ここからサイトの主なメニューです
ここからページの本文です

「おもてなし プラス1(ワン)」を募集します

2014年10月22日掲載

 富士宮市では、市民の環境美化意識の向上を目的に、ウオーキングをするときにごみを入れるための小袋を持参するという「プラス1ウオーキング」を提唱しています。
 このプラス1の考え方(できる範囲で、できること、ちょっと加えた)を、世界遺産富士山のあるまちの市民、商店、企業、それぞれができる「おもてなし」に展開させたいと思います。

~私の、家族の、地域の、会社の~
プラス1の「おもてなし」 提案を募集をします

日常生活の中での、ちょっとした気づかい、思いやり、そんな「できる範囲で、できることを」をテーマとした「おもてなし」。
この取組は、“ちょっと加えたおもてなし”という意味で「おもてなしプラス1」というネーミングにしました。

世界遺産のあるまちの市民、商店、企業、それぞれができる「おもてなしプラス1」の提案を募集します。

美化活動、あいさつ運動など、市民の皆さんから提案された「おもてなしプラス1」は、多くの皆さんで取り組めるように広報ふじのみや、市のホームページで紹介していきます。

「おもてなしプラス1」ロゴ

提案の発表

 皆様に募集いたしました「おもてなしプラス1」について、採用させていただきましたご提案を発表いたします。
 どのご提案も、簡単に取り組むことができるものとなっております。
 皆さんで世界遺産のあるまちにふさわしい「おもてなしプラスワン」に取り組んでいきましょう!!

応募方法

提案とその説明を、ハガキ又は電子メールで、地域政策推進室にお寄せください。
応募の際には、住所、氏名及び年齢を記載してください。(紹介の時は、氏名・住所は公表しません。)
提案していただいた方に、粗品を進呈します。

提案の記載例

・提案「地域(会社)のイベントの終了後には、毎回10分間、周辺のゴミ拾い活動を行います。」
 地域美化運動をイベントの中に盛り込むことで、世界遺産富士山のあるまちの美化の意識を高めます。

・提案「市内に訪れた外国人観光客に会ったら『こんにちは』とあいさつします。」
 恥ずかしがらずに、笑顔であいさつして、おもてなしの気持ちを伝えます。外国語にこだわらず「こんにちは」で、おもてなし気持ちは通じると思います。

申し込み先

〒418-0046 富士宮市弓沢町150番地 地域政策推進室
メールアドレス kikaku@city.fujinomiya.lg.jp

お問い合わせ

企画部 企画戦略課 地域政策推進室

〒418-8601 静岡県富士宮市弓沢町150番地(市役所3階)

電話番号: 0544-22-1215

ファクス: 0544-22-1206

メール : kikaku@city.fujinomiya.lg.jp

表示 : モバイル | パソコン

ページの先頭へ戻る