ここからサイトの主なメニューです
ここからページの本文です

芝川のりの保護・育成に関する研究

2017年07月26日掲載


希少なカワノリ「芝川のり」希少なカワノリ「芝川のり」

富士宮市では、フードバレー推進事業のひとつとして、「日本大学芝川のり研究会(代表:石川元康准教授)」に事業を委託し、“地域資源”の活用による地域活性化としての利用を目的に、「芝川のり」の生育環境の調査と育成するための環境条件に関する研究を行っています。

研究内容

「芝川のり」の実態調査

  • 富士宮市が昭和62年から継続的に行っている14箇所の定点調査地点(年1回の調査)について、毎月の調査を行い、経年変化を把握する。
  • 調査項目は、のり付着量、水温、電導度、流速、日照、付着基盤、付着水深、付着状況に加え水素イオン濃度(pH)、金属元素、非金属元素含有量、周辺の水生生物を調査する。また、河床こう配、年間における降雨量、河川・水路流量、気温、日照時間等の変化状態との相互関係を調査する。また、14箇所の定点調査地点の「芝川のり」付着面の詳細(付着基盤、粗度)を調査する。

「芝川のり」の育成実験

  • 養鱒場地下水を利用し、「芝川のり」生育実験を行う。
  • 人工気象器による「芝川のり」生育実験を行う。

幻の「芝川のり」

富士宮市内の清流で自生する「芝川のり」は、淡水産の緑藻の一種である「カワノリ」のことで、色は純緑、味は甘みがあり貴重な味の逸品として珍重されてきました。
室町時代や江戸時代には幕府、朝廷に献上されていたというほど古くから富士宮市の特産品として知られ、昭和20年代までは30~40cm程の大きさの「芝川のり」が年間5,000枚近くも生産されていました。
しかし、今では収穫量が激減し、「幻のカワノリ」と言われるほど大変貴重なものとなっています。

「芝川のり」の生育

「カワノリ」は、栃木県から九州までの太平洋に流れる河川上流部の特定の箇所だけに生える特異性があり、生育する条件は、

  1. 水温が通年8~15℃と低いこと
  2. 流速が秒速0.5m以上であり、特に秒速 1~1.5mでよく成長すること
  3. 日当りのよいこと
  4. 水深30cm以下であること

富士宮市で生育している「カワノリ」は「芝川のり」または「富士のり」と言い、室町時代から希少価値的特産物として献上品とされていた歴史がありますが、近年では種々の理由により生育場所が荒廃し、その採取量は減少しており、特産品としての商品化が困難な状況となっています。

お問い合わせ

産業振興部 農業政策課 食のまち推進室

〒418-8601 静岡県富士宮市弓沢町150番地(市役所4階)
電話番号: 0544-22-1691
ファックス番号:0544-22-1207
メール:food@city.fujinomiya.lg.jp

表示 : モバイル | パソコン

ページの先頭へ戻る