ここからサイトの主なメニューです
ここからページの本文です

富士宮の農産物・農産加工品について

2017年08月31日掲載

富士宮の農産物・農産加工品について掲載しています。

富士宮特産 落花生

 富士宮市特産の落花生が最盛期を迎えています。
 この時期では市内直売所やスーパーに、収穫したての落花生が並びます。
 落花生は通常収穫後に乾燥させ、炒ったものを出荷しますが、富士・富士宮地区では昔から落花生を茹でて食べる習慣があります。
 茹でた落花生は、まさに秋の味覚。濃厚な味と土の匂いを思わせる香りがあとを引き、一度食べたら止まらない味です。一人でボールが殻で一杯になるほど食べる方も多く、子どものおやつに、ビールのおつまみに、家族で囲んで旬の味を楽しめます。
 近年では、通常サイズ(約2.5cm)より2倍ほど大きい大粒(約5cm)の品種も多く生産されるようになり、とても食べごたえがあります。市内の多くの直売所は1kg入りのネットで販売されており、おおむね普通サイズが250莢、ジャンボサイズが120莢ほど入っています。
 食べ方は、鍋に2%程度の塩を加えたお湯に、殻付きの落花生を入れて40分から1時間ほど茹でて柔らかくなっていれば食べごろです。急ぎたい場合は、圧力鍋で15分ほど茹でれば早く召し上がれます。
 生の落花生が出回るのは8月下旬から10月中旬まで。生産地の近くでなければ味わうことのできない旬の味を、是非ご賞味ください。
 

富士宮産 落花生 富士宮産 落花生

落花生 比較写真 落花生 比較写真

お問い合わせ

産業振興部 農政課 農政係

〒418-8601 静岡県富士宮市弓沢町150番地(市役所4階)
電話番号: 0544-22-1148
ファックス番号:0544-22-1207
メール:nosei@city.fujinomiya.lg.jp

表示 : モバイル | パソコン

ページの先頭へ戻る