ここからサイトの主なメニューです
ここからページの本文です

産後ケア事業について

2020年04月01日掲載

出産直後のお母さんは、体も心も大きな変化にさらされる大変な時期です。産後ケア事業は、通所や宿泊で、助産師がお母さんと赤ちゃんをサポートする事業です。

産後ケア事業

産後ケア事業の対象者は、富士宮市に住民票がある生後4か月未満の赤ちゃんとお母さんで、下記に該当する方です。
ただし、お母さんや赤ちゃんに医療行為が必要な場合は、産後ケア事業は利用できません。

  1. お母さんの身体回復や育児に不安があり、保健指導を必要とする方
  2. その他、産後の経過に応じた休養や栄養の管理など、日常の生活面について保健指導を必要とする方

内容

  1. 母親の健康管理
  2. 適切な授乳ができるためのケア
  3. 赤ちゃんの健康に関する指導、育児相談
  4. その他必要な保健指導

利用期限、自己負担額

宿泊型

助産所に宿泊して利用します。
利用期限:7泊まで
自己負担額:1泊あたり10,800円
多胎児の場合、児1人1泊あたり2,700円を追加
※利用料金は富士宮市で負担した残りを、自己負担金としてお支払いいただきます

通所型

助産所に通所して利用します。
利用期限:8日まで
自己負担額:1日あたり5,000円(1日8時間まで)
多胎児の場合、児1人1日あたり1,350円を追加
※利用料金は富士宮市で負担した残りを、自己負担金としてお支払いいただきます

共通の注意事項

利用の申請及び決定

利用を希望する方は、下記施設に予約後、母子健康手帳と認め印を持参して富士宮市保健センターへ来所し、申請書を記入していただきます。事業の利用が認められると後日利用決定通知書を交付します。通知が届いてからの利用となりますので、早めの申請をお願いします。利用してからの申請はできません。事前の申請となっています。
申請がお済みの方で下記の方は、保健センターと利用施設に、早急に電話等で確定した利用日を知らせてください。
○出産予定日を根拠に利用日を申請した方
○利用希望日に変更がある方
○利用をキャンセルする方
*利用後に連絡いただいた場合は事業の対象としての対応はできません。
*利用のキャンセルについては実施施設からキャンセル料が発生することもあります。トラブルとならないよう利用施設に事前の確認と早めの連絡をお願いします。

実施施設

施設名 所在地・連絡先 種類
城山助産院 富士宮市若の宮町201
0544-24-0754
宿泊型・通所型
エス・アール・ハウス 富士宮市小泉2391-24
0544-22-3065
宿泊型
あお助産院 富士宮市山宮11-11
080-8050-8007
通所型
菜桜助産所 富士市宮島1062-8
0545-63-1608
宿泊型・通所型
富士母乳育児相談室 富士市瓜島町137番地 
メゾン瓜島Ⅽ-102
0545-67-5854
通所型

間違い電話が多発しています。

間違い電話は相手の方に多大なご迷惑がかかってしまいます。電話をかける際には電話番号をよくお確かめください。万一かけ間違いをしてしまった時は、相手の方に十分なご配慮をお願いします。

お問い合わせ

保健福祉部 健康増進課 母子保健係

〒418-0005 静岡県富士宮市宮原12番地の1

電話番号: 0544-22-2727

ファックス番号: 0544-28-0267

メール:kenko@city.fujinomiya.lg.jp

表示 : モバイル | パソコン

ページの先頭へ戻る