ここからサイトの主なメニューです
ここからページの本文です

ファミリー・サポート・センター

2018年11月30日掲載

富士宮市ファミリー・サポート・センターの紹介ページです。

「ファミリー・サポート・センター第2回受託会員講習会」受講生募集

 ファミリー・サポート・センターとは、市内に住む子育ての援助を受けたい人(委託会員)と子育ての援助をしたい人(受託会員)がお互いに助け合う会員組織です。
 受託会員になるためには、市が実施する受託会員の講習会を受講していただく必要があります。
 下記の日程で行いますので、興味のある方は、お問い合わせください。

日時  平成31年1月28日(月)~2月1日(金)
場所  富士宮駅前交流センターきらら
内容  子どもの栄養と食生活・発育と病気と手当て・障がい・心の発達とその問題・世話と遊びと保育の心・
    安全と事故・保育サービスを提供するために
申込  平成31年1月15日(火)まで 電話または子ども未来課窓口にて受付中です。
問合せ ファミリー・サポート・センター(市役所子ども未来課内)
TEL  22-1268(直通)
FAX  22-1401  

ファミリー・サポート・センターとは

仕事と育児の両立支援のため、子育てを手助けしてほしい人(委託会員) と、お手伝いしたい人(受託会員)が、会員として登録し、育児サービスの活動を支援する会員組織です。
支援内容は、次のとおりです。

  1. 保育所、幼稚園、小学校等の送迎や開始前、終了後にも子どもを預かります。
  2. 子どもが軽い病気のとき、子どもを預かります。
  3. 急な用事等で子どもを連れて出かけにくいとき(通院、見舞い、参観日など) 子どもを預かります。
  4. その他センターが必要と認めるとき、子どもを預かります。
  • 原則として、受託会員の自宅で子どもを預かります。
  • 早朝・夜間に子どもを預かる場合もありますが、原則として宿泊は行 いません。
  • センターが休みのときには、サブ・リーダーに直接連絡をとり、交渉をしてくだ さい。

この場合、利用後に必ずセンターへ連絡してください。(電話番号:0544-22-1268 直通)

利用について

  • 支援が必要になったとき、センターに電話(TEL 22-1268)をします。<受付時間:月~金 8:30~17:00(土・日・祝祭日は休みです。)>
  • センターは、支援できる受託会員(子どもを預かる人)を探し、紹介します。
  • 紹介を受けたら、事前に受託会員と会って打合せを行ってください。
  • 子どもを受託会員の所へ迎えに行った際、報酬を受託会員に支払い、活動報告書に 確認のサインをしてください。

報酬(利用料金)

1.富士宮市ファミリー・サポート・センターの報酬基準は次のとおりです。

平日昼間
7:00~18:00
1時間あたり 600円
上記以外の早朝・夜間
土・日・祝日・年末年始(12月29日~1月3日)
1時間あたり 700円
軽度の病気その他
これに類するとき
1時間あたり 700円

2.子どもを預ける時間が、1時間に満たない場合は、1時間とみなします。
 1時間を超えた場合は、超えた時間が30分以下の時は上記の半額、30分を超えたときは1時間分として報酬額を計算します。
3.兄弟姉妹2人以上同時に預ける場合は、2人目から報酬額が半額となります。
4.子どもの食事(ミルク)、おやつ、おむつ等は、委託会員(子どもを預ける人)が用意してください。
5.取消料については、次のとおり委託会員(子どもを預ける人)が受託会員(子どもを預かる人)に支払ってください。

  • 前日までの取消・・・・・・無 料
  • 当日の取消・・・・・・・・依頼した時間数の半額
  • 無断取消・・・・・・・・・依頼した時間数の全額

6.報酬等は、受託会員に直接支払ってください。
 ただし、長期にわたる利用の場合は、1週間分、または1か月分をまとめて支払うことができます。この場合でも、1か月を越えないものとし、翌月5日までに支払ってください。

報酬の計算方法

例1)

