ここからサイトの主なメニューです
ここからページの本文です

高額療養費について

2018年08月01日掲載

1か月間に医療機関の窓口で支払った金額が一定以上ある場合、高額療養費として払い戻されます。

高額療養費の支給について

高額療養費限度額について

1か月の自己負担額が高額になった場合は、申請をして認められると、自己負担限度額を超えた額が払い戻されます。

平成30年7月31日まで

区分 自己負担限度額(月額) 外来(個人ごと) 自己負担限度額(月額) 外来+入院(世帯単位)
現役並み 57,600円 80,100円+(医療費-267,000円)×1% (多数回該当 44,400円)※1
一般 14,000円  (年間上限額 144,000円)※2 57,600円  (多数回該当 44,400円)※1
区分2 8,000円 24,600円
区分1 8,000円 15,000円

平成30年8月1日から

区分 自己負担限度額(月額)
外来(個人ごと)
自己負担限度額(月額)
外来+入院(世帯単位)
現役並み3(課税所得690万円以上) 252,600円+(医療費-842,000円)×1% (多数回該当 140,100円)※1 252,600円+(医療費-842,000円)×1% (多数回該当 140,100円)※1
現役並み2(課税所得380万円以上)※3 167,400円+(医療費-558,000円)×1% (多数回該当 93,000円)※1 167,400円+(医療費-558,000円)×1% (多数回該当 93,000円)※1
現役並み1(課税所得145万円以上)※3 80,100円+(医療費-267,000円)×1% (多数回該当 44,400円)※1 80,100円+(医療費-267,000円)×1% (多数回該当 44,400円)※1
一般 18,000円  (年間上限額 144,000円)※2 57,600円  (多数回該当 44,400円)※1
低所得2 ※4 8,000円 24,600円
低所得1 ※4 8,000円 15,000円

※1…過去12ヶ月以内に「外来+入院」の限度額を超えた支給が年4回以上該当した場合の4回目以降の額が     ( )内の金額になります。
※2…8月1日から翌年7月31日までの1年間の上限額です。
※3…現役並み1・2の区分の世帯は限度額適用認定証の交付が可能です。
※4…低所得1・2の区分の世帯は減額認定証の交付が可能です。

75歳年齢到達月の高額療養費限度額について

月の途中で75歳を迎えることにより後期高齢者医療制度に加入する人は、その誕生月に限り、「誕生日以前の医療保険」と「後期高齢者医療制度」のそれぞれの自己負担限度額が半額になります。ただし各月1日生まれの方は除きます。

区分:現役並み3(課税所得690万円以上) 自己負担限度額(月額)

外来(個人ごと) 外来+入院(個人合算) 外来+入院(世帯単位)
126,300円+(医療費-421,000円)×1% 126,300円+(医療費-421,000円)×1% 252,600円+(医療費-842,000円)×1%

区分:現役並み2(課税所得380万円以上) 自己負担限度額(月額)

外来(個人ごと) 外来+入院(個人合算) 外来+入院(世帯単位)
83,700円+(医療費-279,000円)×1% 83,700円+(医療費-279,000円)×1% 167,400円+(医療費-558,000円)×1%

区分:現役並み1(課税所得145万円以上) 自己負担限度額(月額)

外来(個人ごと) 外来+入院(個人合算) 外来+入院(世帯単位)
40,050円+(医療費-133,500円)×1% 40,050円+(医療費-133,500円)×1% 80,100円+(医療費-267,000円)×1%

区分:一般 自己負担限度額(月額)

外来(個人ごと) 外来+入院(個人合算) 外来+入院(世帯単位)
9,000円 28,800円 57,600円

区分:低所得2 自己負担限度額(月額)

外来(個人ごと) 外来+入院(個人合算) 外来+入院(世帯単位)
4,000円 12,300円 24,600円

区分:低所得1 自己負担限度額(月額)

外来(個人ごと) 外来+入院(個人合算) 外来+入院(世帯単位)
4,000円 7,500円 15,000円

申請受付

高額療養費算出後、「高額療養費支給申請書」が郵送されますので、保険年金課へ書類を提出してください。

手続きに必要なもの

  • 本人の個人番号確認書類(個人番号カード、通知カードなど)
  • 手続きする人の本人確認書類(個人番号カード、運転免許証など)
  • 預金通帳
  • 被保険者証
  • 印鑑(認印)
  • 委任状(被保険者以外の口座に振り込む場合)
  • 相続人代表者に関する届(被保険者が死亡の場合)

支給日について

原則的に支給日は、申請受付後の翌月末日となります。(末日が土日祝祭日の場合は前日となります。)

限度額適用認定証について

現役並み1・2の区分に該当される方は、「限度額適用認定証」を医療機関の窓口で提示することで、同一月内の医療機関等ごとの窓口負担を自己負担限度額までに抑えることができます。(ただし、「限度額適用認定証」を提示しなくても、自己負担限度額を越えて支払われた額は高額療養費として支給されます。)

手続きに必要な物

  • 本人の個人番号確認書類(個人番号カード、通知カードなど)
  • 手続きする人の本人確認書類(個人番号カード、運転免許証など)
  • 印鑑
  • 被保険者証

減額認定証について

低所得1・2の区分に該当される方は「減額認定証」を医療機関の窓口で提示することで、同一月内の医療機関等ごとの窓口負担を自己負担限度額までに抑えることができます。(ただし、「減額認定証」を提示しなくても、自己負担限度額を越えて支払われた額は高額療養費として支給されます。)

手続きに必要な物

  • 本人の個人番号確認書類(個人番号カード、通知カードなど)
  • 手続きする人の本人確認書類(個人番号カード、運転免許証など)
  • 印鑑
  • 被保険者証

Adobe Reader

マークが付いているページをご覧いただくには“Adobe Reader”が必要です。
最新版のダウンロードはこちらのWebサイトよりお願いいたします。

お問い合わせ

市民部 保険年金課 後期高齢者保険係

〒418-8601 静岡県富士宮市弓沢町150番地(市役所1階)

電話番号: 0544-22-1482

ファックス番号: 0544-28-1351

メール:hoken@city.fujinomiya.lg.jp

表示 : モバイル | パソコン

ページの先頭へ戻る