ここからサイトの主なメニューです
ここからページの本文です

保険料の軽減

2018年04月01日掲載

後期高齢者医療制度の保険料は、所得が低い方などは軽減されます。

所得が低い方の軽減措置

均等割額の軽減措置

同一世帯内の被保険者及び世帯主の軽減判定の総所得金額等の合計額が以下に定める金額を超えないとき、均等割額が軽減されます。

【平成30年度】

金額 軽減の内容
「基礎控除額(33万円)+50万円×世帯の被保険者数」を超えないとき 2割軽減(均等割額32,300円)
「基礎控除額(33万円)+27.5万円×世帯の被保険者数」を超えないとき 5割軽減(均等割額20,200円)
「基礎控除額(33万円)」を超えないとき 8.5割軽減(均等割額6,600円)
均等割8.5割軽減を受ける世帯のうち、後期高齢者医療制度の被保険者全員が、年金収入80万円以下でその他各種所得がないとき 9割軽減(均等割額4,000円)

【平成29年度】

金額 軽減の内容
「基礎控除額(33万円)+49万円×世帯の被保険者数」を超えないとき 2割軽減(均等割額31,600円)
「基礎控除額(33万円)+27万円×世帯の被保険者数」を超えないとき 5割軽減(均等割額19,700円)
「基礎控除額(33万円)」を超えないとき 8.5割軽減(均等割額5,900円)
均等割8.5割軽減を受ける世帯のうち、後期高齢者医療制度の被保険者全員が、年金収入80万円以下でその他各種所得がないとき 9割軽減(均等割額3,900円)

所得割額の軽減措置 ※本来軽減はありませんが、特例措置がとられていました。

【平成30年度】 今年度からなくなります。 

【平成29年度】 2割軽減

【対象者】
所得割額を負担する人のうち、基礎控除後の総所得金額等が58万円以下(年金収入のみの人は、その額が、153万円から211万円以下)の人
※障害認定により被保険者となった65歳の人で、年金収入のみの場合は、その額が103万円からおおむね171万円以下の人が対象です。

被扶養者の軽減措置 ※本来は5割ですが、特例措置がとられていました。

【平成30年度】
保険料の均等割額が5割軽減され、所得割額はかかりません。※平成31年度からは、資格取得から2年を経過するまでの間に限る。
【平成29年度】
保険料の均等割額が7割軽減され、所得割額はかかりません。

【対象者】
被保険者の資格を取得した日の前日において、全国健康保険協会(旧政府管掌健康保険)や会社の健康保険組合、公務員の共済組合等、いわゆる「サラリーマン」の健康保険の被扶養者であった人

お問い合わせ

市民部 保険年金課 後期高齢者保険係

〒418-8601 静岡県富士宮市弓沢町150番地(市役所1階)

電話番号: 0544-22-1482

ファックス番号: 0544-28-1351

メール:hoken@city.fujinomiya.lg.jp

表示 : モバイル | パソコン

ページの先頭へ戻る