ここからサイトの主なメニューです
ここからページの本文です

環境月間ポスターコンクール

2016年06月22日掲載

平成28年度環境月間ポスターコンクールの優秀作品と表彰式の写真を掲載しています。


平成28年度環境月間ポスターコンクールには、小学生部門に2,880点、中学生部門に197点、合計で3,077点の作品が寄せられました。
その中で、金賞、銀賞、銅賞、特別賞を受賞した作品を掲載いたします。なお、金賞、銀賞を受賞した作品は、ごみ収集車(パッカー車)の側面に掲示いたします。清掃センター特別賞を受賞した作品は、清掃センターの見学者に配布するパンフレットの表紙に掲載いたします。

6月6日表彰式が行われました。さくやちゃんもお祝いに来てくれました。

表彰式の様子(小学生部門)金賞 大和田 蓮さん

中学生金賞授与

小学生部門受賞者の集合写真

集合写真(小学生)

中学生部門受賞者の集合写真

集合写真(中学生)

小学生部門入賞作品

金賞  作者 富丘小3年 大和田蓮さん

小学校金賞の絵

本人コメント

きれいでピカピカの町にしようという気持ちをかきました。

審査員講評

飲み終わったジュースの容器をきちんとごみ箱に捨てる行動の大切さが明るい色で描かれています。自分の小さな行動が、町や地球をピカピカできれいにすることにつながりますね。男の子の笑顔から、きれいになって嬉しい気持ちが、生き生きと伝わる作品です。

銀賞  作者 芝富小4年 佐野来夢さん

小学校銀賞の絵

本人コメント

なるべくリサイクルを行うように、この絵をかきました。

審査員講評

鮮やかな黄色の背景に澄んだ色彩の虹や地球の色が大変目を引きます。牛乳パックやペットボトルなどの資源たちが、自分の体からできあがった物(ティッシュペーパーや服)を地球に手渡す姿から、地球にやさしい行動をしようという来夢さんのメッセージが楽しく伝わってきます。

銅賞  作者 大宮小6年 小野田慎さん

小学校銅賞の絵

本人コメント

ぼくにできることは何か・・頭にうかんだことはCO2の排出を減らすことでした。世界のCO2排出量約329億トンのうち日本は9.7%、一人あたりも3.7%とどちらも5番目に多く排出しています。家族と協力し電気・ガス・ガソリンなど少しでも節約を心がけたいです。

審査員講評

熱を出して、真っ赤な顔をしている様子を描くことで、地球が温暖化の影響で苦しい思いをしていることがよく分かります。困った地球の表情を画面いっぱいに描き、工場、車、排煙のCO₂など、最低限の要素で、明快に分かりやすく状況を伝える構図が見事ですね。

清掃センター特別賞 作者 大宮小3年 石持花梨さん

清掃センター特別賞の絵

本人コメント

公園によくごみがおちでいるので、自分のごみは持ち帰ってほしいと思いかきました。

審査員講評

公園のごみを持ち帰ることの大切さを明るい色づかいで表しています。自分のごみを進んで持ち帰ると、私たちの心も環境も笑顔になる様子が生き生きとした絵で表現できました。

中学生部門入賞作品

金賞  作者 芝川中2年 林羽音さん

中学校金賞の絵

本人コメント

ポスターに入れた標語「私たちにできること」の意味は「私たちが環境を守るための行動をし、絵の中にあるパズルのピースをうめることが今の私たちにできることだ」です。環境に良い行動をとってパズルのピースをうめようという思いで描きました。

審査員講評

環境を守るために私たちができることをパズルのピースにのせて、1つ1つを私たちの手ではめていこうという思いが表現されています。わかりやすい文字、単調にならないようにストライプで処理された背景とのバランスも良いです。

銀賞  作者 富士宮第一中2年 佐野夏羽さん

中学校銀賞の絵

本人コメント

地球の資源は、一つ一つ大切で宝物ということを表しました。未来までこのポスターに描かれている、またその他の生き物や植物たちを大切に残していけるようにと願いを込めて描きました。

審査員講評

美しい色彩の作品で、明暗や質感など、細かなところまで丁寧に表現されています。電気のスイッチや、分別回収ボックスが、中心人物に対して放射状に配置されているところもおもしろいです。

銅賞  作者 富士根南中3年 佐野愛弥さん

中学校銅賞の絵

本人コメント

リデュース、リユース、リサイクルの3Rを一人一人が進んで実行すれば地球が良い方向に変わるという事をまとめて表しました。

審査員講評

3R(リユース、リデュース、リサイクル)が実行されることの提案について、すっきりまとめて表現することができました。文字のピンクによるセパレーションが、よいアクセントになっています。

Adobe Reader

マークが付いているページをご覧いただくには“Adobe Reader”が必要です。
最新版のダウンロードはこちらのWebサイトよりお願いいたします。

お問い合わせ

環境部 環境企画課 環境エネルギー室

〒418-8601 静岡県富士宮市弓沢町150番地(市役所4階)
電話番号: 0544-22-1131
ファックス番号:0544-22-1207
メール:kankikaku@city.fujinomiya.lg.jp

表示 : モバイル | パソコン

ページの先頭へ戻る