ここからサイトの主なメニューです
ここからページの本文です

屋外広告物とは

2019年08月14日掲載

屋外広告物について掲載しています。

1、屋外広告物法第2条では「屋外広告物」を次の4つの要件を満たすものとして定義しています。

(1)常時又は一定の期間継続して表示されるもの

「常時又は一定の期間」とは、イメージや思想の伝達に要する程度の時間をいいます。1日のうち数時間でも一定の場所に表示されていれば、「一定の期間」ということになり、例えば、朝開いて夕方閉めるシャッターにある文字は「一定の期間表示される」といえます。
「継続して」とは、場所的な定着性を有することで、街頭で配布されるビラやチラシは「継続して」とはいえません。ビラやチラシは、電柱や塀に貼られてはじめて定着性を有し、「継続して表示される」といえます。

(2)屋外で表示されるもの

「屋外で」とは、建物やその他の工作物の外側においてという意味で、屋外から見えるということではありません。例えば、商店等のショーウィンドー内に貼られたもの、バスの窓ガラスの内側に、表示面を外に向けて貼られた広告物は「屋外で表示される」とはいえません。また、屋外であれば、土地の所有形態を問いません。

(3)公衆(不特定多数の人)に表示されるもの

「公衆」とは、建物などの施設の管理権を有する者の支配下にない、一般の公衆のことです。ですから、公道運行中の運転手や一般歩道の通行人は「公衆」になります。一方、野球場の観客や駅構内の改札口の内側にいる乗降客は、それぞれの施設管理者の支配下にありますから、「公衆」には該当しないため、野球場の観客や駅構内の改札口の内側にいる乗降客に表示されるものは「公衆に表示される」とはいえません。

(4)看板・立看板・はり紙・はり札や広告塔・広告板・建物その他の工作物に表示・設置されたものやこれらに類するもの

屋外広告物は、屋外広告物そのものである看板、立看板、はり紙、はり札のほか、広告塔、広告板、建物その他の工作物等(煙突、塀、岩石、樹木等)を利用して掲出、表示されるものも含みます。例えば、建物の壁面をスクリーンとして利用するものも、屋外広告物に該当します。

以上4つの要件に該当すれば、営利・非営利に関わらずまた表示内容のいかんを問わず「屋外広告物」となります。

2、屋外広告物は広告の種類や内容などによって大きく3つに区分されます。

  • 自家広告物・・・自己の氏名、名称、店名、商標、事業、営業内容を表示するため、自己の住所、事業所、営業所、作業所に表示、設置する広告物
  • 案内広告物・・・広告物に矢印や案内図などを掲載し、誘導を図るもの
  • 一般広告物・・・自家広告物や案内広告物に該当しないもの

3、屋外広告物に関するQ&A

  • 建築物の外壁又は塀等に描かれた絵画や写真
  • 一日のうち数時間だけ継続して出される看板
  • 街頭などで配られるビラやチラシ
  • 建築物のガラス面の内側から外に向けて表示される広告物

お問い合わせ

都市整備部 都市計画課 景観係

〒418-8601 静岡県富士宮市弓沢町150番地(市役所5階)

電話番号: 0544-22-1408

ファックス番号: 0544-22-1208

メール:toshi@city.fujinomiya.lg.jp

表示 : モバイル | パソコン

ページの先頭へ戻る