ここからサイトの主なメニューです
ここからページの本文です

学校給食センターの給食紹介

2018年02月01日掲載

富士宮市立学校給食センターの給食を紹介します。

全国学校給食週間

1月24日から30日は全国学校給食週間です。
富士宮市の学校給食では、1月23日から1月30日にかけて富士宮の日やふるさと給食、人気メニュー等を取り入れた献立を実施しました。

Aコース30日、Bコース26日、中コース29日

・牛乳 ・ソフトめん ・ミートソース・海藻サラダ ・りんご・牛乳 ・ソフトめん ・ミートソース・海藻サラダ ・りんご

 学校給食週間最終日は、月に1~2回登場する麺の日です。麺は人気メニューの一つで、今日のようなソフト麺の他に、中華麺があります。麺をおいしく食べてもらえるよう、ラーメンスープやうどんつゆなど色々な献立を考えています。今日は、にんにくやセロリ、玉葱をじっくり炒め、香りや甘みが出るように調理したミートソースです。

りんごを包丁で切る様子りんごを包丁で切る様子

また、今日のりんごは、給食センターで1つ1つ包丁で切っています。今日は、約650個のりんごを、4人の調理員さんで切りました。

Aコース29日、Bコース30日、中コース26日

・ごはん ・牛乳 ・しらすがんも ・小松菜の胡麻和え ・かき玉汁・ごはん ・牛乳 ・しらすがんも ・小松菜の胡麻和え ・かき玉汁

 学校給食週間5日目は、高校生による和の給食コンテストで最優秀賞を受賞した「ふわふわ地域がんも」を給食に取り入れました。主菜のしらすがんもには、ひじきやさくらえび、ちりめんなど、静岡県産の食材がたくさん入っています。今日は給食センターで1つ1つ手作りしました。高校生がみなさんのために考えてくれました。おいしくいただきましょう。

しらすがんもをフライヤーに入れる様子しらすがんもをフライヤーに入れる様子

Aコース26日、Bコース29日、中コース30日

・ごはん ・牛乳 ・和風おろしハンバーグ  ・ちりめんいり金平ごぼう ・さつまいもと豆腐のみそ汁・ごはん ・牛乳 ・和風おろしハンバーグ ・ちりめんいり金平ごぼう ・さつまいもと豆腐のみそ汁

 学校給食週間4日目は、宮っ子オリジナル朝食コンクールで特別賞を受賞した、富士根南中学校1年生、白石杏梨さんが考えた「ちりめん入りきんぴらごぼう」を給食に取り入れました。白石さんが考えたこの献立のポイントを紹介します。「富士宮産の野菜と、静岡県産のちりめんを使いました。細かく刻めばご飯に入れて食べることもできます。」とのことです。家庭でも簡単に作ることができる、朝ごはんにぴったりの献立です。

Aコース25日、Bコース23日、中コース24日

・山型パン ・いちごジャム ・牛乳 ・冬野菜のクリームシチュー ・白身魚のアーモンド揚げ ・イタリアンサラダ・山型パン ・いちごジャム ・牛乳 ・冬野菜のクリームシチュー・白身魚のアーモンド揚げ ・イタリアンサラダ

 学校給食週間3日目は、人気献立の、ブロッコリーやカリフラワーなどの冬野菜が入ったクリームシチューです。クリームシチューのような煮込み料理やとろみのついた汁物は、冷めにくく体を温めてくれるため、寒い冬にぴったりの献立です。給食でも寒い季節には体が温まるメニューを積極的に取り入れています。

Aコース24日、Bコース25日、中コース23日

・ごはん ・牛乳 ・虹鱒の一夜干し ・キャベツと油揚げの炒め煮 ・宮汁 ・納豆・ごはん ・牛乳 ・虹鱒の一夜干し ・キャベツと油揚げの炒め煮 ・宮汁 ・納豆

学校給食週間2日目は、「富士宮の日」の献立です。今日の給食に使用されている、富士宮産の食材と生産者を紹介します。
【ごはん】・・・富士宮産ブランド米コシヒカリ「う宮米」
【牛乳】・・・富士宮産、静岡県内産
【虹鱒の一夜干し】・・・猪之頭または淀師地区の養鱒場で育った虹鱒
【宮汁】
豚肉・・・根原 富士あさぎり農場で育った豚
里芋・・・万野原新田 笹原正敏さん
大根・・・外神 龍田純忠さん
葉ねぎ・・村山 金森秀吉さん
※豆腐は静岡県内産大豆を使用しています。
【キャベツと油揚げの炒め煮】
キャベツ・・北山 西山昌徳さん
※ほうれん草は富士市産です。
【納豆】・・・静岡県内産大豆を使用

