ここからサイトの主なメニューです
ここからページの本文です

4月8日(水) 新型コロナウイルスに伴う市長メッセージ

2020年04月08日掲載

富士宮市民のみなさんへ富士宮市長からのメッセージです。


富士宮市長メッセージ【動画】

富士宮市長メッセージ【全文】

市民の皆さま、市長の須藤秀忠です。

恐ろしい 新型コロナウイルスは、世界中に蔓延しています。
東京では、感染者が毎日、うなぎのぼりに増え、医療崩壊寸前です。

このため、安倍総理は熟慮の末、人と人との接触をできるだけ少なくすることが、何よりの感染防止対策であると考え、すべての人々が、人と人との接触を今までの二割以下にし、これ以上感染者を増やさない、医療崩壊を起こさない、重症者の命を助けるのは今が正念場であると決断し、昨日、七都府県を対象に、「緊急事態宣言」を行いました。

都会では、この「緊急事態宣言」により、約一か月間の外出自粛や大規模施設の使用停止、イベント実施の制限などについての要請、指示が行われています。

これに伴い、富士宮市も、子どもたちや市民を守るために、感染者をこれ以上出さない、一日も早く新型コロナウイルスの感染を収束させたい、との思いをもって、さらに厳しく、不用不急な外出を自粛することや、密閉空間や人の密集場所、人と人との密接な場面を避けること、また、イベントを自粛することを、市民の皆様にお願いするものであります。

そのため、富士宮市では、4月11日より5月6日までの間、市内公立小中学校を全校休業することと決定しました。

しかし、小中学校での児童生徒の一時預かりや、放課後児童クラブ、保育園は、3月の臨時休業の時と同じように開きます。

これから一か月くらい、今まで以上に窮屈な、かつてない大変な日々が続きますが、何卒ご協力ください。

しかし、何よりも、私たちが恐れていることは、感染が広がっている地域の人たちが、この要請に従わず、それぞれの郷里に帰省し、新型コロナウイルスの感染源となり、感染が拡大する恐れのあることです。

市民の皆様におかれましては、感染が広がっている地域に住んでいる子供や身内、友人に、しばらくの間、この新型コロナウイルスの感染が収まるまで、移動しないようご連絡くださることをお願いいたします。

また、やむなく戻られた方については、二週間程度、感染していないことが確認されるまで、自宅待機されますようお願いいたします。

今が一番大事な時です。

これは、家族を守るため、友人を守るためであり、日本を守るための試練であります。

よろしくお願いいたします。

お問い合わせ

富士宮市役所

〒418-8601 静岡県富士宮市弓沢町150番地

電話番号: 0544-22-1111

ファックス番号: 0544-22-1206

メール:info@city.fujinomiya.lg.jp

表示 : モバイル | パソコン

ページの先頭へ戻る