ここからサイトの主なメニューです
ここからページの本文です

高収益作物次期作支援交付金について(申請受付)

2020年11月17日掲載

新型コロナウィルス感染症の発生により卸売市場での売上げが減少する等の影響を受けた野菜・花き・果樹・茶等の高収益作物について、当該影響のあった期間に出荷した農業者を対象に、当該農業者の次期作における生産体制の強化等の取組に対して支援を行います。(国の事業) ※R2.9.3 知事が認める新品種・新技術について追記しました。 ※R2.10.22 運用見直しについて追記しました。 ※R2.11.17 追加措置について追記しました。

追加措置(11/17更新)

令和2年11月13日、国による追加措置が発表されました。
10月の運用見直しで、当初の制度で計算した金額と比べて、交付申請額が0円または減額になった人が対象です。
すでに申請書や申告書を提出された方も、追加措置を申請する場合は書類の提出が必要です。

提出期限

12月10日(木)
※JA富士宮に提出する場合は、JA富士宮生産指導課に確認してください。

提出書類

申請者の状況により必要な書類が異なります。次の手順で確認してください。
1 次のフローチャートでご自分の必要書類を確認してください。
2 追加措置を申請する場合は、「追加措置の取組一覧表」に領収書を添えて提出してください。
※このページの下部で様式、添付書類、記入例を掲載していますので、確認してください。

フローチャートフローチャート

追加措置の内容の詳細は、農林水産省のホームページをご覧ください。

運用の見直し(10/22更新)

令和2年10月12日、国による大幅な制度運用の見直しが発表されました。
今回の運用見直しは、すでに申請書を提出された方にも適用されます。申請者は今後追加の手続きが必要となります。

運用見直しのポイント

  • 品目ごとの減収額が交付額の上限に追加されました
  • 対象面積が次期作の全作付面積ではなく、減収が生じた品目の作付面積になりました
  • 2~4月に出荷実績のない品目の多くが対象外になりました(夏野菜など)
  • 全ての申請者は品目ごとの減収額などを記載する「申告書」の提出が必須となりました

制度概要(4/30制定)

交付金の対象者

以下の全てを満たす方
◯令和2年2月から4月の間で、野菜・花き・果樹・茶について出荷実績がある、又は廃棄等により出荷ができなかった農業者
◯収入保険、農業共済等のセーフティネットに加入している、又は加入を検討している農業者
◯以下の取組を4月30日以降に実施した農業者、又は令和2年度中に実施する農業者

支援内容・交付額

(1)需要対応生産支援(次期作に前向きに取り組む農業者への支援)
 ○同一ほ場で取組項目の2つを実施
 ○取組面積×5万円/10a
  ※施設花き等は、取組面積×80万円/10a(加温設備があること)
  ※施設果樹は、取組面積×25万円/10a(加温設備があること)

(2)需要促進取組支援(需要促進に取り組む農業者への支援)
 ○取組項目を実施(複数実施可能)
 ○取組面積×2万円/10a

※取組項目の内容については、次の添付ファイルをご覧ください。

知事が認める新品種・新技術(9/3更新)

需要促進取組支援(2万円/10a)のうち、「知事が認める新品種・新技術」について、R2.8.21に静岡県が承認を受けました。
詳しくは、静岡県のホームページ(下記リンク)をご覧ください。
※今回承認された「新品種」や「新技術」の導入が、申請者にとって、初めての取組(つまり、以前から栽培していた場合や技術を導入している場合は対象外)であることが要件です。

【終了しました】運用見直しに対する制度説明会

出席できない方は、富士宮市農業再生協議会(事務局:市役所農業政策課)へお問い合わせください。

日時 令和2年10月26日(月) 10:00~12:00
会場 JA富士宮本店(外神東町117) 2階 第3会議室

申請について(11/17更新)

必要書類

○申請書様式(下記からダウンロードできます)
○添付資料
・令和2年2月から4月までに対象品目の出荷実績が確認できる書類、その他領収書や納品書等
・廃棄等により出荷できなかった場合は、前年産の出荷実績が確認できる書類及び今年産の廃棄の理由書(様式自由)
・ご自分のほ場一覧(ほ場ごとの作付面積や作物名がわかる資料)で、令和2年4月までの作付と、5月以降の作付計画を記入した資料。手書でもかまいません
・他人から農地を借りている方は、利用権設定又は特定農作業受委託契約を締結していることがわかる資料
・追加措置フローチャートで確認した必要書類(申告書や追加措置の取組一覧表)
・(申告書で減収額がある場合)売上額の根拠資料(出荷先からの出荷確認書や販売伝票等)
・(追加措置を申請する場合)追加措置の取組に対応する領収書(12/10に間に合わない場合はご相談ください)

(需要促進取組支援(2万円/10a)のうち、「知事が認める新品種・新技術」を申請する場合)
・県様式別紙2 特認取組チェックシート(県HPに様式があります)

提出期限

(11/17更新)国の第3回公募の期限が延長されました。

【申請済みの方】
12月10日(木)までに、追加措置フローチャートで確認した書類を申告書に証拠書類を添えて提出してください。
申請を取り下げる場合は、申告書の総括表のみ御提出をお願いします。

【これから申請する方】
12月10日(木)までに、申請書類と添付書類を提出してください。

提出先

富士宮市農業再生協議会(事務局:市役所4階農業政策課)
〒418-8601  富士宮市弓沢町150

留意事項

関連リンク

お問い合わせ

産業振興部 農業政策課 農業係

〒418-8601 静岡県富士宮市弓沢町150番地(市役所4階)

電話番号: 0544-22-1148

ファックス番号: 0544-22-1207

メール:nosei@city.fujinomiya.lg.jp

表示 : モバイル | パソコン

ページの先頭へ戻る