ここからサイトの主なメニューです
ここからページの本文です

令和4年度親子富士登山講習会 第1回目「富士登山研究会」講座内容について

2022年04月04日掲載

令和4年度親子富士登山講習会 第1回目「富士登山研究会」の講座内容を紹介しています。

第1回目 親子富士登山講習会「富士登山講習会」について

3種類の講座が聞けます。各講座30分です。

講座の内容

富士山すそ野散策の魅力について

富士山の標高2,300~2,400メートルから、森林がみられなくなり、岩や砂れきばかりになります。
この講座では、それよりも標高が低く、森林が広がるハイキングコース散策の魅力をお伝えします。講師は富士宮山岳会の顧問であり、「富士山に魅せられて」等の著書を持つ、登山の達人。人々に登山やハイキングの魅力を伝えようと日々、活動しています。
自然を感じられるのはもちろん、ですが、昔の人々が登山していた軌跡や歴史が感じられるスポットも、講師が撮影した写真で紹介します。

森林の中・・・ 森林の中・・・

廃仏毀釈(はいぶつきしゃく)で壊されたお地蔵様 廃仏毀釈(はいぶつきしゃく)で壊されたお地蔵様

山小屋跡に残るやかん 山小屋跡に残るやかん

富士山の植物について

元公立小学校校長であり、「ポケットブック 富士山の草花」、「イラストで見る富士山の草花」の作者である講師が実際に植物を観察して手書きした緻密なイラストを元に植物(主に新5合目~6合目)のお話をします。植物の紹介だけでなく、厳しい富士山の環境に生きる植物の根っこの秘密や不思議な形について等も解説します。驚いたことに、先生の専門教科は理科でも美術でもないのだそう。
下のイラストは「ポケットブック 富士山の草花」より

富士山の植物として有名なオンタデ。雄株と雌株があります 富士山の植物として有名なオンタデ。雄株と雌株があります

生薬「オウギ」の材料の一つであるイワオウギ 生薬「オウギ」の材料の一つであるイワオウギ

富士山の斜面の崩壊を防ぐ代表的パイオニア植物のフジアザミ 富士山の斜面の崩壊を防ぐ代表的パイオニア植物のフジアザミ

イワオウギと同じく薬用「オウギ」の材料の一つ、タイツリオウギ イワオウギと同じく薬用「オウギ」の材料の一つ、タイツリオウギ

常緑葉をつけたまま富士山の冬を越える強者、フジハタザオ 常緑葉をつけたまま富士山の冬を越える強者、フジハタザオ

山小屋のお仕事

富士山の登山道にある山小屋。飲み物を買ったり、ご飯を食べたり、泊まったりするところ。登山する人にとって、とっても大事なところです。
山小屋で働くってどんな感じだろう。山小屋の仕事って、どんなことをするのかな。普段は聞けない山小屋の秘密を聞けちゃいます。

渡辺家を中心としたスタッフで運営 渡辺家を中心としたスタッフで運営

山小屋の裏手にある万年雪の雪どけ水で炊いたごはん 山小屋の裏手にある万年雪の雪どけ水で炊いたごはん

万年雪山荘の内装 万年雪山荘の内装

持ち物について

当イベントの中止・内容の変更について

当日のイベントの変更・中止のご連絡については令和4年6月4日6時以降に、富士宮市HPをご確認ください。前日までに、講座の変更・中止が決まった場合は、メールやお電話などでご連絡させていただきます。

富士山(富士箱根伊豆国立公園)は国立公園の一つです。当講座により、富士山の植物や石に興味を持ってくださるのは大変に嬉しいことですが、自然公園法により、動植物の採取や溶岩の持ち去り等が定められていますので、禁止事項にあたる行為はおやめください。

問い合わせ・連絡先について

富士宮市教育委員会 社会教育課 家庭・青少年係 TEL:(0544)22-1188  
講座当日の連絡先 080-3577-5169

お問い合わせ

教育委員会事務局 教育部 社会教育課 家庭・青少年係

〒418-8601 静岡県富士宮市弓沢町150番地(市役所6階)

電話番号: 0544-22-1188

ファクス: 0544-22-1209

メール : e-shakyo@city.fujinomiya.lg.jp

表示 : モバイル | パソコン

ページの先頭へ戻る