ここからサイトの主なメニューです
ここからページの本文です

環境月間ポスターコンクール

2018年06月28日掲載

 平成30年度環境月間ポスターコンクールには、小学生部門に2,288点、中学生部門に261点、合計で
2,549点の作品が寄せられました。
 その中で、金賞、銀賞、銅賞、特別賞を受賞した作品を掲載いたします。なお、金賞、銀賞を受賞し
た作品は、ごみ収集車(パッカー車)の側面に掲示いたします。
 清掃センター特別賞を受賞した作品は、清掃センターの見学者に配布するパンフレットの表紙に掲載いたします。
 今年は記念品として、受賞者(金賞、銀賞、銅賞、特別賞)に「だっくすくんたくんネオ」の贈呈がありました。

6月26日表彰式が行われました。

小学生部門受賞者の集合写真

集合写真(小学生)

中学生部門受賞者の集合写真

集合写真(中学生)

小学生部門入賞作品

金賞  作者 芝富小5年 望月 美心さん

小学校金賞の絵

本人コメント

みんなで力を合わせ、心を合わせ、ゴミのない、動物にも、人間にもやさしい美しいまちをつくってほしいという、願いをこめて、ポスターをかきました。

審査員講評

みんなで差し出した手の平の中に、美しく豊かな町の風景が包まれている構図がすばらしいです。明るく美しい色遣いで、夢あふれる楽しいモチーフ満載の町を描いたことで人も動物も幸せに暮らせる地域にしたいという美心さんの思いが伝わってきます。

銀賞  作者 芝富小2年 中村 フローラ小町さん

小学校銀賞の絵

本人コメント

あきカンやペットボトルをひろい、ごみを集めれば、公園がきれいになります。一人よりも二人、みんなでかんたんにできることから、自然の美しさを守りたいです。

審査員講評

「地域の環境を守る」というテーマにそって、自分たち一人一人が今すぐにでも、できることから始めてみよう、という思いが素直に表現されています。公園を埋める新緑の色が美しく、この景色を守りたいと思わせるような絵ですね。

銅賞  作者 大富士小2年 多田良煌成さん

小学校銅賞の絵

本人コメント

じゃ口をひねると、きれいな水が出てきます。その水をむだづかいせず、いってきの水も大切にしていきたいとおもい、えにしました。

審査員講評

蛇口からしたたりそうな青くつやつやと光る1滴のしずくを大きく描き、水の大切さを訴えています。画面をうめるほどの大きな子供らしい文字がいききとおどり煌成さんの声が聞こえてくるようです。

清掃センター特別賞 作者 柚野小3年 浦田暖人さん

清掃センター特別賞の絵

本人コメント

ごみがなかったら、みんながえ顔になると思いました。

審査員講評

くっきりとした輪郭線で、画面いっぱいに大きく伸び伸びと描いている所がとても良いです。青くゆったりと流れる川をいつまでもきれいに守りたいという思いがエガの表情から伝わってきます。

中学生部門入賞作品

金賞  作者 芝川中2年 佐野 胡日さん

中学校金賞の絵

本人コメント

地球に限られた資源を大切にするためには、私たちもエコマークを気にした、リサイクルなどをして環境保護をしたいと思いました。そのエコマークを地球の中に描き、地球の喜びを表すために、芽や花、木を描きました。

審査員講評

直接「リサイクルをしよう!」と訴えるのではなく、リサイクルに関わる「マークを見つけよう!」というコンセプトが非常にユニークです。マークを見つけることで分別の意識も高まりそうです。マークをルーペで拡大するなど、画面上の工夫もたくさん見つけられます。

銀賞  作者 北山中3年 石川 ひかるさん

中学校銀賞の絵

本人コメント

地球が持っているのは「笑顔の花」です。「笑顔の花」とは、地球に住む私たちが、未来のため、地球のためにリサイクルを積極的にやって、地球温暖化を食い止めて、私達の未来も地球も笑顔になるという意味が込められた花です。「虹」も明るい印象を受けます。なので虹を描き、その中で3Rをしているようにしました。地球が安心した笑顔で3Rしている私たちを見守る感じにしました。

審査員講評

自分たちにできること(リサイクルやエコバック携行など)と地球の笑顔をうまくまとめた構図は秀逸でした。文字には白のふちどり、その他の物には黒のふちどりを施すなど、絵を見やすくする工夫もされていました。      

銅賞  作者 芝川中3年 後藤 姫菜さん

中学校銅賞の絵

本人コメント

ニュースなどで、プラスチックやゴミを食べてしまい、魚やカメ、鳥などが死んでしまうというニュースをみて、これは、すごくひどいなと思いこのポスターで呼びかけようと思いました。ゴミを捨てたら、こんなふうに、生き物が死んでしまうよとわかってもらえるように、描きました。

審査員講評

自分たちが出したゴミが海や川に集まり生き物に大きな影響を与えていることをほのぼのとしたタッチの画面で絵と小さな字で表現されていて、逆に見入ってしまう魅力のあるポスターです。 

Adobe Reader

マークが付いているページをご覧いただくには“Adobe Reader”が必要です。
最新版のダウンロードはこちらのWebサイトよりお願いいたします。

お問い合わせ

環境部 環境企画課 環境エネルギー室

〒418-8601 静岡県富士宮市弓沢町150番地(市役所4階)

電話番号: 0544-22-1131

ファックス番号: 0544-22-1207

メール:kankikaku@city.fujinomiya.lg.jp

表示 : モバイル | パソコン

ページの先頭へ戻る