ここからサイトの主なメニューです
ここからページの本文です

感震ブレーカー設置に対する補助(令和4年度は終了)

2022年07月21日掲載

感震ブレーカー設置補助について掲載しています。※令和4年度の感震ブレーカー設置補助事業は終了しました。


富士宮市では、大規模地震発生時の通電火災を抑制し、市民の生命や財産を守ることを目的に、感震ブレーカーを設置する世帯に対し、その費用を一部補助します。

感震ブレーカーとは

感震ブレーカーとは、大規模な地震が発生した際、ブレーカーを自動的に落として電気を遮断し、停電復旧時に発生する電気火災を防ぎます。東日本大震災の火災発生件数のうち、原因が特定されたものの約6割が電気関係の出火でした。

補助の内容

対象者

  • 市内に住宅を所有する人、または市内の住宅に居住する人(ただし、賃貸目的の住宅への設置については、当該住宅の居住者に限る)
  • 既存の分電盤を分電盤タイプ(内蔵型)に替える人または分電盤タイプ(後付型)を設置しようとする人

※分電盤は、感震機能付住宅用分電盤(JWDS0007付2)の構造及び機能を有するもの

補助額

市内の電気工事業者が施工する感震ブレーカーの購入及び設置費用の3分の2以内、上限額2万5千円(1世帯につき1個限り)
※対象の経費は感震ブレーカーの機器費用と取付け工事費のみで書類の作成等の経費は対象外です。

申請期間・申請方法

必ず工事をする前に申請書を提出してください。
  1. 市内の電気工事店で感震ブレーカーの設置について相談
  2. 工事を依頼する前に、申請書などの必要書類一式を市役所危機管理局(地下1F)まで郵送または持参

詳しくは、下記「申請の流れ」をご覧ください。

申請書類等

お問い合わせ

危機管理局 危機管理担当

〒418-8601 静岡県富士宮市弓沢町150番地(市役所地下1階)

電話番号: 0544-22-1319

ファクス: 0544-22-1239

メール : bosai@city.fujinomiya.lg.jp

表示 : モバイル | パソコン

ページの先頭へ戻る