ここからサイトの主なメニューです
ここからページの本文です

(仮称)富士宮市立児童館の愛称が決定しました。

2021年07月12日掲載

 令和4年春(令和4年5月7日(土))にオープン予定の(仮称)富士宮市立児童館の愛称を市民の皆様の公募により決定しました。


1

愛称の決定

 令和3年7月6日に、(仮称)富士宮市立児童館愛称選考委員会が開催され、愛称が決定いたしました。
 愛称採用者及び佳作者には、令和4年春(令和4年5月7日(土))の開館時に行うオープニングセレモニーにて、感謝状及び副賞の贈呈が行われる予定です。

愛称採用者

応募者:市内在住  望月 優羽(もちづき ゆう)様
愛称 命名理由
らっこ こどもが楽しめるように(子どもの〝こ〟楽しいの〝らっ〟)。子育て中の親が少しでも(身体の面でも気持ちの面でも)楽になれるように(子育ての〝こ〟楽の〝らっ〟)。つまり、〝子〟と〝楽〟で『らっこ』。

佳作者

応募者:市内在住  佐々木 理絢(ささき りあ)様
愛称 命名理由
さくら さくらの花びらがいろんなところに、たのしそうに、まうように、その場所で遊ぶ人がたのしめるように、また、さくらの咲く春の季節みたいにあたたかく、ほがらかなところになるといいなと思ったから。
応募者:市内在住  森嶋 里仁(もりしま りひと)様
愛称 命名理由
くるら 「きらら」「こあら」に続き「〇〇ら」としたく、児童館に色んな人が遊びに来て欲しいという、児童館を主に考えて「来てくれる?」を富士宮弁にし、愛称としました。

募集状況

(1)募集期間:令和3年5月11日(火)から令和3年6月15日(火)まで
(2)応募資格:市内在住、在勤、在学の方
(3)応募総数:453件
(4)応募年齢:応募最年少3歳、応募最年長80歳
(5)年齢別応募割合:18歳未満の子ども7割、18歳以上の大人3割

選考状況

 選考は、愛称選考委員会(市関係者と利用関係団体の代表で構成される10人)の委員により上位1位から3位までの3作品を選定し投票する方法で行った。集計は、1位5点、2位3点、3位1点とした得点数と、投票数を数えた得票数の両方を集計した合計得点で順位を決定した。
 また、佳作は、いずれも同一愛称での応募者が複数いたため、選定は命名理由の1位を選定し投票する方法で行い、最も得票数の多い命名理由の愛称を選定した。

児童館の概要

2完成予想図

開館予定日

令和4年5月7日 土曜日  (当日はオープニングセレモニーを行う予定です)

所在地

富士宮市若の宮町47‐1 (仮称)富士宮市立児童館
※未登記のため、住所は同敷地内にあった旧児童館の住所を記載しております。

建物の概要

鉄骨造 2階建 延べ面積619.82㎡

主な機能

1階:遊戯室、集会室、子育て支援センター室、相談室
2階:多目的スペース、図書室

コンセプト

 この施設は、子どもの育成や子育て世代を総合的に支援するための新たな拠点施設として、4つの機能を兼ね備えています。

機能 概要
①児童館 子どもたちの遊びを通じた健全育成を支援
②子育て支援センター 乳幼児の子どもと子どもを持つ親の交流や育児の相談、助言等で支援
③ファミリー・サポート・センター 子育ての援助を受けたい人と行いたい人の相互援助活動を支援
④子育て世代包括支援センター(基本型) 子育ての情報提供や相談、助言等で支援

お問い合わせ

保健福祉部 子ども未来課 子育て支援係

〒418-8601 静岡県富士宮市弓沢町150番地(市役所1階)

電話番号: 0544-22-1146

ファクス: 0544-22-1401

メール : kodomo@city.fujinomiya.lg.jp

表示 : モバイル | パソコン

ページの先頭へ戻る