受託会員が保育園へ17時に子どもを迎えに行き、19時まで預かった場合

・保育園お迎えから受託会員の家へ 17:00
・受託会員の家 18:00
・委託会員が子どもを迎えに受託会員の家へ 19:00
600円×1時間+700円(夜間料金)×1時間=1,300円

例2)

受託会員が保育園へ17時に子どもを迎えに行き、19時まで預かる予定だったが、25分延長になった場合

・保育園お迎えから受託会員の家へ 17:00
・受託会員の家 18:00
・委託会員が子どもを迎えに受託会員の家へ 19:25
600円×1時間+700円(夜間料金)×1時間+350円(夜間料金の 時間延長分)=1,650円

例3)

受託会員が保育園へ17時に兄弟2人を迎えに行き、19時まで預かった場合

・保育園お迎えから受託会員の家へ 17:00
・受託会員の家 18:00
・委託会員が子どもを迎えに受託会員の家へ 19:00
第1子 600円×1時間+700円(夜間料金)×1時間=1,300円
第2子 1,300円÷2=650円(第1子の料金の半額)
合 計 =1,950円

会員登録

富士宮市ファミリー・サポート・センターに 申込書がありますので、必要事項を記入していただきます。
委託会員(子どもを預ける人)、受託会員(子どもを預かる人)、 どちらの会員登録も随時受け付けています。
ただいま、特に、受託会員が不足しています。子育ての経験を活かしたい方の受託会員としての会員登録をお待ちしています。

1.委託会員(子どもを預ける人)の登録に必要なもの

・写真(保護者の顔写真 1枚・・・縦3cm×横2.5cmのもの、親子で写っているスナップ写真 1枚)
・印鑑

2.受託会員(子どもを預かる人)の登録に必要なもの

・写真 2枚・・・縦3cm×横2.5cmのもの
・印鑑

受託会員登録後、講習を受けていただきます。
(この講習を受けたあと、援助活動に入っていただきます。)

補償保険制度

ファミリー・サポート・センター事業の活動中に生じた事故等については、会員相互で話し合って解決していただきますが、万が一の事故に備えて、全会員に保険に加入していただきます。
保険掛け金は市が負担し、手続きも市が行いますので、会員の負担はありません。

1.団体総合保障制度費用保険(委託会員・受託会員・両方会員共通)

内容

ファミリー・サポート・センター事業の活動中、会員や子どもが障害を被った場合に補償するものです。

補償額

事由 補償額 備考
災害死亡補償 500万円 事故日より180日以内の死亡
後遺障害補償 最高500万円 事故日より180日以内の後遺障害発生 または特定疾病で公的な後遺障害認定を受けたとき
入院(1日) 3,000円 事故日より180日以内を限度
手術 手術の種類により入院日額の最高40倍
通院(1日) 2,000円 事故日より180日以内で90日分を限度

2.施設・生産物賠償責任保険制度

内容

ファミリー・サポート・センター事業の活動中、受託会員が第三者に損害を与えたことにより賠償責任が発生した場合に補償するものです。

補償額

事由 補償額(限度額) 備考
対人・対物共通 2億円
初期対応費用 500万円 見舞金・見舞品含む
死亡後遺障害 10万円 1事由につき左記を限度とした額
入院 1万円        ”
通院 5,000円        ”
訴訟対応費用 1,000万円
受託者倍賞(現金のみ) 10万円
見舞費用補償 実損の50%かつ限度額5万円

問合せ先

富士宮市ファミリー・サポート・センター
〒418-8601 富士宮市弓沢町150番地
電話番号:0544-22-1268
ファックス番号:0544-22-1401

お問い合わせ

保健福祉部 子ども未来課 子育て支援係

〒418-8601 静岡県富士宮市弓沢町150番地(市役所1階)

電話番号: 0544-22-1146

ファックス番号: 0544-22-1401

メール:kodomo@city.fujinomiya.lg.jp

表示 : モバイル | パソコン

ページの先頭へ戻る