ここからサイトの主なメニューです
ここからページの本文です

未登記道路について

2013年08月23日掲載

認定市道内に個人の所有権が残された道路部分を未登記道路として、所有権の移転のお願いをしています。

未登記道路とは

富士宮市が管理している認定市道内に個人の方の所有権が登記上残っていることがあります。
このような状況を、「未登記道路」と表現しています。「未登記道路」は、土地の範囲がすべて道路内にある場合と一部が道路に含まれている状態であることがあります。
すべて道路内にある場合は、所有権移転登記に必要な書類(登記原因証明情報・印鑑登録証明書など)があれば処理がすすめられます。
一部が道路の中にある場合は、分筆作業が必要になります。これには、費用が掛かりますが、市で負担します。ただし、予算を確保しなければなりませんので、すぐに対応ができないことがあります。

分筆が必要となるケース

分筆が必要となるケース

分筆が不要なケース

分筆が不要なケース

財産処理のお願い

富士宮市では、土地の所有者の方や関係者の皆様にご協力いただき、富士宮市へ所有権移転をさせていただきたくお願いをしています。

処理手続きの流れ

1 状況把握

富士宮市にて認定市道内に個人の方の所有権が残されていることを把握

2 ご説明

ご協力のお願い(電話やご自宅などに伺い状況を説明し、所有権移転の依頼をさせていただきます。)

3 所有権移転に必要な書類の準備

登記原因証明情報兼承諾書への押印と印鑑登録証明書、法人の場合は、資格証明書を依頼します。

4 嘱託登記申請

登記原因証明情報兼承諾書と印鑑登録証明書(法人の場合は、資格証明書が必要)が準備できたら、嘱託登記オンライン申請で登記を行う。

5 登記完了

6 登記完了のお知らせ

登記が完了したら、登記完了証のコピーを送付し完了とさせていただきます。

所有権移転に必要な書類

●準備していただく書類

書類名 備考
1 登記原因証明情報兼承諾書 富士宮市が作成し、内容に承諾していただいた場合に実印を押印していただきます。
2 印鑑登録証明書 市内の方は、無料交付申請書をお渡ししますので、それを持って、市民課窓口で申請してください。この際に、印鑑登録証明書の印鑑手帳をご用意ください。
3 資格証明書 法人の所在が分かるもの、代表事項証明書など。

お問い合わせ

都市整備部 管理課 公共用地係

〒418-8601 静岡県富士宮市弓沢町150番地(市役所5階)

電話番号: 0544-22-1213

ファックス番号: 0544-22-1208

メール:kanri@city.fujinomiya.lg.jp

表示 : モバイル | パソコン

ページの先頭へ戻る