ここからサイトの主なメニューです
ここからページの本文です

ふじのみやベビーステーション

2018年07月05日掲載

育児の大変さを抱える母親たちにとって、身近に必要な物が「あってよかった!」、気持ちに寄り添い手を差し伸べてくれる人に「会えてよかった!」と思えるまちづくりを目指して、生活に身近なコンビニエンスストアから「ふじのみやベビーステーション」が始まっています。


ベビ*ステロゴ

あってよかった!会えてよかった!ふじのみやベビーステーション

「ふじのみやベビーステーション」とは

「ふじのみやベビーステーション」略して「ベビ*ステ」は、コンビニを始めとした富士宮市内の施設で
「ハード(モノ)とソフト(こころ)」両方から子育てをサポートしていくことで、子育ての負担を軽くし笑顔で子育てできる環境づくりや、社会のみんなで子育てしていく地域づくりを目指します。
この事業は、富士宮市と、NPO法人母力向上委員会が協働して取り組んでいます。

ベビ*ステはどこにあるの?

ベビ*ステのお店・施設とその場所、提供内容などを紹介します。

ベビ*ステってどんなところ?

コンビニエンスストアのベビーステーション

この3点を満たすコンビニエンスストアのお店を「ふじのみやベビーステーション(ベビ*ステ)」として登録し、子育てにやさしい場所として、情報提供をします。(要申請)
そのほかに、おむつ交換台や、離乳食販売などのサービスがある場合も、上記リンク先「ベビ*ステはどこにあるの?」でお知らせします。
「ちょっとおでかけ」「ちょっと困った」時に、気軽にお立ち寄りください。

なお、市内コンビニエンスストア事業者さまは、こちらから申請書をダウンロードできます。担当課に、ご提出ください。(FAX、郵送可)

そのほか民間事業所のベビーステーション(NPO認定型ベビーステーション)

 民間企業のベビーステーションは、以下の内容を提供しています。その他の子育て支援設備があるベビーステーションもございます。
 詳しくは「ベビ*ステはどこにあるの?」からご覧ください。

 2016年より、民間の先行モデルとして「富士宮信用金庫北支店」「道の駅朝霧高原」の2施設を市が認定登録しています。この輪が更に広がることを期待し、これ以降の民間事業所への展開については、ふじのみやベビーステーション事業委託先であるNPO法人母力向上委員会の自主事業として展開していくことが決定しました。
 2018年7月から、NPO法人母力向上委員会の認定のもと、ベビーステーション登録がスタートしました。ベビ*ステ登録された民間店舗・施設では、”ミルク用のお湯がもらえる””おむつ交換ができる”ほか、「みんなで子育て、みんなが仲間」を理解し、講習会を受講した子育て世代に優しいスタッフさんがいらっしゃいます。どうぞ安心してご利用ください。

ベビ*ステカード表

 また、各施設ごとに「ベビ*ステカード」提示での特典があります。
 カードは富士宮市役所 女性が輝くまちづくり推進室や子ども未来課で配布しています。お子様の年齢に限らず、子育てに関わる全ての方がご利用できます。ぜひ窓口でお声かけください。

 詳しくは、下記NPO法人母力向上委員会のホームページをご覧ください。

公共施設のベビーステーション

これらを満たす市内5ヶ所の公共施設(以下参照)をベビーステーションとして、認定登録いたしました。どの施設も、子育てにやさしい場所です。場所や詳しい設備については、「ベビ*ステはどこにあるの?」をご参照ください。

<ベビ*ステ公共施設>
富士宮市役所、富士宮市総合福祉会館、富士宮市保健センター、富士宮駅前交流センターきらら、大富士交流センター

ベビ*ステ施設改修補助事業について

ベビーステーションに登録されたコンビニエンスストアを対象に実施します。
詳細は、以下のリンク先をご覧ください。

状況・活動報告

ベビ*ステの状況・活動をこちらで紹介します。

こちらでも紹介中!

母力向上委員会は、このベビ*ステ事業を市と協働でおこなっているNPO法人です。
以下のリンクは、その母力向上委員会のベビ*ステ紹介ページです。こちらでも、ベビ*ステ事業を紹介しています。

お問い合わせ

市民部 市民交流課 女性が輝くまちづくり推進室

〒418-8601 静岡県富士宮市弓沢町150番地(市役所1階)
電話番号: 0544-22-1307
ファックス番号:0544-22-1284
メール:koryu@city.fujinomiya.lg.jp

表示 : モバイル | パソコン

ページの先頭へ戻る