ここからサイトの主なメニューです
ここからページの本文です

児童手当

2018年06月15日掲載


「児童手当」は、次代の社会を担う児童の健やかな育ちを社会全体で応援する制度です。

お知らせ   平成30年度現況届 受付中

・平成30年度児童手当現況届を、6月中旬に対象者に発送しました。
 現況届(児童の養育の状況や、受給者の所得などの現況のお届け)は、平成30年6月分以降の児童手当の支給に
 必要です。
 まだ、提出されていない方は、至急ご提出ください。
(個人別に添付・提出が必要な書類については、現況届案内通知書に記載していますので、ご確認ください。)

制度の概要

・支給対象
・手当額
・支払時期
・所得制限
・申請について
・児童手当の支給要件

支給対象

中学校修了(15歳到達後最初の3月31日)までの児童を監護し、かつ生計を同じくする主たる生計維持者。

手当額

0歳から3歳の誕生月まで 月額 15,000円
3歳の誕生月の翌月から
12歳(小学校6年生)まで
第1子   月額 10,000円
第2子   月額 10,000円
第3子以降 月額 15,000円
中学生 月額 10,000円
所得制限超過者
(平成24年6月分から)
児童1人につき一律 月額 5,000円

支払時期

2月、6月、10月に前4か月分が支給されます。
※通常13日が支払日となりますが、休日等に重なった場合は、その直前の平日が支払日となります。

所得制限

扶養親族等の数 所得制限限度額(万円) 収入額の目安(万円)
0人 622.0 833.3
1人 660.0 875.6
2人 698.0 917.8
3人 736.0 960.0
4人 774.0 1002.1
5人 812.0 1042.1

※所得制限は請求者(夫婦のうち所得の高い方)が対象で、世帯の合算した所得ではありません。

申請について

児童手当を受給するには、「児童手当・特例給付認定請求書」の提出が必要です。
市役所1階の子ども未来課窓口にて、申請を行ってください。

申請が必要となる方

  • 子どもが生まれた方
  • 中学生以下の児童がいる方で、他市町村から富士宮市に転入される方
  • 児童手当を受給していない、0歳~中学校3年生の児童がいる方

申請に必要なもの

  • 認印
  • 請求者(受給者)名義の健康保険証の写し
  • 請求者(受給者)名義の預金通帳
  • マイナンバー(児童の父、母のもの)       ※平成28年1月1日から
  • 申請者(窓口に来られる方)の身元確認書類  ※運転免許証、旅券、在留カードなど
  • 転出された市区町村で受け取った書類(転入の方のみ)

※その他、必要に応じて提出する書類があります(養育する子どもと別居の場合など)。

原則として、請求のあった月の翌月から手当が支給されます。
請求が遅れてしまうと、児童手当を受け取れなくなる月が発生する場合があります。
出生の翌日から15日以内にお手続きをお願いいたします。

※平成30年度から児童手当の所得審査において「寡婦(夫)控除のみなし適用」の制度ができました。(該当の方は、窓口にてお知らせください。なお、寡婦(夫)控除のみなし適用申請をしても、児童手当支給額に変更がない場合もあります。)

●公務員の方は、職場でのお手続きとなります。

児童手当の支給要件

児童の国内居住要件

児童が海外に住んでいる場合は、原則、児童手当の受給ができません。
※留学している場合は、別途提出書類があり、審査の上、児童手当を受給できる場合があります。

児童と別居している受給者(保護者)の要件

児童と受給者(父母等)が別居している場合は、児童手当を受給できなくなる場合があり、別途提出書類があります。

「児童手当は、児童の健やかな育ちのために有効に用いてください。」

お問い合わせ

保健福祉部 子ども未来課 子育て支援係

〒418-8601 静岡県富士宮市弓沢町150番地(市役所1階)

電話番号: 0544-22-1146

ファックス番号: 0544-22-1401

メール:kodomo@city.fujinomiya.lg.jp

表示 : モバイル | パソコン

ページの先頭へ戻る