ここからサイトの主なメニューです
ここからページの本文です

『富士山環境展8ワークショップ「猟師と鹿の解体」』を開催しました! 富士山環境交流プラザ

2019年03月08日掲載

【3月2日開催】「富士山環境展8」の併設イベントとして、8つのワークショップとギャラリートークを開催。
第1弾は「猟師と鹿の解体」!猟師の指導のもと、みんなで鹿1体をまるごと解体しました。


解体1

解体2

講師は、井戸直樹さん(森のたね)、遠藤和帆さん(染織工房豆)、澤野宏史さん(スタジオジビエ)のお三方です。
参加者14名のうち、鹿の解体ははじめてという方がほとんど。
今回参加した理由を尋ねると、「狩猟の本を読んで、興味を持ったから」「お肉になるまでの過程を見てみたい」などさまざま。皆さんのやる気が伝わってきます。

解体3

解体4

外に出て、解体開始!講師・参加者全員で協力しながら作業をすすめます。
順番にナイフを使って皮をはぎ、丁寧に解体していくと、鹿の「お肉」になってきました。

解体5

解体6

解体した鹿肉をよく焼いて、みんなで試食。「初めて食べたけど美味しかった!」とお声をいただきました。
今回の体験で、いのちを頂いて生きていることを感じてもらえたのではないかと思います。
鹿肉は鹿の体重の約3割で、残りの7割はほとんどが捨てられてしまうとのことですが、
富士山環境展では、鹿骨や鹿皮など、肉以外の活用方法についても学ぶ機会を提供しています。
今後のイベントにもご期待ください。

ご参加いただきました皆さま、ありがとうございました!

お問い合わせ

富士山環境交流プラザ

〒418-0011 富士宮市粟倉1618番地の9

電話番号: 0544-59-0050

ファックス番号: 0544-59-0050

メール:fkk_plaza@city.fujinomiya.lg.jp

表示 : モバイル | パソコン

ページの先頭へ戻る