ここからサイトの主なメニューです
ここからページの本文です

不活化ポリオ

2021年04月01日掲載

予防接種の不活化ポリオについて掲載しています。

対象年齢

生後3か月になる前日から7歳6か月になる前日まで

市からの通知

現在個人通知しておりません。

接種方法

初回は、20日から標準的には56日までの間隔で3回接種
追加は、初回3回終了後標準的には1年から1年半までの間隔で1回接種

接種時期

通年

実施医療機関

こどもが予防接種を受ける際に保護者が同伴できない場合は「委任状」が必要です。

疾病

ポリオ

「小児マヒ」と呼ばれ、わが国でも1960年代前半までは流行を繰り返していましたが、予防接種の効果で現在は国内での自然感染は報告されていません。現在でも、インドやアフリカなどではポリオの流行があるため、これらの地域で日本人がポリオに感染したり、日本にポリオウイルスが入ってくる可能性があります。予防のためにワクチンを接種して免疫をつけておきましょう。

ポリオウイルスはヒトからヒトへ感染します。感染してもほとんどの場合は無症状で、一生抵抗力(免疫)が得られます。症状が出る場合、ウイルスが血液を介して脳・脊髄へ感染し、麻痺をおこすことがあります。ポリオウイルスに感染すると、100人中5~10人はカゼのような症状を呈し、発熱や頭痛、嘔吐があらわれます。また、感染した人の中で、約1,000人に1人の確率で麻痺を起こすことがあります。

間違い電話が多発しています。

間違い電話は相手の方に多大なご迷惑がかかってしまいます。電話をかける際には電話番号をよくお確かめください。万一かけ間違いをしてしまった時は、相手の方に十分なご配慮をお願いします。

お問い合わせ

保健福祉部 健康増進課 母子保健係

〒418-0005 静岡県富士宮市宮原12番地の1

電話番号: 0544-22-2727

ファクス: 0544-28-0267

メール : kenko@city.fujinomiya.lg.jp

表示 : モバイル | パソコン

ページの先頭へ戻る