ここからサイトの主なメニューです
ここからページの本文です

ゼロカーボンシティ宣言

2021年02月09日掲載


市長

 令和3年1月13日市長定例記者会見において、世界遺産富士山のまち富士宮市として、脱炭素社会の実現に向けて、2050年までに二酸化炭素排出量を実質ゼロにする「ゼロカーボンシティ」に取り組むことを宣言しました。
 

宣言書

今後の取組

・「実質ゼロ」を目指すことを、第2次富士宮市環境基本計画や地球温暖化対策地方公共団体実行計画(区域施策編)等に位置付ける。
・現在取り組んでいる「創エネ・蓄エネ機器等設置費補助事業」、「小水力発電の導入支援」、「地域循環共生圏づくり事業」、「ごみダイエットプロジェクト」等を、引き続き推進する。
・ゼロカーボンシティの表明を契機に、市民や事業者等に、改めて地球温暖化防止に対するより一層の理解と協力を促し、脱炭素社会の実現に向けて「オール富士宮」で取り組む機運の醸成を図る。

富士宮市ゼロカーボンシティ推進本部の設立

令和3年7月7日「富士宮市ゼロカーボンシティ推進本部」を立ち上げ、第1回目の会議を開催。本部員及び幹事、計50人が出席。
 本部長の須藤市長から、「市職員が一丸となって、富士宮市を変えていくメインプレイヤーとして、ゼロカーボンシティの実現に向けた取組に積極的に挑戦していただきたいと思います。最後に、猛威をふるうコロナ禍からの復興に対しても、単に、コロナ前に戻すのではなく、ゼロカーボンシティの実現を見据えて、皆様の創意工夫と英知を集結し、市民、事業者とともに、オール富士宮で取り組む」ことについて挨拶しました。
<次第>
1 開会
2 あいさつ 本部長 富士宮市長 須藤 秀忠
3 基調講演「地域脱炭素に向けた取組」
  環境省関東地方環境事務所 総括環境保全企画官 一井 里映 氏
4 ゼロカーボンシティの実現に向けて

お問い合わせ

環境部 環境企画課 環境エネルギー室

〒418-8601 静岡県富士宮市弓沢町150番地(市役所4階)

電話番号: 0544-22-1131

ファクス: 0544-22-1207

メール : kankikaku@city.fujinomiya.lg.jp

表示 : モバイル | パソコン

ページの先頭へ戻る