ここからサイトの主なメニューです
ここからページの本文です

第38回 富士山御神火まつり

2017年05月24日掲載

毎年8月の第一土曜日に開催される富士宮の炎の祭典、富士山御神火まつりについて掲載しています。


昭和54年、富士宮青年会議所により富士宮夏まつり「太鼓と踊りと民謡で」として計画実施され、翌昭和55年、市民のアイディアから生まれたお祭りとして、「富士山御神火まつり」は誕生しました。
その後、富士山頂にある富士山本宮浅間大社奥宮(おくみや)での御神火祭採火式や市街地パレードなどが順次導入され、昭和59年からは神輿(みこし)に御神火を点火し、市内の商店街を練り廻し最後に神田川の水流を遡る、いわゆる神田川昇りを行うという現在のスタイルが出来上がりました。
発足当時は2基だった神輿は現在8基あります。この神輿の重さは800キログラムから1トンほどあり、1基当たり60人から100人の担ぎ手が必要となります。
神輿やパレード以外にも、多くの皆さんが富士山御神火音頭を始めとする民踊を楽しみ、まつりを盛り上げます。

ステージショー かわいい子供たちによるステージショー

太鼓 太鼓の演奏もまつりを盛り上げる

神輿 いよいよ御神火神輿の出発。市内目抜き通りを練り歩きます。

神田川昇り 御神火神輿の神田川昇りはこのまつりのハイライト。

※注意※
祭典エリア内でのドローンをはじめとしたリモコン操作による無人飛行機の持ち込みや操縦、飛行、撮影は、航空法により禁止されています。ご注意ください。

日時 平成29年8月5日(土)
場所 富士山本宮浅間大社、市内目抜き通り
問合せ先 観光課 電話番号:0544-22-1155

プログラム

開始時間 イベント内容 場所
16時00分 式典開始 メインステージ
16時20分 パレード出発 市内目抜き通り
17時30分 御神火神輿練行出発 メインステージ~市内目抜き通り
17時50分 踊り、ステージショー メインステージ前
20時00分 御神火神輿神田川昇り 神田川

お問い合わせ

産業振興部 観光課 観光施設係

〒418-8601 静岡県富士宮市弓沢町150番地(市役所4階)
電話番号: 0544-22-1155
ファックス番号:0544-22-1385
メール:kanko@city.fujinomiya.lg.jp

表示 : モバイル | パソコン

ページの先頭へ戻る