ここからサイトの主なメニューです
ここからページの本文です

市民文芸「ふじのみや」第49号

2022年04月28日掲載

市民文芸「ふじのみや」第49号の作品募集


令和4年度市民文芸「ふじのみや」第49号に収録する作品を募集します。

応募規定

種目及び応募原稿は下記のとおりです。

種目 原稿規定
小説(戯曲を含む) 市民文芸専用原稿用紙  一人1編 35枚以内
随筆(評論を含む) 市民文芸専用原稿用紙 一人1編 随筆7枚以内、評論21枚以内
市民文芸専用原稿用紙 一人1編 2枚と11行以内
短歌 市民文芸専用原稿用紙 一人5首
俳句 市民文芸専用原稿用紙 一人5句
川柳 市民文芸専用原稿用紙 一人5句

※応募原稿は、市民文芸専用原稿用紙を使用し、縦書きとします。
※パソコンで原稿作成する場合は、B4判またはA4判の用紙に縦書きし、1ページにつき、行数23行、1行25文字とします。(感熱紙は使用できません。)

応募要件

  1. 富士宮市在住、または市内に通勤・通学、市内のサークル等に加入している15歳以上(令和4年4月1日現在)の人であること。
  2. 未発表の本人作品であること。(他の文芸コンクールに応募し、入賞・入選した作品及び同人雑誌・結社誌等へ発表したものは、既発表とみなします。)
  3. 一人で複数の種目に応募することができます。

応募期間

令和4年6月1日(水)から令和4年7月29日(金)まで〔当日消印有効〕

作品の審査

静岡県文化協会が推薦し、富士宮市教育委員会が依頼した審査員が行います。

審査結果

審査結果は令和4年10月下旬(予定)に発表し、本人に通知します。

入賞及び入選作品

  1. 入賞作品には、市民文芸賞、優秀賞及び佳作を授与します。
  2. 入賞・入選作品は、令和5年2月上旬発行予定の市民文芸「ふじのみや」第49号に収録します。

閲覧・校正

入賞・入選者による校正のため、印刷前の掲載作品原稿の閲覧を文化課窓口にて行います。
なお、校正は誤字・脱字・句読点の修正に限ります。
校正期間は本人に通知します。

あて先(問い合わせ先)

〒418-8601 富士宮市弓沢町150番地
富士宮市教育委員会 教育部 文化課・芸術文化係 電話番号:0544-22-1106
(封筒の表に「市民文芸応募原稿在中」と朱記)

応募上の注意

  1. 市民文芸専用原稿用紙は、市役所6階文化課・各公民館(地域学習センター)・各出張所・各交流センターにて5月より無料配布します。
  2. 応募原稿の初めに種目名を(小説・随筆・詩については題名も)記入してください。
  3. 応募原稿には氏名を書かないでください。応募原稿以外の紙(様式自由)に、氏名(ペンネームの使用も可能ですが、必ず本名を併記してください。また、氏名、ペンネームには、ふりがなを付けてください。)、郵便番号、住所、年齢、職業、連絡先(電話番号)を明記してください。市外在住の人は、職業欄に勤務先・学校・サ-クル名を記入してください。
  4. 応募原稿は、返却しません。
  5. なるべく常用漢字、現代かなづかいを使用し、楷書で書いてください。
  6. 入賞・入選作品を市民文芸「ふじのみや」に掲載するにあたっては、常用漢字、現代かなづかいに訂正し、またルビ(ふりがな)等については、これを付け加え、又は削除する場合もあります。
  7. 入賞・入選作品の著作権は、応募締切日から8か月間主催者に帰属します。

市民文芸「ふじのみや」作品集バックナンバーの販売について

市民文芸「ふじのみや」作品集バックナンバーを市役所6階文化課にて販売しています。
詳しくは下記のページをご覧ください。

お問い合わせ

教育委員会事務局 教育部 文化課 芸術文化係

〒418-8601 静岡県富士宮市弓沢町150番地(市役所6階)

電話番号: 0544-22-1106

ファクス: 0544-22-1209

メール : e-bunka@city.fujinomiya.lg.jp

表示 : モバイル | パソコン

ページの先頭へ戻る