ここからサイトの主なメニューです
ここからページの本文です

「家族」フォトコンテスト

2018年06月01日掲載

「家族」や、「家族のような」存在について、その大切さやあたたかさを表す写真を募集します。(募集を終了しました。ご応募ありがとうございました。)

「家族」フォトコンテスト

「家族」フォトコンテスト

展示 及び 参加賞受け渡しについて

展示について
 以下のとおり、作品展示をしています。ご覧ください。
 平成30年8月13日(月)から平成30年8月17日(金)まで 市役所1階市民ホール(応募作品及び受賞作品)
 平成30年8月21日(火)から平成30年8月31日(金)まで イオンモール富士宮2階通路(主に受賞作品)

参加賞受け渡しについて
 富士宮市役所 市民交流課 女性が輝くまちづくり推進室 の窓口にお越しください。
 応募者の氏名、作品タイトル等を確認してお渡しします。

受賞作品紹介

お兄ちゃんになった

最優秀賞「お兄ちゃんになった」青野 有紀子 様

予想外に早く赤ちゃんが産まれ、上の子と離れてしまった入院生活。新生児室にならぶ赤ちゃんを見ながら、嬉しいような悲しいような、複雑な心境だったお兄ちゃん。ママと離れていた間、よく頑張ったね。

弟が生まれたよ。

優秀賞「弟が生まれたよ。」山本 晶子 様

助産院で家族に見守られながらの出産。生まれたての赤ちゃんを見て愛おしそうに微笑む長男に、なんとも幸せな気持ちが溢れてきました。

僕の定位置

優秀賞「僕の定位置」望月 紗矢香 様

大好きな人に囲まれて幸せそうな息子。そんな息子がみんなを幸せにしてくれる。

大好きなお姉ちゃん

優秀賞「大好きなお姉ちゃん」常井 晃代 様

大好きなお姉ちゃんの可愛いパジャマをもらいご満悦な弟と、そんな弟が可愛いお姉ちゃんとの2ショット!

こっつんこ、ぴったんこ。

企業特別賞 選:エリエールプロダクト株式会社
「こっつんこ、ぴったんこ。」鷹居 聖奈 様

母と娘2人の生活。イヤイヤ期の真っ最中に、気分転換にお外でご飯を食べた時の一枚。向き合うって苦しく思っていたけど、向かい合うのは心地よく、くすぐったい気分になりました。

その手の温もり

企業特別賞 選:株式会社旭紙工所
「その手の温もり」松山 大介 様

その手があるから、安心して冒険ができる娘。その手があるから、母として成長していく妻。そんな二人を見守る僕の幸せ。

認知症っておもしろい

企業特別賞 選:株式会社朝日鉄建
「認知症っておもしろい」向島 歩美 様

認知症になったら面白くなった父。面白がって、好きと笑いが沢山ある家族がここにいます。

じぃちゃんの宝箱

企業特別賞 選:株式会社ふじ観光プランニング
「じぃちゃんの宝箱」前嶋 沙希子 様

畑は子供達の遊び場であり学び場!大地の恵みとじぃちゃんの愛情を受けたピカピカのじゃがいも。笑顔の輪が広がる休日。「ママ、カレー作ろ!」大きな声が響きます。

家族・仲よく

企業特別賞 選:富士宮信用金庫
「家族・仲よく」土屋 貴幸 様

妻の誕生日に家族で撮った写真です。普段は、忙しく家族で食事をすることは、なかなか難しいのですが、久しぶりにゆっくりとした時間がもてました。我が家にとって宝ものの一枚です。

これからいっぱい遊ぼうね

企業特別賞 選:中央静岡ヤクルト販売株式会社
「これからいっぱい遊ぼうね」八木澤 優奈 様

5月にうまれたばかりの弟の面倒をたくさん見てくれるお姉ちゃん。
仲良しなふたりにほっこり。

表彰式を行いました

8月13日(月)、受賞者の皆様と協賛企業の代表の方々ご列席のもと、表彰式を行いました。

受賞者や協賛企業代表者等式典参加者の集合写真受賞者、協賛企業代表者、受賞者のご家族等式典参加者の集合写真

作品展示について

8月13日(月)から17日(金)まで、富士宮市役所1階の市民ホールにて、作品の展示を行っています。
じっくり題名・コメントと合わせて応募作品を味わってください。
カメラのファインダー越しに「家族」を見つめる撮影者の想いが伝わります。

受賞作品パネル展示

応募作品パネル展示

審査が終了しました(7月30日(月)追記)

