ここからサイトの主なメニューです
ここからページの本文です

ごみの出し方

2016年04月01日掲載

ごみの出し方の一覧です。

ごみの出し方

生活環境課 廃棄物対策係 電話番号:0544-22-1137

ごみは、決められた収集日に市の「指定袋」に入れて「朝の8時」までに出してください。 各家庭に配布されています、ごみ収集日程表で ごみ収集の曜日を確認してください。

【重要なお知らせ】蛍光管の出し方が変わります。

蛍光管等の出し方が変わります。水銀を使用している製品(蛍光管・水銀体温計・水銀血圧計)は
「蛍光管等水銀使用製品廃棄物の日」として収集します。皆様のご理解とご協力をお願いします。

対象物

蛍光管、水銀体温計、水銀温度計、水銀血圧計

収集日

蛍光管等水銀使用製品廃棄物の日(粗大ごみと同じ収集日)

出し方

割れないように購入時の箱に入れるか新聞紙に包み、市指定袋に入れて集積場所へ出してください。
※市指定袋に入らない長い蛍光管等は購入時の箱か新聞紙に包んでそのまま出してください。
 割れた場合は危険防止(新聞紙などで包む)をしてから市指定袋に入れて集積場所へ出してください。

可燃物(燃えるごみ)

収集日

毎週2回

分け方・出し方

ごみは市の指定袋で出しましょう。
指定袋の口をしっかりしばる。
生ごみは十分な水切りを。
草は1袋以内。土を落とし、枯らして出してください。
少量の木くず等は1袋以内。植木(直径5cm×長さ1m以内)は1束程度に枯らして出してください。
大量の草や木くず・枝きれ、また直径5cm以上の枝木は収集できません。清掃センターに問い合わせてから、直接搬入してください。
ふとんはひも等で縛って出してください。
古紙等は集団回収・回収業者・古紙回収ステーションに出してください。
衣類やぬいぐるみ、革類製品(かばんや靴)は衣類及び革類回収拠点に出してください。

種類

・台所くず ・ふとん ・紙くず ・革製品・衣類のぼろ
・草、木くず、枝きれ(剪定枝)等
・ゴム類 ・ペットボトル、トレイを除いたプラスチック類

不燃物(燃えないごみ)

収集日

毎月指定された日

分け方・出し方

ファンヒーター、ストーブは灯油を完全に抜いて逆さにした状態で出してください。
電球・ガラス等は紙で包むなどの危険防止をしてください。
6・9・12・3月の粗大ごみ収集の指定日は粗大ごみの収集のみを行いますので不燃物は出さないでください。

種類

・テレビ(ブラウン管式、液晶・プラズマ式)、エアコン、冷蔵庫(冷凍庫を含む)、洗濯機(衣類乾燥機を含む)、パソコン以外の小型家電製品 ・ガラス、セトモノ ・自転車 ・一斗かん、菓子のかん等 ・化粧びん
乾電池:集積場所備え付けの回収ボックス(乾電池入れ)に出してください。※すべて使用済みのもの
小形充電式電池:市内の回収拠点はこちらを参照してください。
携帯電話:不燃物に出せますが、貴重な金属が沢山使われているため、またプライバシー保護の面からもお買い求めになった携帯電話のお店にあるリサイクルBOXに入れてください。

空かん

収集日

毎月指定された日

分け方・出し方

中身を捨て、よく洗ってから出してください。
スプレーかんやカセットガスボンベは必ず使いきり、穴を開けてから市の指定袋へ入れて出してください。一斗かん、菓子のかんは不燃物の日に出してください。
食用油のかんはよく洗浄し不燃物の日に出してください

種類

・ジュース、その他のかん
・かんビール等アルコール類のかん
・スプレーかん、カセットガスボンベのかん
・一斗かんより小さいかん

ペットボトル

収集日

毎月指定された日

分け方・出し方

分別対象のペットボトルだけ。(清涼飲料水・しょうゆ・酒類)
市の指定袋へ入れて出してください。キャップを取り、 中をよく洗い、つぶして出してください。

種類

※ラベルに材質表示マークが付いたものだけを出してください。 このマークが付いていないものは混ぜないでください。 マークはペットボトルのラベル部分や底などに付いています。
ペットボトルの出し方
(1)キャップをとる
(2)水でボトルを洗う
(3)つぶす(軽く踏む)
(4)市指定のごみ袋に

ペットボトルの見分け方(材質表示マーク)

画像-ペットボトル材質表示マーク ○PET  ○PETボトル  ×塩ビボトル

空びん

収集日

毎月指定された日

分け方・出し方

透明と色付きを2分別してください。 中身を捨ててよく洗ってから出してください。
びんの栓は取ってください。
割れたびんは、不燃物として紙等に包み、危険防止をして不燃物に出してください。
※化粧びん・薬のびん・ガラス・せともの等は不燃物に出してください。

種類

コンテナに入れてください。
※色付と透明に2分別して出してください。
※八分目の量で横に寝かせて入れてください。 ●ジュース・醤油のびん
●ビール・酒のびん
●油・その他のびん

