ここからサイトの主なメニューです
ここからページの本文です

『富士山環境展8ワークショップ 鹿皮のタンニンなめし』講座を開催しました! 富士山環境交流プラザ

2019年03月08日掲載

【3月3日開催】植物タンニンの鹿皮なめし体験を行いました!


タンニンなめし1

タンニンなめし2

富士山環境展8のワークショップ第2弾は鹿皮のタンニンなめしでした。
前日に解体した鹿の皮も使って、小物を制作できる大きさのなめし皮に加工します。
講師は解体でもおなじみ、「森のたね」の井戸直樹さん。
タンニンでなめされた皮は茶色になります。

タンニンなめし3

タンニンなめし4

毛の付いたもの、毛を完全に抜いたもの、どちらかを選んで作業していきます。
毛抜き作業は、あらかじめアルカリ液に漬けてあったので毛が抜きやすくなっています。

タンニンなめし5

タンニンなめし6

漬け込み作業が終わったら、あとはそれぞれ自宅に持ち帰りタンニン液に漬けていただきます。
そう、タンニンなめしは2週間ほどかかるのです。
生の「皮」が「革」になるまでには時間と手間がかかるんですね。
干して揉む作業のやり方を先生から教わり、この日のタンニンなめしは終了。
さて、皆さんなめした皮でどんな作品を作ってくれるか楽しみです!

ご参加いただきました皆さま、ありがとうございました!

お問い合わせ

富士山環境交流プラザ

〒418-0011 富士宮市粟倉1618番地の9

電話番号: 0544-59-0050

ファックス番号: 0544-59-0050

メール:fkk_plaza@city.fujinomiya.lg.jp

表示 : モバイル | パソコン

ページの先頭へ戻る