Aコース23日、Bコース24日、中コース25日の献立の紹介

・ごはん ・牛乳 ・豚すき煮 ・切り干し大根とツナの和風サラダ ・みかん・ごはん ・牛乳 ・豚すき煮 ・切り干し大根とツナの和風サラダ ・みかん

 学校給食週間1日目は、静岡県の食材をたくさん使用した「ふるさと給食の日」です。静岡県の食材を知り、味わってほしいという思いから、月に1度ふるさと給食を取り入れています。今日は、豚すき煮の豚肉、白菜、根深ねぎとサラダのツナ、ほうれん草、みかんが静岡県内産です。

平成29年7月

Aコース21日、Bコース20日の献立の紹介

・りんごチップロールパン ・牛乳 ・チーズオムレツ ・ラタトゥイユ ・野菜スープ・りんごチップロールパン ・牛乳 ・チーズオムレツ ・ラタトゥイユ ・野菜スープ

 ラタトゥイユは、南フランスの料理です。なす、ピーマン、ズッキーニなどの夏野菜をにんにくとオリーブオイルで炒めて、トマトを加えて煮込みます。今日は、ラタトゥイユそのままでも、チーズオムレツと一緒に食べてもおいしく食べられます。

A中コース20日、Bコース21日の献立の紹介

・ご飯 ・牛乳 ・ハンバーグ照り焼きソース(小学校) ・太刀魚の竜田揚げ(中学校) ・ごぼうサラダ ・豆腐のすまし汁・ご飯 ・牛乳 ・ハンバーグ照り焼きソース(小学校) ・太刀魚の竜田揚げ(中学校) ・ごぼうサラダ ・豆腐のすまし汁

 日本では、昔からだしを上手に利用して、料理をしてきました。だしとは、魚や肉、野菜などを煮出したり、水につけたりして作ったうま味成分がたっぷり入った汁のことです。給食では、かつお節と昆布を使い、じっくり時間をかけてだしをとっています。

Aコース19日、Bコース14日、中コース18日の献立の紹介

・ロールパン ・牛乳 ・パンプキンポタージュ  ・タンドリーチキン ・コーンソテー・ロールパン ・牛乳 ・パンプキンポタージュ ・タンドリーチキン ・コーンソテー

 かぼちゃは、カロテンが豊富な緑黄色野菜です。かぼちゃは冬に食べることも多いですが、たくさんとれるのは今の時期です。
 また、今日のタンドリーチキンは、塩・こしょう・トマトケチャップ・白ワイン・ヨーグルト・カレー粉と様々な調味料を使い、給食センターで下味付けをしました。ヨーグルトを入れると、お肉が柔らかくなり、カレー粉は暑い時期にも食欲が沸く調味料です。

Aコース18日、Bコース19日、中コース14日の献立の紹介

・麦ご飯 ・牛乳 ・麻婆豆腐 ・春雨サラダ ・オレンジ・麦ご飯 ・牛乳 ・麻婆豆腐 ・春雨サラダ ・オレンジ

 もうすぐ夏休みです。夏を元気に過ごすためには、食事をきちんととることが大切です。今日の麻婆豆腐のような辛味や、春雨サラダの酢の酸味は、暑くて食欲がない時に食欲を増してくれます。また、今日は、今が旬のなすを麻婆豆腐に取り入れました。
学校からは、暑い日でも、麻婆丼にして子どもたちがよく食べたという声がたくさん届きました。

Aコース14日、Bコース18日、中コース19日の献立の紹介

・ご飯 ・牛乳 ・虹鱒の一夜干し ・キャベツともやしの胡麻和え ・宮汁 ・お米のムース・ご飯 ・牛乳 ・虹鱒の一夜干し ・キャベツともやしの胡麻和え ・宮汁 ・お米のムース

「富士宮の日」の献立です。今日の給食に使用されている、富士宮産の食材と生産者を紹介します。
【ご飯】富士宮産ブランド米 う宮米(うみゃ~こめ)
【牛乳】 富士宮産、静岡県内産
【虹鱒の一夜干し】 虹鱒・・・猪之頭または淀師の養鱒場で育った虹鱒
【キャベツともやしの胡麻和え】キャベツ・・・粟倉 深澤大史さん
【宮汁】 
 豚肉・・・根原 富士あさぎり農場で育った豚
 にんじん・・・杉田 渡辺靖さん(14,18日)
 じゃがいも・・・下柚野 平野達也さん(14日)
 豆腐・・・市内の豆腐屋さんで製造
 葉ねぎ・・・村山 金森秀吉さん
【お米のムース】富士宮産ブランド米 う宮米(うみゃ~こめ)使用
「富士宮の日」は、富士宮産の食材を知り、その食材に親しみを持ち、味わうことを目的に、平成16年から始まった取り組みです。
毎月の「富士宮の日」のご飯は、富士宮産ブレンド米こしひかり「う宮米(うみゃ~こめ)」を使用しています。さらに、今日はお米のムースにも、「う宮米(うみゃ~こめ)」を使用しています。

