ここからサイトの主なメニューです
ここからページの本文です

富士登山における注意事項

2020年06月25日掲載

ここでは、富士登山に関する注意事項を中心に情報を掲載しています。

登山期間

※令和2年は、登山道及び富士山スカイライン(登山区間)は通行止めです。

富士山の登山シーズンは、7月10日から9月10日の登山道閉鎖までです。
富士宮口五合目駐車場から見る富士山は、目の前にありますが、頂上までの登山は一般的に、休憩時間を含め約4時間から7時間はかかります。
五合目から山頂まで標高差およそ200mごとに山小屋があり、休憩・宿泊(要予約)が可能です。

天気

標高が100m上がると気温が0.6度下がります。
富士宮口五合目は、2400mありますので、下界と比べて10~15度くらい差があります。
また、富士山の天候は変わりやすいので、天候変化にも注意が必要です。

装備、持ち物

長袖シャツ、上着、長ズボン、ヘルメット(帽子)、底の厚い履き馴れた靴(くるぶしの隠れる靴)、雨具、防寒具、着替え、持物、水筒(1人1リットル程度の飲料水は用意する)、懐中電灯、手袋、ごみ袋、非常食、タオル、小銭(トイレ用)など必要なものは携行する。

注意事項

  • 富士山に挑むには上記のように装備が必要です。安易な服装や気持ちで挑むと大変危険です。
  • 登山中に歩きながらスマートフォンを使用するのはやめましょう。
  • 自分のペースに合わせて登山しましょう。
  • 高山病の症状(嘔吐・頭痛など)が出た場合はすぐに下山してください。
  • グループからはぐれたりしないよう、連絡を取り合える体制を整えましょう。(携帯番号の交換など)
  • 落石に十分注意してください。
  • ロープで仕切られた登山道を歩きましょう。(すれ違えないところは登山者優先で譲り合いましょう。)
  • 富士山ではテントを張れません。大変危険ですので、野外に宿泊せず、山小屋に宿泊してください。
  • 富士宮口にある山小屋は事前予約制となっております。宿泊の際は事前に電話で予約してください。
  • 富士山でのたき火は禁止されています。
  • ガスバーナー等を使用すると火災を起こすおそれがあるため、山小屋周辺や人ごみを避け、周囲に注意して使用するようにしましょう。
  • 富士登山者のマナー低下が叫ばれています。ゴミの持ち帰りなど最低限のマナーを守ってください。

上記の注意事項は富士宮口五合目にある富士山総合指導センターで無償配布している富士登山安全啓発チラシ(下記参照)にも記載されています。

富士登山安全啓発チラシ

富士登山安全啓発チラシ

富士山衛生センター(富士宮口登山道八合目・標高3,250m)

富士宮口では登山者のみなさんが安心して登山できるよう、富士山夏期臨時診療所を開設しています。 令和元年度は7月19日から9月1日までの間、開設します。診療所では、医師が常駐して急病人、けが人の診療に当たっています。

富士山夏期臨時診療所の写真

お問い合わせ

産業振興部 観光課 観光企画係

〒418-8601 静岡県富士宮市弓沢町150番地(市役所4階)

電話番号: 0544-22-1155

ファックス番号: 0544-22-1385

メール:kanko@city.fujinomiya.lg.jp

表示 : モバイル | パソコン

ページの先頭へ戻る