしてもらうことが必要である。よって市民に働きかけガイド育成の環境づくりをしては如何かと思う。(60代男性)
  • 文化遺産を後世に伝えていくためにも、環境整備をしっかりしていく。(60代男性)
  • 関係ないかも知れないが・・・・白糸の滝の駐車場(レストハウスの跡地)料金が高い。売店の駐車場と差があり、しかも、売店駐車場への道に車止めがあり、入れなかった。(遠来の観光者に不信感が起こりそう) 市の駐車場があるようだが、表示が解りづらく利用できなかった。白糸の滝で、富士山と滝が見られる、展望台を整備すべき。村山浅間神社への道路がわかりづらい。(60代男性)
  • PRがまだまだ不足していると思う。あらゆる所でもう少し広報活動に努力してほしい。(60代男性)
  • まずは富士山山麓へのゴミの不法投棄(家電製品、タイヤ、ドラム缶など)の撲滅と思います。いくら監視パトロールをしても、十分に対策をすることは難しいため、まずはマナーの向上を各自にお願いしたいと思います。(60代男性)
  • ごみや産業廃棄物の不法投棄の取締りの徹底、屋外広告物の適正配置と良好な環境景観を図ること、御殿場地域での自衛隊の演習規模の縮小。(70代男性)
  • 富士市、富士吉田市は「富士山検定」を行い私たちも学ばせてもらいました。富士宮市もすでに多くの本が出されていますが、富士山検定のテキストのようなわかりやすく、とりくみやすい冊子があるといいと思います。富士宮でも「富士山を守る会」「富士宮ボランティアガイド」など深く研究している人たちが多くいます。その人たちを活用するのもいいと思います。(70代女性)
  • 県も市も、もっと世界文化遺産登録のPRをし、もっと盛り上がるようにしないとだめではないか?市民レベルから盛りあがりが必要。(70代男性)
  • 人によるガイドはボランティアであればだれでもいいというのでなく適正な人選が望まれる。(70代男性)
  • 小笠原、平泉に続いて来年度はぜひ認定されるように当局は一層努力してもらいたい。とかく世界遺産は観光に視点がいきやすいが、富士山は昔から信仰の対象であった特殊性からも、その特性をいかした保存でありたいし、市民としても他の世界遺産とは違う認識を持ちたいと思います。(70代男性)
  • 今回、川勝知事や各部局県庁挙げてその推進に取り組むようになったとうい報道がありましたが、心強い限りです。 さらに広く国民全体にアピールするため、特にテレビマスコミをうまく使ってムードを盛り上げるよう粘り強い関係各位の努力に期待します。(70代男性)
  • 市民の関心が薄い。行政の推進活動が不足しているのではないか。市の広報紙、地方ローカル新聞などに頻繁に啓発記事を出したらどうか。(80代男性)

アンケート結果から【富士山文化課】

富士山のゴミ問題に関して、改善を希望する意見が多数あり、次いで世界遺産登録推進活動のPRが足りないのではないか、という意見を多くいただきました
不法投棄・ゴミ問題により、世界文化遺産登録されないのでは、というイメージが根強いと感じました。
今後は世界文化遺産登録活動の意義や目的を正しくアピールし、登録活動の理解を広めていきます。

お問い合わせ

企画部 情報発信課 広聴広報係

〒418-8601 静岡県富士宮市弓沢町150番地(市役所3階)

電話番号: 0544-22-1119

ファックス番号: 0544-22-1206

メール:koho@city.fujinomiya.lg.jp

表示 : モバイル | パソコン

ページの先頭へ戻る