ここからサイトの主なメニューです
ここからページの本文です

廃棄物(ごみ)の屋外での焼却は法律で禁止されています!

2018年01月15日掲載

近頃、ごみの屋外での焼却についての苦情が頻繁に寄せられます。
ごみの屋外での焼却は、廃棄物の処理及び清掃に関する法律により、一部の例外を除き禁止されています。
悪質な事案については、5年以下の懲役、1,000万円以下の罰金のいずれか、または両方が科せられます。
よりよい生活環境をつくるために、皆様の御理解と御協力をお願いします。

◯ごみはルールを守って処理しましょう!

家庭及び事業所から出されるごみは、原則下記のルールを守って処理してください。

家庭から出るごみ

 ごみの種類ごとに分別し、富士宮市の指定袋に入れて、指定されたゴミ出しの日に指定された集積場所又は清掃センターに搬入してください。
 また、剪定枝につきましては、直径5cm以下のものは、1m以内の長さに切ってもらい束ねれば、可燃ごみとして出すことができます。直径5cmを超えるものについては、直径25㎝までのものは、1m以内の長さに切ってもらえば、清掃センターにて無料で引き取りができます。

事業所から出るごみ(一般廃棄物に限る)

許可業者に処理を委託するか、事業者自ら清掃センターに搬入してください。

◯焼却禁止の例外について

廃棄物の焼却について、限られた場合のみ認められることがあります。
 例外行為とはいっても、あくまでも臭いや煙が近隣に迷惑がかからないことが前提となります。

・災害の予防や応急対策、復旧のために必要な廃棄物の焼却
・風俗慣習上や宗教上の行事のための廃棄物の焼却
・農業、林業を営むためにやむを得ない廃棄物の焼却
 →焼却は最小限度の量に抑える。
 →十分に乾燥させてから焼却する。
 →作業をする前に近所に知らせておく。
・日常生活を営む上で行われる廃棄物の焼却で軽微なもの

 例外的に認められる事例でもマナーは守りましょう!

お問い合わせ先

〒418ー8601
静岡県富士宮市弓沢町150番地
富士宮市役所本庁舎4階
富士宮市環境部生活環境課
環境保全係 (野焼きに関すること)   TEL0544-22-1151 FAX0544-22-1207  
廃棄物対策係(ごみ処理に関すること)  TEL0544-22-1137 FAX0544-22-1207
Mail:kankyo@city.fujinomiya.lg.jp

表示 : モバイル | パソコン

ページの先頭へ戻る