ここからサイトの主なメニューです
ここからページの本文です

療養費

2015年07月28日掲載

療養費について掲載しています。

療養費の概要

健康保険では、被保険者が医療機関の窓口で保険証を提示することによって、医療費全体のうちの一部(1割~3割)のみ支払えばよいという仕組みが原則となっていますが、保険証を忘れて医療費のすべてを支払った場合や、治療用装具を作成された場合、はり・きゅう・マッサージの施術を受けた場合など、やむを得ないと認められるものについて、事後申請により保険の負担割合に相当する金額を給付できることとなっています。

保険証を忘れて医療機関にかかったとき

下記の書類をご持参いただき、保険年金課の窓口にて申請してください。
なお、診療報酬明細書(レセプト)は、医療機関よりお取り寄せください。

  • 保険証
  • 医療機関にかかった際の領収書(10割負担のもの)
  • 診療報酬明細書(レセプト)

その他の医療費助成(子ども医療、重度障害者医療など)を受けている場合は、その証もご持参ください。

治療用装具を作成したとき

下記の書類をご持参いただき、保険年金課の窓口にて申請してください。
治療用装具のなかには、支給金額の制限や年齢の制限がある場合があり、支給できないこともございます。

  • 保険証
  • 治療用装具を購入した際の領収書
  • 医師の意見書、または指示書

他保険の資格喪失後に保険証を使用してしまい、返金した分を請求するとき

下記の書類をご持参いただき、保険年金課の窓口にて申請してください。

  • 保険証
  • 他保険から送付された、資格喪失後受診(無資格受診)についての通知
  • 他保険に対して保険給付分の返金を行った際の領収証
  • 診療報酬明細書(レセプト)

医者が必要と認めた、はり・きゅう・マッサージなどの施術を受けるとき

施術を受ける前に保険年金課までお問い合わせください。
必要な書類などのご案内をします。
往療(訪問マッサージ)を希望する方は、前もって調査にうかがいますのでお問い合わせください。
調査をせずに往療を受けた場合、保険診療を断ることがあります。

お問い合わせ

市民部 保険年金課 保険給付係

〒418-8601 静岡県富士宮市弓沢町150番地(市役所1階)

電話番号: 0544-22-1138

ファックス番号: 0544-28-1351

メール:hoken@city.fujinomiya.lg.jp

表示 : モバイル | パソコン

ページの先頭へ戻る