Aコース13日、Bコース11日、中コース12日の献立の紹介

・黒糖ロールパン ・牛乳 ・鮭のチーズカップ焼き  ・ミネストローネ ・フルーツミックスナタデココ・黒糖ロールパン ・牛乳 ・鮭のチーズカップ焼き ・ミネストローネ ・フルーツミックスナタデココ

 ミネストローネは、イタリアの具だくさんの野菜スープです。日本のみそ汁のように、各家庭で具材や味が異なり、イタリアの家庭料理として親しまれています。今日は、旬のズッキーニなど、多くの野菜を取り入れ、野菜のうまみや甘みが出るように時間をかけて煮込みました。

Aコース12日、Bコース13日、中コース11日の献立の紹介

・ご飯 ・牛乳 ・豚肉と野菜の味噌炒め ・かき玉汁 ・ミニトマト・ご飯 ・牛乳 ・豚肉と野菜の味噌炒め ・かき玉汁 ・ミニトマト

 ミニトマトは、今が旬の夏野菜のひとつです。静岡県内では、伊豆の国市でミニトマトがたくさん生産され、今日の給食でも使用しました。  トマトの赤色のもとになる「リコピン」には、様々な病気を引き起こす原因となる活性酸素を体から消す働きがあります。リコピンは油に溶ける性質があり、油と一緒に食べると吸収がよくなるので、今日の献立のように、油で調理した豚肉と野菜の味噌炒めと一緒に食べるといいですね。

Aコース11日、Bコース12日、中コース13日の献立の紹介

・梅ちりご飯 ・牛乳 ・鯵の甘酢あんかけ ・キャベツの塩昆布和え ・鶏ごぼう汁・梅ちりご飯 ・牛乳 ・鯵の甘酢あんかけ ・キャベツの塩昆布和え ・鶏ごぼう汁

 鯵は、味が良いことからその名前がついたとも言われる、夏が旬の魚です。鯵のように、背の青い魚の脂は、血液をさらさらにしてくれる働きや、頭の働きを良くしてくれる働きがあります。今日は、暑い夏でもさっぱりと食べられるように、竜田揚げにした鯵に、給食センターで手作りをした甘酢あんをかけました。

Aコース10日、Bコース6日、中コース7日の献立の紹介

・角食パン ・ブルーベリージャム ・牛乳 ・鶏肉の唐揚げレモン醤油かけ ・きゅうりとコーンのサラダ ・ジュリエンヌスープ・角食パン ・ブルーベリージャム ・牛乳 ・鶏肉の唐揚げレモン醤油かけ ・きゅうりとコーンのサラダ ・ジュリエンヌスープ

 ジュリエンヌとは、フランス語で、細い糸状に切ったものという意味です。日本語の千切りと同じ意味です。今日は、キャベツやにんじんなど、千切りにした野菜がたっぷり入ったスープです。  また、鶏肉の唐揚げは、暑い夏でもさっぱりと食べられるように、給食センターで手作りした、レモン醤油のたれをかけました。

Aコース7日、Bコース10日、中コース6日の献立の紹介

・ごはん ・牛乳 ・鯖のおろしたれかけ ・海藻サラダ ・冬瓜のみそ汁・ごはん ・牛乳 ・鯖のおろしたれかけ ・海藻サラダ ・冬瓜のみそ汁

 冬瓜は、今、たくさんとれておいしい旬の野菜です。冬瓜は、熟すと皮がかたくなり、切らずに10度前後の場所に置いておくと、冬まで貯蔵できるほど長期保存ができるため「冬瓜」といいます。冬瓜には、水分が多く体を冷やしたり、ビタミンCが多く夏の暑さに耐え、暑さのストレスから体を守ったりする働きがあります。今日は、浜松市産の冬瓜をたっぷり使用した冬瓜のみそ汁でした。

Aコース6日、Bコース7日、中コース10日の献立の紹介

・ごはん ・牛乳 ・野菜の煮物 ・厚焼き玉子 ・さくらんぼ・ごはん ・牛乳 ・野菜の煮物 ・厚焼き玉子 ・さくらんぼ

 さくらんぼは、6月から7月が旬の果物です。とれたてのさくらんぼは、今しか食べることができません。また、傷みやすくとても繊細な果物であるため、給食センターでは、3日間で合計約28,000個のさくらんぼを丁寧に洗い、数え、学校に届けました。

表示 : モバイル | パソコン

ページの先頭へ戻る