ここからサイトの主なメニューです
ここからページの本文です

令和元年度富士宮男女共同参画フォーラム

2020年04月01日掲載

令和元年度に開催した富士宮男女共同参画フォーラムについて掲載しています。


富士宮市男女共同参画プランの主旨により、女性も男性もお互いにその人権を尊重しつつ責任も分かち合い、性別にかかわりなくその個性と能力を発揮することができる「男女共同参画社会」の実現に向けて、市民参加型の「富士宮男女共同参画フォーラム」を開催しています。

令和元年度 第21回 富士宮男女共同参画フォーラム

第21回富士宮男女共同参画フォーラムは、「お互いの 背中を押して 共同作業 楽しもう」をテーマに
令和2年2月2日(日)に開催しました。

多数のご来場ありがとうございました。

基調講演会は「女房に捨てられないための中年力」の著書で知られている医学博士で大阪大学人間科学研究科・未来共創センター招へい教授の石蔵文信さんに、「『夫源病』『妻源病』~もっと楽にやっていける夫婦関係って?~」と題してご講演をいただきました。

講師 石蔵 文信 さん講師 石蔵 文信 さん

20年前から男性更年期外来をやっており、カウンセリングに来る人は50代の働き盛りや定年退職した人が多い。
鬱病の治し方は、自分の人生観を切り替えてもらうのがコツ。
治った方は鬱病になってよかったかもしれないという人が多い。

外来に来る男性に、心配した妻がついてくる。二人で診察をします。
夫は真面目で几帳面で細かい事に気が付くので、会社のストレスでやられる。
家でもそうなので妻には煙たがられる。治していくと細かい事は言わなくなる。
妻は良妻賢母で嫌なことはこらえる人が多い。細かい事を言われるのが嫌だ。

二人でカウンセリングすると、5分から10分で夫が怒り出す。
大喧嘩をするが言いたいことを言えるようになったら治ります。
これが「夫源病」です。

夫が定年退職すると妻が「亭主在宅症候群」になってしまう。
妻の血圧が急に上がる、頭痛が激しくなる、胸が苦しくなる、全身に痛みを感じる。
夫が3日間くらい旅行に行くと症状がない。自分の実家に帰ると楽になる。
夫と一緒にいると妻の体がもたないということです。

「卒婚」とは、互いに干渉せず自由に生きること。
別居する場合もしない場合もあるが婚姻関係は維持します。
家庭内別居との違いは、家庭内別居がゆくゆくは離婚となるが、「卒婚」は程よい距離間を保つそうです。
57パーセントの妻が60歳代にしたい。
まさしく、60歳になったら距離をおいて生活しましょう。

基調講演の様子基調講演の様子

石蔵 文信さん 心に響くご講演をいただき誠にありがとうございました。
フォーラムでは基調講演のほか、センター利用登録団体の皆さんのはつらつとしたステージ発表やパネル展示も行いました。

R1フォーラムチラシ おもて

R1フォーラムチラシ うら

利用団体ブース各利用団体さんの展示ブースです

利用団体パネル利用団体さんの活動展示パネルです

利用団体ブース多数のご来場をいただき、ありがとうございました。

R1フォーラムチラシ 会場案内図R1フォーラムチラシ 会場案内図

フォーラム実行委員

フォーラム実行委員

フォーラム実行委員の皆さま、企画・準備・本番まで長きに亘り、本当にありがとうございました。

Adobe Reader

マークが付いているページをご覧いただくには“Adobe Reader”が必要です。
最新版のダウンロードはこちらのWebサイトよりお願いいたします。

お問い合わせ

男女共同参画センター(市民部 市民交流課)

〒418-0005 静岡県富士宮市宮原7番地の1

電話番号: 0544-22-0341

ファクス: 0544-22-0326

メール : koryu@city.fujinomiya.lg.jp

表示 : モバイル | パソコン

ページの先頭へ戻る