ここからサイトの主なメニューです
ここからページの本文です

「新しい生活様式」における熱中症に気をつけて!

2020年06月10日掲載


6月になり、高温多湿となる季節になりました。これから熱中症が起こりやすくなります。今年は特に外出自粛で体力が低下していたり、暑さに体が慣れていなかったりしています。また、マスクの着用は、体に熱がこもりやすい状況になったり、のどの渇きを感じにくいなど、例年よりも熱中症の危険が高まっています。
「3密(密集、密接、密閉)」を避ける新しい生活様式を守りながら、熱中症予防を心がけていきましょう。

1  熱中症とは

 体内の水分や塩分のバランスがくずれ、体温調整機能がうまく働かなくなり、体の中に熱がこもり、めまいや筋肉痛、吐き気、けいれんなどを起こし、意識障害の危険もあります。
 気温などの環境条件だけではなく、体調や暑さに対する慣れなどが影響して起こります。気温がそれほど高くない日でも、「湿度が高い・風が弱い・暑さに体が慣れていない」時は注意が必要です。

2 新しい生活様式のおける熱中症予防行動のポイント

(1)暑さを避けましょう

・エアコンを利用する等、部屋の温度を調整
・換気扇や窓開放によって換気をしつつ、エアコンの温度設定をこまめに調整
・暑い日や、暑い時間帯は無理をしない
・涼しい服装にする
・急に暑くなった日等は特に注意する

(2)適宜マスクをはずしましょう

・気温・湿度の高い中でのマスク着用は要注意
・屋外で人と十分な距離(2メートル以上)を確保できる場合には、マスクをはずす
・マスクを着用している時は、負荷のかかる作業や運動を避け、周囲の人との距離を十分にとった上で、適宜マスクをはずして休憩を

(3)こまめに水分補給しましょう

・のどが渇く前に水分補給
・1日あたり1.2リットルを目安にこまめに飲みましょう
・大量に汗を書いた時は塩分を忘れずに

(4)日頃から健康管理をしましょう

・日頃から体温測定、健康チェック
・体調が悪いと感じた時は、無理せず自宅で静養

(5)暑さに備えたからだ作りをしましょう

・暑くなり始めの時期から適度に運動を
・水分補給は忘れずに、無理のない範囲で
・「やや暑い環境」で「ややきつい」と感じる強度で毎日30分程度

3 職場における熱中症対策について

間違い電話が多発しています。

間違い電話は相手の方に多大なご迷惑がかかってしまいます。電話をかける際には電話番号をよくお確かめください。万一かけ間違いをしてしまった時は、相手の方に十分なご配慮をお願いします。

Adobe Reader

マークが付いているページをご覧いただくには“Adobe Reader”が必要です。
最新版のダウンロードはこちらのWebサイトよりお願いいたします。

お問い合わせ

保健福祉部 健康増進課 健康増進係

〒418-0005 静岡県富士宮市宮原12番地の1

電話番号: 0544-22-2727

ファックス番号: 0544-28-0267

メール:kenko@city.fujinomiya.lg.jp

表示 : モバイル | パソコン

ページの先頭へ戻る