審査の様子

 過日、応募作品について、審査を行い、賞を決定しました。
 審査員の方々は、ひとつひとつの写真と、それにつけられた題名やコメントを真剣に見つめていました。「いい作品が多いですね」「コメントがいいですね」などと意見交換をしながら、審査が進みました。
 なお、受賞者には8月上旬頃、応募時に記入した住所へ、その通知が届きますので、ご確認をお願いいたします。

募集を締め切りました。ご応募ありがとうございました。(7月24日(火)追記)

たくさんのご応募ありがとうございました。
この後、審査・集計の手続きを経て、受賞作品が決定されます。受賞された方へのご連絡は、8月上旬頃を予定しています。

また、参加賞は8月13日(月)以降、担当窓口でお渡しいたします。
適宜お越しくださいますようお願いいたします。

「家族」

 日々の家事や育児、会社への勤務、地域活動等々、様々な交わりのある社会の中でいきいきと活躍するために必要なこと、それは帰る場所があることだと思います。社会の中で、思い通りにいかないことに悲しみや怒り、悔しさを抱えたとき、帰る場所があれば、それはきっとリセットされて次へ向かうことができる。家族は、そんな帰る場所の一つではないでしょうか。時に厄介で、面倒で、自分を振り回す「家族」だけど、唯一、かけがえのない存在です。
 自分の「家族」への、感謝や、わくわくや、愛情などいろいろな気持ちを表す機会として、フォトコンテストにご参加ください。

「家族」フォトコンテストって?

「家族」のあたたかさ、大切さを表す写真を募集します。
「家族」とは、血縁関係だけにこだわらず、家族と同等のつながりを感じる人や動物も含むこととし、また、それに関連する物についての写真も応募対象とします。写真にまつわるエピソードとともに、ご応募ください。(詳細は以下募集要項のとおりです)

募集要項

テーマ 「家族」についての写真を募集します。
「家族」とは、血縁関係だけにこだわらず、家族と同等のつながりを感じる人や動物も含むこととし、また、それに関連する物についての写真も応募対象とします。
応募者について 富士宮市在住または在勤の方
応募作品について ・1人2点まで応募できます
・5メガ以下かつA4サイズ以下のもの(1点につき)
・未発表のものに限る(自身のウェブサイト、Facebook等に掲載したものや、審査のない写真展に出品したものは応募できます)

-注意事項-
応募に際し、肖像権の侵害等が生じないよう、被写体の承諾を得るなど、応募者本人の責任においてご確認ください。
応募作品の著作権は作者にありますが、使用権は富士宮市市民交流課が有し、加工も含め多目的に使用することがあります。
応募方法 電子申請/メール/窓口持込のいずれかから。応募作品に、以下の必要事項を添えてください。
〈必要事項〉
 作品題名
 写真へのコメント(100字以内)
 被写体との関係
 氏名
 住所
 連絡先(電話番号、メールアドレス)

窓口持込について:申込書をご利用ください。申込書は、以下に様式があり、担当窓口でも配布しています。
電子申請について:以下にリンクがあります。ただし、スマートフォンは利用できない場合があります。
応募期間 平成30年6月1日(金)から7月23日(月)まで
窓口持込は8時30分から17時00分まで
応募宛先 下記にある「電子申請」、「お問い合わせ」のとおり
最優秀賞(1点、副賞:お食事券1万円)
優秀賞(3点、副賞:お食事券5千円)
企業特別賞(6点、副賞:市内各企業から協賛品)
(1人につき1賞とする)

【電子申請またはメールでご応募した方限定】
参加賞(応募作品に記念デザインを入れた写真。8月13日以降、担当窓口にてお渡しします。)
発表・表彰・展示 表彰 平成30年8月13日(月)富士宮市役所にて
発表 表彰式以後、富士宮市役所ホームページなどで入賞作品発表
展示 市役所市民ホール(平成30年8月13日(月)から8月17日(金)まで)
   イオンモール富士宮(平成30年8月21日(火)から8月31日(金)まで)
   

協賛

エリエールプロダクト株式会社
株式会社旭紙工所
株式会社朝日鉄建
株式会社ふじ観光プランニング
中央静岡ヤクルト販売株式会社
富士宮信用金庫

以上6社(順不同)

電子申請

フォトコンテストちらし

お問い合わせ

市民部 市民交流課 女性が輝くまちづくり推進室

〒418-8601 静岡県富士宮市弓沢町150番地(市役所1階)

電話番号: 0544-22-1307

ファックス番号: 0544-22-1284

メール:koryu@city.fujinomiya.lg.jp

表示 : モバイル | パソコン

ページの先頭へ戻る