ここからサイトの主なメニューです
ここからページの本文です

LGBTについて(創宮vol20へ掲載されました)

2018年12月03日掲載

富士宮市では、だれもが自分らしく生き生きと暮らしてゆけるまちづくりの取り組みとして男女共同参画を推進していますが、「男」「女」の2つにすべての人が分けられる訳ではありません。LGBTを理解することは、すべての人が生きやすい社会へつながってゆきます。


家族のあり方や、仕事のあり方も多種多様になってきている昨今、性に関する人のあり方についても多様性が謳われています。
ふつうの定義づけが難しい今、皆さんの「ふつう」をあらためて見直してみませんか?

創宮vol20

創宮vol20創宮vol20「LGBTって何?」は、下記よりプリントアウトできます。

40人のうち3人、たとえば学校1クラスの中に3人は、セクシャルマイノリティの人がいるということになります。
まわりに「いない」のではなく、「気づいていない」だけかもしれません。
たくさんいるから普通で正しいという訳ではありません。少ないから不自然でまちがいということでもありません。
ひとりひとりみんな違いますが、みんなが正解だと思います。
「その人らしさ」を認めてお互いに尊重し合うことが、生きやすい社会づくりの第一歩となります。

※静岡県男女共同参画ポータルサイト「あざれあナビ」にあります「ねっとわぁく2018年10月発行 vol.71」も、併せてご参照ください。

お問い合わせ

市民部 市民交流課 女性が輝くまちづくり推進室

〒418-8601 静岡県富士宮市弓沢町150番地(市役所1階)

電話番号: 0544-22-1307

ファックス番号: 0544-22-1284

メール:koryu@city.fujinomiya.lg.jp

表示 : モバイル | パソコン

ページの先頭へ戻る