ここからサイトの主なメニューです
ここからページの本文です

国民健康保険

2016年01月06日掲載

国民健康保険について掲載しています。

国民健康保険の概要

国民健康保険は、みなさんが住む市区町村が保険者として運営をしています。
病気やけがに備えて、加入者のみなさんがお金(国保税)を出し合って、医師の診察や手当てを受けるときの医療費の補助などにあてる助け合いの制度です。

保険の加入者

職場の健康保険(健康保険組合や共済組合など)に加入している人、国民組合に加入している人、生活保護を受けている人、後期高齢者医療制度の対象となる人以外は、お住まいの市区町村の国保に加入します。加入は世帯ごとですが、一人ひとりが被保険者となります。

国民健康保険の届け出

次の場合には、14日以内に市民課(各出張所)・保険年金課へ届け出てください。
※手続きでは身元確認と個人番号の記載が必要です。顔写真付きの身分証明書と個人番号通知カード(個人番号カードでも可)を必ずお持ちください。

国保に加入するとき

こんなときは 届け出に必要なもの
他の市区町村から転入したとき 他の市区町村の転出証明書
職場の健康保険をやめたとき 職場の健康保険をやめた証明書
職場の健康保険の被扶養者でなくなったとき 職場の健康保険をやめた証明書
生活保護を受けなくなったとき 保護廃止決定通知書

※手続きでは身元確認と個人番号の記載が必要です。顔写真付きの身分証明書と個人番号通知カード(個人番号カードでも可)を必ずお持ちください。

国保をやめるとき

こんなときは 届け出に必要なもの
他の市区町村に転出するとき 保険証
職場の健康保険に加入したとき 国保と職場の健康保険の保険証(後者が未交付の場合は加入したことを証明するもの)
職場の健康保険の被扶養者になったとき 国保と職場の健康保険の保険証(後者が未交付の場合は加入したことを証明するもの)
生活保護を受けるとき 保険証、保護開始決定通知書
死亡したとき 保険証、死亡を証明するもの

※手続きでは身元確認と個人番号の記載が必要です。顔写真付きの身分証明書と個人番号通知カード(個人番号カードでも可)を必ずお持ちください。

そのほかのとき

こんなときは 届け出に必要なもの
住所、世帯主、氏名などが変わったとき 保険証
保険証をなくしたり、よごれて使えなくなったりしたとき 保険証、身分を証明するもの
修学のため、他の市区町村に住むとき 保険証、在学証明書等

※手続きでは身元確認と個人番号の記載が必要です。顔写真付きの身分証明書と個人番号通知カード(個人番号カードでも可)を必ずお持ちください。

  • 職場の健康保険加入、脱退を証明するための用紙は、ここから印刷できます。(用紙は、各出張所・保険年金課・各事業所にもあります)
  • 高齢受給者証が発行されている人については、保険証の手続きに併せて提出してください。

退職者医療制度

国民健康保険加入者の内、長い間、事業所や官公庁などに勤め、厚生年金・船員保険・共済組合などの年金受給権を有している人とその被扶養者が、65歳までの間適用される制度です。

[退職被保険者等](平成27年3月31日までに次の条件のすべてにあてはまる方が退職被保険者です。)
(1)退職者本人
・ 国民健康保険加入者で、国民年金以外の年金制度に加入していた期間が20年以上か、40歳以後の加入期間が10年以上で老齢年金・退職年金の 受給権を有している人

(2)被扶養者
・ 国民健康保険加入者で退職者の配偶者・父母・子・弟・妹など、同一世帯に属する3親等内の親族
・ 退職者の収入で生計を維持している人で、年間収入が、60歳未満の人は130万円未満、60歳以上の人または障がい者は180万円未満の人

退職者本人・被扶養者ともに医療費の自己負担割合は3割です。

[届け出]
年金証書または裁定通知書・国民健康保険証を持って保険年金課まで届け出てください。被扶養者がいる場合も合わせて届け出てください。

Adobe Reader

マークが付いているページをご覧いただくには“Adobe Reader”が必要です。
最新版のダウンロードはこちらのWebサイトよりお願いいたします。

お問い合わせ

市民部 保険年金課 資格賦課係

〒418-8601 静岡県富士宮市弓沢町150番地(市役所1階)

電話番号: 0544-22-1138

ファックス番号: 0544-28-1351

メール:hoken@city.fujinomiya.lg.jp

表示 : モバイル | パソコン

ページの先頭へ戻る