ここからサイトの主なメニューです
ここからページの本文です

野生のサルに遭遇した時は

2018年04月24日掲載

野性のサルに遭遇してしまった場合の注意事項について掲載しています。


市内では、野生のサルが目撃されることがあります。サルは通常こちらが刺激しない限り、襲ってくることはまずありません。もし、不意に遭遇しても、急に動いたり、大声を出したりするのはやめましょう。落ち着いて、静かに行動してください。
万が一、遭遇してしまった場合は次のことに気をつけましょう。

大声を出さない

急に大声を出すと、興奮し、人に危害を加える場合があります。

目を合わさない・近寄らない

目を合わせると威嚇されたと思い、不意に襲われることがあります。目を合わせずにサルの方を向きながら、背中を見せないようにして静かに後ずさりし、その場から離れましょう。

エサを与えない、見えるところに置かない

人里に定着しないように、エサを与えたり、ゴミや食べ物を外に放置しないでください。
捨てられた果物・農作物、お墓のお供え物、生ゴミなどが野生動物にとってはご馳走です。

追い払う

人里は怖いものだと教えるために、可能ならば近隣の皆さんで協力して、大きな音を出したり、爆竹やロケット花火等を使用して追い払いましょう。ただし、絶対に無理はしないでください。

お問い合わせ

産業振興部 農業政策課 林業係

〒418-8601 静岡県富士宮市弓沢町150番地(市役所4階)

電話番号: 0544-22-1153

ファックス番号: 0544-22-1207

メール:nosei@city.fujinomiya.lg.jp

表示 : モバイル | パソコン

ページの先頭へ戻る