ここからサイトの主なメニューです
ここからページの本文です

ふじのみやを歩こう(世界遺産富士山編)

2020年09月07日掲載

遠くに出かけられない今こそ、富士宮を歩こう。
富士宮市内の世界遺産富士山をテーマにしたウォーキングマップを掲載しています。
読んで、歩いて、世界遺産富士山を体感してみませんか?

※この企画は一般社団法人富士宮青年会議所が実施する「まちごもり運動」に連携しています。


山宮浅間神社【山宮御神幸道マップ】

明治の初めまで、春と秋のお祭りの前日に、「山宮御神幸(やまみやごしんこう)」といって富士山本宮浅間大社と山宮浅間神社とを祭神(さいじん)が往復する行事が行われていました。神様が昔いた場所に里帰りするという意味や、春に農業の神様として山から里におり、秋に山の神として里から山に帰るという意味があるそうです。この「山宮御神幸」に使用された浅間大社と山宮浅間神社をつなぐ道が「御神幸道(ごしんこうどう)」と呼ばれ、距離としては5.45kmほどあったといわれます。

山宮浅間神社表紙

村山浅間神社【村山までの道者みちマップ】

道者(どうしゃ)とは富士登山者のことで、「村山」まで道者が通った道を道者みちといいます。かつて道者は、先達(せんだつ)と呼ばれる登山のリーダーに導かれて山頂を目指しました。村山浅間神社は富士山における修験道の中心地であり、明治時代の廃仏毀釈(はいぶつきしゃく)運動により廃されるまで、神仏習合(しんぶつしゅうごう)の冨士山興法寺(ふじさんこうほうじ)という寺院がありました。村山浅間神社には、今もなお、富士山信仰の歴史が息づいています。

Adobe Reader

マークが付いているページをご覧いただくには“Adobe Reader”が必要です。
最新版のダウンロードはこちらのWebサイトよりお願いいたします。

お問い合わせ

企画部 富士山世界遺産課 企画係

〒418-8601 静岡県富士宮市弓沢町150番地(市役所3階)

電話番号: 0544-22-1489

ファックス番号: 0544-22-1206

メール:sekai@city.fujinomiya.lg.jp

表示 : モバイル | パソコン

ページの先頭へ戻る