画像-空きびんの出し方

紙パック

収集日

毎月指定された日

分け方

●分別収集するもの
1 飲料用の紙パック(牛乳・酒・ジュース等の紙パック)
2 内側が銀色(アルミ)の紙パック
3 飲料用紙パックであれば大きさは問いません。
※紙パックの注ぎ口(プラスチック)は、切り取って出してください。
(切り取った注ぎ口は可燃物として出してください。)
指定袋に入れて集積場所(不燃物)にそれぞれの分別区分ごとに分けて出してください。
●分別収集しないもの(可燃物として出してください。)
1 飲料用以外の紙パック

出し方

画像-紙パックの出し方

集積場所での収集以外に、協力スーパーの店頭に市の回収容器を設置してありますので、ご利用ください。

トレイ

収集日

毎月指定された日

分け方・出し方

●見分け方
1.生鮮食品(精肉・鮮魚・青果)などの容器です。
2.つま楊枝で軽くつつくと「スッ」と入る特徴があります。
●出し方
1.トレイをよく洗います。
2.乾かします。
3.セロテープ、ラップ、フィルムなどを取り除きます。
4.割らずに指定袋に入れて出してください。
指定袋に入れて集積場所(不燃物)にそれぞれの分別区分ごとに分けて出してください。
●分別収集しないもの(可燃物として出してください。)
1.カップ麺等のドンブリ容器
2.納豆の容器
3.豆腐、卵などの透明な容器
4.持ち帰り弁当の容器
5.底が銀色のトレイ
6.透明・半透明のトレイ

集積場所での収集以外に、協力スーパーの店頭に市の回収容器を設置してありますので、ご利用ください。

種類

画像-紙パックの種類(分別収集するもの)

画像-紙パックの種類(分別収集しないもの)

粗大ごみ

収集日

6月 9月 12月 3月の指定された日(収集は3ヵ月に一回です。)

分け方・出し方

普通の不燃物は出してはいけません。
スプリング入りのマットレスは出してはいけません。(専門の処理業者に引き取ってもらってください。)

画像-不燃粗大ごみ

画像-可燃粗大ごみ

画像-粗大ごみの大きさ

種類

・ジュータン・こたつ
・スチール・木製家具等

収集できないごみの受け入れ先

処理できないごみ

画像-処理できないごみ

事業系のごみ

会社・事業所・商店・飲食店・病院・農業等から出る廃棄物は収集しません。事業系一般廃棄物については、直接清掃センターへ事前に連絡・確認し運ぶ(有料)か、市の一般廃棄物処理業許可業者と契約(有料)し処理してください。産業廃棄物は清掃センターでは処理できません。産業廃棄物の許可を受けた業者の紹介は(社)静岡県産業廃棄物協会(TEL:054-255-8285)へ問い合わせてください。

一度に多量に出るごみ

引越し・大掃除等で一度に多量に出たごみは収集できません。多量のごみを集積場所に出されると他の利用者や付近のお宅が大変迷惑します。また、一度に収集できずにそのまま残ってしまうことになります。 清掃センターへ事前に連絡し、指定された搬入日を確認してから運ぶ(無料)か、市の一般廃棄物処理業許可業者と契約(有料)し処理してください。

二輪車リサイクルについて

リサイクルマークのついた車両は、廃棄時にリサイクル料金の負担はなく、リサイクルマークのついていない車両についてはリサイクル料金をいただいていましたが、平成23年10月1日以降はマークのついていない車両についても、リサイクル料金の負担が必要なくなりました。
※廃棄二輪車取り扱い店にお持込の場合、収集・運搬料金が別途必要です。
※リサイクルマークの有無については、製造各社にお問い合わせください。

リサイクル対象家電

画像-リサイクル対象の家電

パソコン

清掃センターで処理できないごみは購入店・販売店にお問い合わせをしてください。

清掃センターの受け入れについて

清掃センター 電話番号:0544-58-2667 所在地:山宮3678-4

引っ越しなどの際に、一時的に大量のごみや粗大ごみ が出たときは、事前に清掃センターに連絡後、分別し清 掃センターまで運んでください。
▽月~金曜日 午前8時30分~午後3時(昼休みは除く)
▽土曜日・毎月第3日曜日(午前中)
▽休日 日曜日・年始・お盆・春、秋の祭典期間

ごみの減量・リサイクル

生活環境課 廃棄物対策係 電話番号:0544-22-1137

市はごみの減量やリサイクルを推進しています。疑問・質問がありましたら、お気軽に生活環境課にご相談ください。

古紙等リサイクル活動奨励金

生活環境課 廃棄物対策係 電話番号:0544-22-1137
子供会、婦人会、老人会などリサイクル活動を行い、 事前に市に登録している団体に対し、リサイクル重量に 応じて奨励金(3円/kg)を交付します。

環境美化推進委員

生活環境課 廃棄物対策係 電話番号:0544-22-1137
市では各行政区ごとに128区133人の環境美化推進委員を委嘱してい ます。環境美化推進委員は、緑の腕章をしてごみ集積場 所での指導や、ごみの不法投棄監視など、地域の生活環 境向上のための活動をしています。区での身近なごみ問 題については、環境美化推進委員にご連絡ください。

Adobe Reader

マークが付いているページをご覧いただくには“Adobe Reader”が必要です。
最新版のダウンロードはこちらのWebサイトよりお願いいたします。

表示 : モバイル | パソコン

ページの先頭へ戻る