ここからサイトの主なメニューです
ここからページの本文です

(定期接種)成人用肺炎球菌

2017年04月01日掲載

成人用肺炎球菌の定期予防接種について掲載しています。

対象年齢

富士宮市の住民登録をしており、自ら接種を希望する(1)(2)の方
(1)下記の生年月日の範囲内にある方
65歳   :昭和27年4月2日~昭和28年4月1日生まれ
70歳   :昭和22年4月2日~昭和23年4月1日生まれ
75歳   :昭和17年4月2日~昭和18年4月1日生まれ
80歳   :昭和12年4月2日~昭和13年4月1日生まれ
85歳   :昭和7年4月2日~昭和8年4月1日生まれ
90歳   :昭和2年4月2日~昭和3年4月1日生まれ
95歳   :大正11年4月2日~大正12年4月1日生まれ
100歳   :大正6年4月2日~大正7年4月1日生まれ

(2)接種時に60歳以上65歳未満の方で、次のいずれかの障害で身体障がい者手帳1級相当
心臓、腎臓または呼吸器の機能の障害、ヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能障害

ただし、過去に成人用(任意接種)肺炎球菌ワクチン「ニューモバックス」の接種を受けたことがある方は対象になりません。

なお、上記対象に該当していない場合でも、接種時に66歳以上の方については、肺炎球菌ワクチン接種費用の助成を行っています。

実施期間

平成29年4月から平成30年3月31日まで

自己負担金

実施期間内で1回のみ3,240円で受けられます(生活保護受給者は無料です)。

実施医療機関

成人用肺炎球菌ワクチン接種の効果

成人用肺炎球菌ワクチンが十分な効果を維持する期間は5年とされています。

副反応

重大な副反応としてまれにショック、アナフィラキシー様症状(じんましん、呼吸困難、血管浮腫等)があらわれることがあり、そのほとんどは接種後30分以内に生じます。その他、 血小板減少、知覚異常、ギランバレー症候群等の急性神経根障害、蜂巣炎・蜂巣炎様反応ギランバレー症候群、等の報告があります。その他の副反応では全身症状として倦怠感、違和感、悪寒、発熱等、局所症状として疼痛、熱感、腫脹、発赤、硬結等を認めることがあります。
接種後24時間は副反応の出現に注意し観察します。特に接種直後の30分以内は健康状態の変化に注意します。接種後1時間を経過すれば入浴は差し支えありません。接種後は接種部位を清潔に保ち、過激な運動、大量の飲酒は、それ自体で体調の変化をきたす恐れがあるので、接種後24時間は避けるようにします。接種後、接種部位の異常反応や体調変化を訴える場合は速やかに医師の診察を受けます。医師の診察を受けたときは、速やかに富士宮市健康増進課に連絡してください。

Adobe Reader

マークが付いているページをご覧いただくには“Adobe Reader”が必要です。
最新版のダウンロードはこちらのWebサイトよりお願いいたします。

間違い電話が多発しています。

間違い電話は相手の方に多大なご迷惑がかかってしまいます。電話をかける際には電話番号をよくお確かめください。万一かけ間違いをしてしまった時は、相手の方に十分なご配慮をお願いします。

お問い合わせ

保健福祉部 健康増進課 母子保健係

〒418-0005 静岡県富士宮市宮原12番地の1
電話番号: 0544-22-2727
ファックス番号:0544-28-0267
メール:kenko@city.fujinomiya.lg.jp

表示 : モバイル | パソコン

ページの先頭へ戻る